日本が好きなだけなんだよ

Category : 日本のアジアでの功績

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの独立を30年早めた日本

インドの独立を30年早めた日本


■インパール作戦 アジアの曙光 -6- (平成9年5月25日号)

「日本人はインパール(ビルマ最西端からインドでの戦争)作戦は悲劇の戦争と見て
いるが、インド人は華々しい独立戦争と見ている」
(中略)
インド人は「インパール作戦は、インドの独立戦争である。我々が非力な為に、
日本軍に多大な犠牲を強いてまことに申し訳ない。永久に日本人の好意は忘れない」
と力説する。熱烈に日本軍を誉める親日家は老人だけではない。少年少女が、今戦争を見てきたように、日本軍将兵の奮闘ぶりを語るので、老人と少年少女の日常会話が偲ばれてならなかった。


■「列伝 太平洋戦争」 半藤一利 宮崎繁三郎中将--インパール作戦の鬼将軍


氏は土地の青年によってかつての激戦地に案内される。ナガ族の青年は途々賞讃をこめて語りかけるのである。日本兵が勇敢であったこと。彼らは英印軍の圧倒的に優勢な武器をものともせず、戦車に銃剣一つで立ち向かっていった。死を少しも恐れていなかった。そして、なかんずく軍律が厳しかったという事実を。戦後しばしば聞かされていた日本陸軍の、中国大陸やフィリピン、
マレーでの非人間的な戦争犯罪の話を思い出し、思わず「軍律が?」と中根氏は尋ねた。青年は答える。「日本の兵隊は私たちの婦女子にけっして悪いことをしませんでした。・・・英印軍のなかには私たちの婦女子にずいぶんひどいことをしたのも少なくありませんでした。私たちは、敗けたとはいえ、日本軍のあの勇敢さと軍律の厳しさを、今でも尊敬しているのです」と。


全国戦友会連合会 ナガの青年達の感激 (孫との会話)
http://www.senyu-ren.jp/MAGO/22.HTM


私・・・日本軍が入ったのは印度の中のナガランドとい う所で、そこには印度人ではなくナガ族という人種が 住んでいた。ナガ族は山岳民族で、山の谷間のあちこ ちに部落を作っていたんだが、日本軍が入ると大抵ど こかへ姿を隠してしまって、滅多に見ることはなかっ たね。しかし戦後、栃木県にアジア学院という農業指導者 を養成する学校が出来てね。そこへナガ族の人も毎年 何人かずつ留学に来ていることが分ったんだよ。それでその留学生達を毎年のように呼ぶことにしたんだ。 ビルマ英霊顕彰会というおじいさん達の会が中心になっ てね。何故って、進攻作戦中、心ならずもナガの人達 の糧食を無断で頂戴したろう。そのお詫びと御礼とい う積りなんだよ。ナガの青年達はすっかり感激してね。彼らのおじい さんから聞いた話として、日本の兵隊は非常に勇敢で、 規律も正しく、イギリスの軍隊を相手にしてよく戦っ た。残念ながら日本は負けたけれど、お陰で印度は独 立出来たと言っているそうだ。何故あの時、日本側に ついてイギリスと戦わなかったのかと、若者が老人達に抗議したという記事がナガの新聞に載っているのを、 一度見せて貰ったことがあるが、ナガの人達は日本の お陰でイギリスから独立出来たと思っているんだよ。印度は昔から、イギリスの植民地から脱して独立し たいと、何度も何度も試み
たが成功しなかった。有色 人種は白人には勝てないと、半ば諦めていたんだよ。日本が日露戦争で白人の国ロシアに勝った時、世界中 で一番喜んだのは印度だろうね。だから今度の戦争に も、印度は非常に期待していたわけさ。


