日本が好きなだけなんだよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの歴史の真実①

                                          人気ブログランキング

アメリカの歴史の真実①

侵略の世界史  ~この500年、白人は世界で何をしてきたか~



関連記事
捕鯨問題とオーストラリアの歴史
日本の戦後社会のカラクリ
500年の歴史スパンで見る大東亜戦争の意義
スペイン・ポルトガルの世界征服①
スペイン・ポルトガルの世界征服②

スペイン・ポルトガルの世界征服③
白人欧米国家による奴隷貿易の真実


アメリカの領土拡張と、インディアン抹殺計画

南北アメリカ大陸のうち、イギリスの植民地となったアメリカ、カナダなど、英語圏の先住民をインディアンと呼ぶ。先にも述べたとおり、彼らは紀元前4万年から2万5000年頃、アジアから当時は陸続きだったベーリング海峡を通ってやってきた人達で、人種的には日本人と同じモンゴロイドである。ヨーロッパ人による北米の征服は、中南米より一世紀遅れて始まった。白人は先住民を野蛮人扱いしたが、彼らはアイヌと同じように、先祖の残してくれた自由の大地で、大自然に抱かれて伝統を守り、天真爛漫に楽しく平和に暮らしていた。そこへ突如、白人植民者が侵入し、インディアンの運命は一変するのである。

当時、北米大陸に侵略してきた白人はイギリス、フランス、スペイン人だった。だが、イギリス人(後のアメリカ人)と出会ったインディアンの運命が一番悲惨だった。なぜか。というのもフランス人はもっぱら毛皮にのみ関心があり、スペイン人は貴金属に関心があった。そのため彼らにとって、先住民の抹殺は得策ではなかった。ところがイギリス人の関心は、もっぱら土地だった。土地とは言い換えれば領土である。イギリスで食い詰めた移民たちは、新大陸で広大な土地を入手できるという会社の宣伝を信じて、はるばる大西洋を渡って来たのだ。ここにたちまち先住民との土地争奪戦が始まる。

インディアンには、もともと土地私有の観念はなかった。土地の権利、売却、譲渡、などの意味すら知らない。それをよいことに、イギリス人は無理矢理契約書に署名させ、合法的と称して騙し、脅して、次々にインディアンの土地を収奪していった。合衆国は建国以来、土地所有をめぐってインディアンと白人との間に結ばれた条約・協定は300を超えたが、そのほとんどすべてが、日ならずして反故にされた。アメリカ人に都合のいいときは合法性の証文に使われ、都合が悪くなれば即座に破り捨てられたのである。

メイフラワー号の移民をはじめ、当初の白人植民者の飢えと苦難を救ってくれたのは、友好的インディアンたちであった。トウモロコシやタバコ栽培を教えてくれたのはインディアンではなかったか。白人はその恩を、たちまち仇で返したのである。

1830年、ジャクソン大統領は、野蛮人の一掃のためと称して強制移住法を制定し、すべてのインディアンをミシシッピー川以西に立ち退かせた。ところが探検や調査が進むにつれて、ミシシッピー川以西も、以東に勝るとも劣らぬ資源の宝庫であることが判明した。かくて白人の幌馬車隊は、ミシシッピー川を越えて西へ西へと殺到した。。インディアンは白人の度重なる約束違反に激高した。その上、インディアンの命綱のバッファローを、白人は面白半分に撃ち殺してしまった。かくして西部を舞台に、凄惨なインディアン戦争がいたる所で繰り広げられることになった。

映画の西部劇は、この戦争を白人に都合よく正義の戦いとデッチ上げて描いたものである。「フロンティア」「開拓」の美名のもとに、西へ西へと進められたアメリカ領土の拡大は、力で先住民の土地を奪うことだった。インディアンの武力抵抗は、1876年にカスター中佐指揮下の第七騎兵隊の一個大隊を殲滅したリトル・ビッグ・ホーンの戦いで絶頂を迎える。しかし結局、圧倒的に優勢な合衆国軍の前に敗退を余儀なくされて、1890年のウンデッド・ニーのスー族約300人の虐殺事件をもって幕を閉じた。残った彼らは自由の天地を奪われ、狭い保留地(リザベーション)に閉じ込められた。大東亜戦争中、アメリカが日系移民のみを強制収容所に閉じこめたのと同じ不法な手口であった。

