日本が好きなだけなんだよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ちゃんねる閉鎖は回避の見込み

「2ちゃん」VS「夕刊フジ」 閉鎖騒動巡り全面対決 (J-CAST)

記事写真
写真1
 夕刊フジの「追及キャンペーン」は続きそうだ

2ちゃんねる 」閉鎖騒動は、「2ちゃんねる」VS「夕刊フジ」の激突という様相を呈してきた。2007年1月16日に管理人の西村博之さんが携帯電話専用サイトで独占インタビューに応じ「まだ閉鎖する気はないですー」と明言。今回の騒動には「新聞が売れるという狙いがある」と夕刊フジ を批判した。「2ちゃんねる」にはこのインタビュー配信後、「ZAKZAK(夕刊フジのサイト)へのリンクを全面禁止」などというスレッドが立ち、「祭り」になっている。

「差し押さえになっても、問題はない」

このインタビューは、ひろゆきさんが取締役になっているニワンゴが、07年1月16日に携帯電話専用サイトに掲載したもの。「2ちゃんねる」の閉鎖の噂について、

「おいらはまだ閉鎖する気はないですー」

と閉鎖を全面否定した。

全財産の仮差し押さえ申し立てが2007年1月12日に東京地裁に出され、差し押さえの対象が「2ちゃんねる」のドメインにまで及んでいることについては、

「ドメインの差し押さえ自体もかなり難しいと思いますが、仮に差し押さえになっても、別のドメインを割り当てるので問題はないと思います。検索すればすぐに見つかるのでさして困る人はいないんじゃないかと思います」

と、万が一の場合でも数時間で違うドメインで再開可能であるとした。

「じゃあ、どうして閉鎖騒ぎになっているんですか?」という質問に対しては、こんな回答をした。

「失踪してなくても『失踪』って記事を書く新聞が売れるわけで、『2ch閉鎖』って書くとまた、新聞が売れるということじゃないかと。狼少年の寓話を彷彿とさせますよね。よい子の皆さんは真似しないようにしましょー」

これは夕刊フジが 06年9月22日付で報じた「2ちゃんねるの『ひろゆき』失踪…掲示板閉鎖も」という記事を指している。
さらに、「全財産が差し押さえ」と夕刊フジが書いていることについて、

「差し押さえというのは債権の額までしか差し押さえできないです。全財産の差し押さえが不可能ってのは、法務部のある会社ならわかってるはずなんですけどねぇ、、」

と皮肉った。

夕刊フジが連日追及キャンペーン

???今回の騒動は07年1月13日付の一面トップに、「2ちゃんねる停止」という大きな見出しを躍らせた夕刊フジが発端であることは言うまでもない。ひろゆきさんに対し約500万円の債権を持つ東京都の会社員の男性(35)が財産の仮差し押さえを地裁に申し立てた件で、「早ければ再来週にも強制執行される」と書き、差し押さえの対象は「ドメインにまで及ぶ」とした。さらに夕刊フジは、07年1月17日付でまた1面トップに「2ちゃんねる管理人に破産申し立て」というデカイ見出しを躍らせた。埼玉県の男性会社員(35)が東京地裁に申し立てたとされ、ひろゆきさんが「2ちゃんねる」のカキコミに関する裁判で負けた賠償請求に一切応じないため、ヒューザーの小嶋進元社長に対して被害者が行ったように、ひろゆきさんを破産させ賠償金を確保するのが狙い、と書かれている。

「夕刊フジは明らかに2ちゃんを攻撃対象にしている」という思いからか、07年1月16日から、「2ちゃん叩きに必死なzakzakのURLは書き込めなくなりますた」「2ちゃんねる、ZAKZAKへのリンクを全面禁止 一部ニュース板での引用も禁止に」などZAKZAKを排除しようというスレッドがいくつも立ち「祭り」になっている。

夕刊フジは07年1月18日付でさらなる爆弾を投下した。「2ちゃんねる断末魔。ひろゆき勘違い答弁」という見出しで、今回のインタビュー内容を題材に、

「本紙(13日付)報道では閉鎖について一切言及していない。西村氏自身が2chに踊らされたことを露呈してしまった格好だ」
「『失踪がウソ』というのなら、どうして現在、東京地裁 に西村氏への公示送達が申し立てられているのか、納得いく説明もない」

さらに、先の「全財産差し押さえ」の記述について、「西村氏は不動産がないとされているため、結果的に仮差し押さえ命令が下りれば、対象は西村氏の全財産に及ぶことになるのだ」とした。これからも夕刊フジのひろゆきさんと2ちゃんねるを追及するキャンペーンは続きそうだ。


[?2007年1月17日19時50分?]

引用元 http://www.j-cast.com/2007/01/17004945.html


2chの管理人のひろゆき氏のインタビューによれば、どうやら2chの閉鎖はなさそうな状況である。とりあえずは、一安心というところだろう。その功罪が色々取り沙汰される2chだが、今のところ功の方が明らかに大きく、今後ともまだまだ日本に必要な掲示板だと思う。なにせ日本のマスコミは全く信用が出来ない。所詮は営利団体であり、民間企業。工作員は入り放題で、基本的にはスポンサーのいいなり。支局を廃止されるので中国には逆らえず、朝鮮右翼や民潭が怖くて韓国にも逆らえない。既得権にしがみつくだけの娯楽産業である。

既存のマスコミと違い、2chは情報源としては、諜報機関に匹敵するくらいの情報量がある。スポンサーや中国、韓国の規制もない。利用の仕方によってはまだまだ日本を変えるだけの力は持っていると思う。いろいろ運営上、ご苦労もあるかと思うが、ひろゆき氏にはなんとかこれからも2chが存続出来るように頑張ってもらいたいものである。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koramu2.blog59.fc2.com/tb.php/71-25849859

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

Author:まさやん

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。