■「捏造された日本史」黄文雄


英印軍の捕虜からインド国民軍の将校になった二万人近い軍人たちが裁判にかけられたとき、首席弁護士を務めたインド法曹界の長老、パラディ・デサイ博士は裁判で召喚された光機関長 磯田中将、ビルマ方面軍参謀長 片倉中将のいる前で、堂々とこう語った。「インドはまもなく独立する。この独立の機会を与えてくれたのは日本である。インドの独立は日本のおかげで三十年もはやまった。インドだけではない、ビルマもインドネシアもベトナムも、東亜民族はみな同じである。インド国民はこれを深く心に刻み、日本の復興には惜しみない協力をしよう」と。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog059.html より引用


再来日したパール博士は各地で講演会を行い、日本の法曹界やマスコミが、なぜ東京裁判の不当性、不法性に対して、沈黙しているのか、と問われた。いまや英・米・仏・独など世界の法学者の間で、東京とニュルンベルグの軍事裁判が、果たし正当か否かという激しい論争や反省が展開されている。...げんに英国法曹界の長老ハンキー卿は「パール博士の無罪論こそ正論である」として「戦犯裁判の錯誤」と題する著書まで出版している。しかるに直接の被害国であり、げんに同胞が戦犯として牢獄に苦悶している日本において、この重大な国際問題にソッポを向いているのはどうしたことか。なぜ進んでこの論争に加わらないのか。なぜ堂々と国際正義を確立しようとしないのか。さらに広島の原爆慰霊碑に刻まれた「過ちは繰り返しません」という文字を見て、パール博士は言った。東京裁判で何もかも日本が悪かったとする戦時宣伝のデマゴーグがこれほどまでに日本人の魂を奪ってしまったとは思わなかった。東京裁判の影響は原子爆弾の被害より甚大だ。博士は、日本の法律家やジャーナリストが、東京裁判で提起された問題に対する本質的な論争、すなわち、「大東亜戦争は本当に侵略戦争なのか」、「日本は平和に対する罪、人道に対する罪を犯したのか」という点に関して、あまりにも無関心、不勉強であることにいたく失望した。


■卒塔婆を建てた村長 アジアの曙光 -6- (平成9年5月25日号)

インパール作戦で日本軍は惨敗した。シンハ村の村長は次のように語った。「レッド・ヒルの争奪戦で、戦死した日本軍の将兵の骨をを集める為、村民を総動員した。村民は丘の激戦を見ていました。日本軍は全滅し、丘は真紅に染まりました」イギリス軍がレッド・ヒル(真紅な丘)と名づけた理由がよく分かった。村長はその丘の麓(ロッパチン村)にレンガを積んで、卒塔婆(高さ約4?)を建て、毎年、日本軍が玉砕した5月20日には、村を挙げて法要していると言う。我々は、ロッパチン村の卒塔婆に参拝し、あつく礼を申し述べた。卒塔婆の中心に貼られた白い大理石に、雄渾な日本の文字で立派な追悼の詩が書いてあるので、尋ねたとら、村長は「我等の尊敬してやまない牧野財士先生が書いたものです」とほほえんだ。シンハ元村長は、「この頃私は呆けましたが、死ぬまで日本兵の墓を守ります。私が死んだら、息子(現在の村長)が引き受けます。その後は孫が守ります」とまことに実直である。 この優しい老人の家(村長の家)は、余りにも質素(貧乏)なので心が痛んだ。竹の家に、竹の寝台、竹のテーブル、鍋釜と槍だけである。牧野先生は「農地が無かったら老村長はカルカッタに行って出稼ぎ人夫になっていた」と教えてくれた。家の前に3百坪ほどの水田と養鶏場と養鯉池もある。畑には豆類と薬草が植えられ、やせた小菊や菜の花が咲いていた。完全な自給自足である。我々がレッド・ヒルを見上げている時、シンハ元村長は「生き残った兵隊はいなかった」と涙を浮かべてつぶやいた。


日本への感謝を独立宣言に記録する国 ミャンマー

日本への感謝を独立宣言に記録する国 ミャンマー


■参考資料 : バーモウ (ビルマ元首相 独立宣言)より (一問に百答 日下公人 PHP研究所)
 