コロンブスが到達した頃、北米の先住民の人口は200万人から500万人で、その80~90パーセントは今の合衆国に住んでいたと推計されている。十七世紀以降、植民地建設が進むにつれて、とくに合衆国での殺戮と、白人がもたらした伝染病などによって、その数は急激に減少し、1890年頃にはわずか35万人にまで減ってしまった。その後、1924年ようやくインディアン市民権法が制定され、インディアンは、はじめて人間として認められた(P189~P192)

(コメント)
民主党の鳩山幹事長は、ニコニコ動画の生放送で「日本列島は日本人だけのものではない」というとんでもない発言を行ったが、コレに対してマスコミや他の政治家がなんの批判もしないところに、現在の日本社会の異常性を垣間見ることが出来る。その上、移民国家の例としてアメリカを引き合いに出して、日本も移民を推進すべきとの持論を展開したが、こんな人間が大手を振って国会議員をやっている日本の政界とは一体なんなのか、改めて考えさせられた。

アメリカは元々はインディアンの土地を強奪して白人が盗人同然に入植した国で、現在でも移民政策を是とするのは、白人のこの罪悪感を少しでも減らす目的が含まれているのだろう。もともと自分達の土地ではないのだから、移民に積極的なのも頷ける話である。インディアンと黒人と白人だけでは、歴史的に犯罪者の末裔である白人の居心地が悪すぎるので、中国人と韓国人を増やしてみてはどうだろう、といったところか。

日本は9割以上が単一民族で占められた国であり、1500年以上の長きにわたり、文化と伝統、歴史を豊かに育んできた国家である。アメリカのような国家と比べられては困るし、移民を受け容れる義務も必要性もない。移民政策などというものは、我々日本人の既得権を奪うものであり、メディアや売国奴に騙されて取り返しのつかない愚行を行えば、子孫に顔向けが出来ない事態になるだろう。国内で韓国人や中国人などの不法入国者が増えているようだが、そもそも移民を受け入れないのが悪いのではなく、国民が祖国から逃げ出すような国の方に問題があるわけで、このような国こそ国民が住みやすい国になるように、国際社会が共同で指導すべきではないかと思う。指導されるのがイヤなら、他国に迷惑な移民なぞ吐き出すなと言いたい。

話が少し逸れてしまったが、白人の侵略性は南アメリカだけではなく、北アメリカでも存分に発揮され、今日のアメリカ合衆国が誕生したわけである。映画やドラマなどで繰り返し放送されてきた西部劇などは、歴史を正確に顧みれば単なる茶番であり、プロパガンダと言っても差し支えのない代物である。開拓精神と呼ばれるものは、アメリカ人の場合、どう見ても泥棒根性の別名にしか思えず、褒め称えるべき何物も有していないことがわかるだろう。

インディアンの同類である日本人に原爆を投下して、無辜の市民を平然と何十万人も虐殺したことは、アメリカや白人の歴史を振り返ればしても、それほど驚くには値しないのかもしれない。忘れてはならないのは、今現在の世界の秩序と人種平等の概念というものは、世界史上、稀に見る状態であり、それを生み出す原動力となったのは大日本帝国と、命がけで戦った日本の先人達だということだ。反日的なメディア報道や自虐的な歴史教育の影響によって、日本人は戦前の世界も今と同じように人種平等の世界だったと勘違いしがちだが、それは錯覚であり、日本社会に張り巡らされた様々な洗脳の影響だと思われる。

