日本が好きなだけなんだよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の温家宝の来日前に反日勢力の捏造記事がまた一つ

戦時中に中国大陸で、捕虜などに人体実験を重ねた旧日本陸軍731部隊の衛生兵だった三重県尾鷲市の大川福松さん(88)が8日、大阪市で開かれた国際シンポジウム「戦争と医の倫理」に出席、「毎日2~3体、生きた人を解剖した」 と証言した。当時の体験を人前で明かしたのは初めてで、「不正なことは、社会に、はっきり示さなあかんと思うようになったから」と語った。

大川さんは早稲田大で細菌学を学び、1941年に召集。44年8月から旧満州(現中国東北部)にあった関東軍防疫給水部本部(通称731部隊)の「ロ号棟」で、衛生伍長をしていたという。所属した班は、ペストやコレラ、梅毒などの病原体を人体に注射して感染の状態を調べたり、人為的に凍傷を作ったりしていた。最初は「大変な所に来た」と思ったが、次第に感覚がまひし、「そのうち、毎日2~3体解剖しないと仕事が終わらん気になっていった。多い時は1日5体を解剖した」 と証言した。

子持ちの慰安婦を解剖したこともあった。「子どもが泣いている前で、母親が死んでいった。子どもは凍傷の実験台になった」と語った。


引用元
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/070409_5.htm

突っ込みどころが満載で困るが、とりあえず、後にも先にも早稲田大学で細菌学を学べる学部は存在したことはなく、過去に医学部が存在したこともない。また、当時の制度では、大学生は27歳以上であれば召集されていた。 それ以下の年齢では免除。この徴兵免除制度は、戦線の拡大に伴い廃止される昭和18年(1943年)10月まで続く。

証言者と称するこの老人は、2007年で88歳だから、1919年生まれ。1941年に22歳で召集を受けたことになるが、それは制度上ありえない。また、梅毒等の粘膜感染、経口感染の病原体を直接体内に注射してデータを検証する行為は、実験上、まったく意味がなく、この老人の証言が嘘にまみれた証言であることは火を見るより明らかだ。


洗脳されたのか、金のためなのか?それとも誰かにそそのかされたのか?動機は分からないが、この老人が晩節を汚したことだけは間違いない。残虐行為を実際に行ったというのなら、韓国なり中国なりに行って、実行者である本人が謝ってくればよい。そうでなければ、責任をとって自分一人で腹を切れと言いたい。それを行わずに、当の本人が第三者ぶって、のうのうと嘘の証言をし、なんの責任もない孫の世代に存在しない責任をなすりつけようとする行為には虫唾が走る。こういう嘘吐き売国爺さんは早くくたばってくれた方が世のため人のためだろう。読売新聞もこんないい加減な記事を何の検証もなく載せるとは、全くあきれたものだ。

スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koramu2.blog59.fc2.com/tb.php/47-215306bf

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。