約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、英国側はアジアに対する掠奪的野望を以て此等の戦争を遂行せり。英国はさらにその伝統的陰謀賄賂及び想像し得るあらゆる詐欺及び術策の武器をしようせり。・・・ビルマ人は徐々に搾取され時の進むに従い総ての国民的実質、莫大なる物資的資源、機会、文化、言語、さらに遂にはその生活様式までも失い・・・愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、入獄、流謫、拷問及びしばしば死そのものを甘受して
突進して来れり、これらの英雄はビルマの生存のため苦難を受け遂には斃れたり。・・ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。・・・ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり・・・」


■参考資料 : ビルマ外相 ウー・ヌー 1943年8月1日独立時の演説より


「歴史は、高い理想主義と、目的の高潔さに動かされたある国が、抑圧された民衆の解放と福祉のためにのみ生命と財産を犠牲にした例をひとつくらい見るべきだ。そして日本は人類の歴史上、初めてこの歴史的役割を果たすべく運命づけられているかに見える」

■参考資料 : 初代ビルマ首相バーモウ 『ビルマの夜明け』


「真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日ではなく、1943年8月1日に行われたのであって、真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、東条大将と大日本帝国政府であった」

■参考資料 : 初代ビルマ首相バーモウ 『ビルマの夜明け』


「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。」

■ミャンマーは世界一の親日国   アジアの曙光 -10-親日家の声を聞こう!!  (平成10年8月25日 第182号)

四年前のことである。ビルマ作戦に参加した日本兵から「ビルマは世界一の親日民族である。戦友の会田(雄次)上等兵(京大教授、故人)は、ビルマメロメロという言葉を流行らせたが、兵隊の感情を十分に物語っている。いい言葉だ」と聞いた。現地に来てそれが本当だと理解できた。小説『ビルマの竪琴』が生まれる土壌も確かにあった。ネ・ウィン議長が日本軍の訓練を受けている時に『高杉晋作』という名前をもらって誇りに思い、今日に及んでいるのも事実であった。
 ラングーンの問屋街で親日家として有名な店を訪れたら、社長室にオンサンが日本軍の軍服を着て、日本刀を大上段に振り上げた写真があった。老社長は「日本軍の敢闘によってイギリスの植民地政治が崩壊した。我々は何度も戦ったが英軍に粉砕されたので、英軍を粉砕してくれた日本軍に感謝している。このご恩は永久に忘れない」と熱弁を振るった。

軍艦マーチhttp://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03_3.html より引用

ミャンマーでは3月27日の国軍記念日になると、全国のミャンマー国軍が首都ヤンゴンに集まって盛大なパレードを繰り広げるのですが、なんと!このパレードはいきなり日本のこの“軍艦マーチ”から演奏し始めるのです。続いてミャンマーの軍楽隊は“歩兵の本領”“愛馬進軍歌”など昔の日本の歌を次々と演奏して、パレードを続けていきます。これはいったいどういうことでしょう?

実はミャンマー(旧ビルマ、1989年に国名を変更。それ以前を記す場合はビルマと表記。)は「日本人より日本を愛する国」といわれるほどの親日国家なのです。どうしてかって?ここミャンマーでは政府の高官からジャーナリストに至るまで、こう言います。「ミャンマーが今日あるのは、日本のおかげです。日本のおかげで、英国の圧制を逃れ、独立をすることができた。われわれは深く日本に感謝しているのです。」


ミャンマーは軍事政権になり、なかなか日本が援助しにくい状況になってしまったが、こういった親日国に対してこそODA等の国際援助を惜しむべきではないと思う。特定アジア(中朝韓)のような反日国に対して援助を行うのはまさに税金の無駄使いと言っても良い。日本人が行けば必ず好きになると言われているミャンマー。機会があれば自分も訪れてみたい国である。親日国に対しては援助を厚く、反日国に対しては必要最低限の援助しか行わないことが、今後の日本の国策として求められていくことは間違いない。