日本の統治は功罪が半々と、いかにも歴史通ぶって語る人間もいるが、白人の植民地支配の真実を知れば、話した言葉をそのまま飲み込む羽目になるに違いない。日本の統治と白人の植民地支配の違いは、有色人種を人と見るか動物と見るか、という根源的な価値観の違いであり、甲乙など比べる前から明らか過ぎるからである。

スポンサーサイト

Comment

2009.04.20 Mon 02:14  

>日本の統治と白人の植民地支配の違いは、有色人種を人と見るか動物と見るか、という根源的な価値観の違い

同意同意同意いたしまする。鯖田豊之著「肉食の思想-ヨーロッパ精神の再発見」読んだばかりだったので。
  • #-
  • はと幹 奇は他紙蚊か!
  • URL
  • Edit

2009.04.20 Mon 02:58  

>現在でも移民政策を是とするのは、白人のこの罪悪感を少しでも減らす目的が含まれているのだろう。

このコメントで青山繁晴氏を思い出しました、テーマは違ったものですが、アメリカが核を異常に恐れるのは自国が核で人を殺めて惨状を知っているからだという内容だった気がします。
本当の惨劇はその場にいた先人のものでは?とも思うのですが、これも罪悪感のことかな、と思っています。
罪悪感や無意識の恐怖を余計こじらせようとするなんて、やっぱりおかしいですね彼らは。
白人以外が人間じゃなかった世界が事実あったことに恐怖しつつ、祖父達先人に改めて感謝です。
特アだけでなく、白人についても取り上げて下さるブログ主さんにも感謝。
  • #-
  • ななし
  • URL
  • Edit

2009.04.20 Mon 07:20  

テレビが普及した頃は白黒画面でも
プロレスと「西部劇」が楽しみだった。
正義の味方は白人でインディアンを駆逐し常勝する。
残虐非道で非文明人のプロパガンダを叩き込まれた。
先住民という認識させ奪う偏見に満ちた内容である。

最近のNHK「韓流ドラマ」は随分と異臭がしたものだ。
こんなものをタレ流し「受信料」支払いは無駄使いの極み。
朝から怒り心頭に発する。

2009.04.20 Mon 10:42  

>アメリカは元々はインディアンの土地を強奪して白人が盗人同然に入植した国で、現在でも移民政策を是とするのは、白人のこの罪悪感を少しでも減らす目的が含まれているのだろう。

アメリカが移民に寛容なのはなぜだろうと最近考えていましたので、あぁなるほどと感心しました。西部劇が正当化の産物であることは知っていても、今の体制との関連性までは考えが及びませんでした。勉強になります。
  • #M/EAJn/Y
  •  わんころ
  • URL
  • Edit

2009.04.20 Mon 12:58  

友人に教えてもらいましたが、アメリカの雑誌「TIME」では、『移民は国益になる、なぜ日本ではやらないのか』という内容が書かれていたようです。侵略国家のお前が言うな、と思っていましたが、なるほど「罪悪感」というのは納得です。

欧州でもかつての植民地からの難民を受け入れた結果、見事に仕返しされているそうですね。イギリスではすでに、イギリス人がイスラム系移民に配慮し、クリスマスにツリーが飾れないとか病院で白人ばかりが後回しにされるなど、逆差別が起こっているそうです。
欧米は自業自得な面がありますが、なぜ日本まで同じ目に遭わなきゃならないのでしょうね…。

2009.04.20 Mon 16:17  歴史

歴史からして日本とアメリカの比較は無理でしょう。その時その時を生きるアメリカ文化には本当の歴史は根付く事はないと思います。

鳩山がアメリカの様に「懐深い?」とバカなことを云ってる人間が民主党の幹事長をやってる、実に嘆かわしく・危なっかしい状況に愕然とします。

アメリカが間違いを起こす最大の国と過去の歴史を紐解けば明らかでしょうに、それに気が付かないで「懐深い?」感違いも甚だしい。

2009.04.20 Mon 21:17  

アメリカって国は、気に入らなければ世界のどこにでも出かけていって、武力行使する国ですからね。
民主党に限らず、左翼政権が考えなしに日米安保破棄なんてことをすれば、日米戦争再びってことになりかねません。
我々の祖父・曽祖父世代は、ボロボロになりながらも真っ向から戦争し、最後まで立派に戦い抜いた誇り高き方々ですが、今の日本では一発殴り返すこともできないでしょう。