インドネシアの独立に大きく貢献

インドネシアの独立に大きく貢献


■参考資料 :インドネシア アリフィン・ベイ(ナショナル大学日本研究センター所長・政治学博士)「魂を失った日本」未央社、57~65ページより
 

「日本に占領された国々にとって、第二次世界大戦とは、ある面では日本の軍事的南進という形をとり、他面では近代化した日本の精神的、技術的面との出会いであった。日本が戦争に負けて日本の軍隊が引き上げた後、アジアに残っていたのは外ならぬ日本の精神的、技術的遺産であった。この遺産が第二次大戦後に新しく起こった東南アジアの民族独立運動にとって、どれだけ多くの貢献をしたかを認めなければならない。日本が敗戦国になったとはいえ、その精神的遺産は、アジア諸国に高く評価されているのである。その一つに、東南アジアの教育に与えた影響があげられる。
[中略]
(日本は)目標達成のためにどれほど必死にやらなければならないかということを我々に教えたのであった。この必死の訓練が、後のインドネシア独立戦争の時に役立ったのである。」


■参考資料 : 名越二荒之助著『世界から見た大東亜戦争』展転社刊より昭和63年(1988年)9月 マレーシア ガザリー・シャフェ外相 謝罪する日本の政治家に対して


とくに私(ガザリー・シャフェ外相)が惜しいと思うのは、日本くらいアジアのために尽くした国はないのに、それを日本の政治家が否定することだ、責任感をもった政治家だったら、次のように言うだろう。その頃、アジア諸国はほとんど欧米の植民地になっていて、独立国はないに等しかった。日本軍は、その欧米の勢力を追い払ったのだ。それに対して、ゲリラやテロで歯向かってきたら、治安を守るために弾圧するのは当然でないか。諸君らは何十年何百年にわたって彼らからどんなひどい仕打ちを受けたか忘れたのか?日本軍が進撃した時にはあんなに歓呼して迎えながら、負けたら自分のことは棚に上げて責任をすべて日本にかぶせてしまう。そのアジア人のことなかれ主義が、欧米の植民地から脱却できなかった原因ではないか。」


■参考資料 :『祖国と青年』平成6年2月号、アラムシャ陸軍中将の大東亜戦争肯定論 中島慎三郎より)
インドネシアの元復員軍人省長官で東欧大使を歴任したサンバス将軍


「日本の戦争目的は植民地主義の打倒であった。その目的の大半は達成したが、南アフリカ、アジアにまだ残っている。そんな時に行った村山演説は、植民地主義打倒の悲願を放棄したことになる。村山さんは日本の果たしてきた歴史を踏まえ、A・A(アジア・アフリカ)の悲願を代表して、まだ残る植民地主義を攻撃すべきであった。かつての日本は、スカルノ、ハッタ、バー・モウ、ラウレル・アキノ、汪兆銘、チャンドラ・ボース等を応援したのに、たった一度の敗戦で大切な目的を忘れてしまったのは遺憾である」

■参考資料 : インドネシア サイデマン外務省上級大使(陸軍大学長、駐日大使などを歴任)
平成7(1995年)年5月29日「アジア共生の祭典」より


「第2次大戦中、あるいはその直後、植民地の独立のために、外国の人々が力を貸してくれるということが見られました。私の国インドネシアの場合、多くの日本の青年たちがインドネシアを自由にするために独立の闘士たちと肩を並べて戦ってくれました。そして多くの日本の青年がそのために命を捧げてくれました。今日このアジア共生の祭典において、私たちの独立のために
命を捧げてくれたこれらすべての若者たちを偲びたいと思います」

■参考資料 : インドネシア スカルノ大統領


「我々が(オランダから)独立を勝ち得たのは、日本があれだけ戦ったのに、同じ有色人種の我々に同じことが出来ない訳はないと発憤したからである」






アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。