現状、最も警戒すべき外敵は中国です。
なので、不承不承でも日米安保は必要です。
ただ、いつまでもアメリカ様の言いなりでいいわけなく、先々に自立するためにも、殴られたら殴り返せるだけの腕力を持たなければなりません。

最近自由に動ける身になった中川昭一氏が、日本を守るために奔走しておられます。
我々もそれに続き、この日本が生きるか死ぬかの瀬戸際を乗り切りましょう。
絶対に負けられません。
  • #SFo5/nok
  • ネット愚民
  • URL
  • Edit

2009.04.20 Mon 23:06  

日本の統治は功罪が半々と、いかにも歴史通ぶって語る人間もいるが
→いますいます(苦笑)。こういう人こそ真の歴史を知るべきですよね。白人の暗部を知らないのは日本を冷静に見る機会を失うも同然です。

アメリカ兵は硫黄島で亡くなられた日本兵の首を切って、骸骨で灰皿や飾り物を作って暖炉の上に飾っておいたそうです。何という非人道的な行為でしょう。ユダヤ人の皮膚でランプシェードを作ったナチスとどこが違うのでしょうか。

アメリカ人は徹底的に愛国教育に洗脳されて、「わが国は正義を愛する素晴らしい国だ」などと説教するのでつくづく罪深い国と思います(考えてみれば日本よりよっぽど右翼です、笑)。イギリスもフランスもオランダも数百年アフリカアジア諸国を搾取して現地の人達を奴隷化してきましたので同罪ですが。

しっかりと正しい知識を身につけて、いいがかりには毅然として言い返してやりましょう。そして中国・アメリカ・アングロサクソンの横暴から日本を守っていきましょう。
  • #-
  • おれんじ
  • URL
  • Edit

2009.04.20 Mon 23:13  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.04.21 Tue 09:16  

カナダに住んでいたとき、先住民族の末裔と仲良くしていたのですが、「ダンスウィズウルブス」や「ポカホンタス」などへどがでると言っていました。白人視点で偽善的に作られていて、どれほど酷いことをしてきたかを煙にまいていると。カナダではすでに政府が正式に謝罪していて、先住民族に無税、住宅の寄与、生活費の支給、特定地域の自治権などを保障していますが、まじめに働いている白人の友人は逆差別だと不満をもらしていました。ですが、アメリカでは謝罪も得権もなく未だに彼らを「インディアン」と呼びます(カナダでは差別用語)。学校でも「奴隷」や「先住民族」の歴史については詳しくは教えられないそうです。今でも何かあると暴動に発展するあたり、まだまだ人種問題は根深いものがあると思います。このような国のどこを日本はお手本にする必要があるのでしょうか、鳩山さん。
  • #-
  • ふふふ
  • URL
  • Edit

2009.04.21 Tue 12:35  同意

大変判りやすいです。

2009.04.22 Wed 13:08  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.04.22 Wed 19:30  カルタゴの平和、タスマニア人

白人の本性は、支那人と同じですね。
人類に対する罪を、もう少し暴いてください。
  • #JalddpaA
  • 鉄拳
  • URL
  • Edit

2016.09.06 Tue 12:30  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koramu2.blog59.fc2.com/tb.php/408-ff976118

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

128. 民主党は、旧社会党。北チョンや韓国人からの帰化人議員の集まり。日本を護る気が全くない済州党やキムチ党と揶揄される政党だよん。 - ねぇ知ってたぁ?

日本人はお人よしで、物事をいい風に捉えようとするからヤバイよ。 平和ボケさせられている間に、中国は日本を狙っているよ。 日本の国会... 2009.04.21 12:11

Home

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。