日本が好きなだけなんだよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮内庁に外務省出身者は不要

宮内庁から外務省出身者を追い出さないと、天皇制に危機が及ぶ  メールマガジン 日本の進路 2008/05/07 佐藤ライザ 
                                                  
◇ 宮内庁の幹部職員には、一般の国民が思っている以上に、外務省出身者が多く、且つ幅を効かせています。宮内庁に、当初から(学卒後直ぐに)採用された「愛国の徒」と推測される、いわゆる「キャリア組」は、毎年0-2人程度と少数であり、宮内庁を左右する勢力となっておりません。

◇ 外務省出身者は、「国際性」をモットーとしています。しかし、この「国際性」と言うのが「くせもの」であり、「国際性」(国際協調)の美名を旗印にして、結果的に日本の「天皇制」「皇室制度」を、弱体化する極めて強い作用をしております。

◇ 西欧の王室制度は、現在も「形式上」は存続しています。しかしながら、その内容(権威)は、「闇の勢力」等の計画的且つ執拗な画策策謀によって、風前の灯火(ともしび)類似まで、非常に弱められて来ました。

◇ 日本の「天皇制」は、本質的に西欧の王室とは大きな差異があります。しかし、「闇の勢力」等は、先ず西欧並みの「弱体化」を意図して、男女同権をちらつかせ、「女性の天皇」容認の看板を掲げさせようとしています。

◇ 最終的には、「闇の勢力」側が、都合の良い(意のままとなる)皇太子妃(将来の皇后)を送り込んで、「天皇制」自体を「闇の勢力」等の傘下に、押さえ込む「遠謀深慮」の計画を有していると言わざるを得ません。

◇ 学者の中には、原武史氏(明治学院大学教授)の如く、「皇室祭祀~宮中行事を廃絶」に近づけようとする連中が出現して来ました。かかる連中に外務省出身の官僚及び、進歩的と自称する各方面の「反日」分子が結託し、海外かぶれの元大使(例、小和田氏=雅子皇太子妃の父親)連中を動員して、「天皇制」自体を、動揺させ始めています。

◇ 私の知人の中には、次期天皇(現皇太子)時代の「天皇制」を、非常に懸念する人(愛国者)が出て来ております。雅子皇太子妃が「皇室祭祀~宮中行事」に不熱心な(排斥的な)事実を見れば、明白と申せます。

◇ 日本から「天皇制」「皇室制度」を抜き取ると、日本民族が、「熱狂的な宗教心」が殆ど無いだけに、精神的な支柱を失って、国家意識・愛国心の解体に至ると推測しております。

◇ 求心力を失った民族は、個々別々に分断され、「国家消滅」が現実のものとなれば、福祉・社会保障は、完全に吹き飛んで消滅し、極めて多くの民衆が、海外勢力の「奴隷・家畜」とならざるを得ません。

◇ 先ず手始めに、「宮内庁に愛国者」を集めて、国際かぶれの「外務省出身者」を宮内庁から放逐し、今後の宮内庁内部には、外務省出身者及び国際性を強調する連中を、一切入れない戦略が非常に肝要であります。

(日本の進路、No.0405、宮内庁から外務省出身者を追い出さないと、天皇制に危機が及ぶ、完)


(コメント)
日本の皇室は1000年以上の男系継承を誇っているが、これは世界的に見れば奇跡に等しいことであり、それだけで世界遺産級の価値があるのだが、日本のマスコミがこの事実を一切報道しないのは、マスコミを牛耳る反日勢力が基本的には日本の皇室破壊を目論む闇の勢力の手先だからだろう。闇の勢力とは、アメリカ及び欧米各国、軍産複合体、国際金融資本等を裏から牛耳っているユダヤ系の財閥(ロックフェラーやロスチャイルド)だと言われているが、最終的な黒幕は不明であり、全容は明らかになっていない。日本国内の反日勢力がこの闇の勢力の手先に成り下がっていることはもはや明らかであり、日本民族の弱体化や愚民化、日本民族の中心たる皇室の解体などを目的に活動していることは明白である。

悠仁親王殿下の御誕生で一時的に頓挫した女性天皇論議は、男系、女系という本質的な論議をされずに、男女差別をちらつかせ、反日勢力の走狗であるマスコミや一部の政治家、知識人が情報を操作して、庶民を騙そうと必死になっていたことは記憶に新しい。日本の皇室の破壊を目論む反日勢力だが、その反日勢力の一角が創価学会であり、外務省は創価学会員が多いことで有名な官庁の一つである。その外務省から宮内庁へ多数の職員が出向しているのは周知の事実だが、その出向者達が東宮職に限らず宮内庁において大きな力を振るっているのであれば由々しき事態である。

世間を騒がした女性天皇論議は悠仁親王殿下の御誕生で一時的に棚上げになったが、反日勢力の意のままになる皇太子妃の送り込みには成功しており、徳仁天皇即位時にはいろいろな意味で反日勢力のホープである雅子妃が猛威を振るうことが予想されている。マスコミが男系継承の件に一切触れないところを見ると、徳仁天皇即位に合わせて再び女帝キャンペーンを行う予定なのかもしれない。現在、皇室は雅子妃のわがままに翻弄されており、皇太子は雅子妃の言いなりである。

皇太子が天皇に即位すれば、わがままな皇后の言いなりになる反日勢力の傀儡たる天皇が誕生することになる。政治的な発言を極力控えておられる現在の天皇陛下と違い、徳仁天皇はマスコミの前で何を発言するか予想がつかない。なにせ事情もろくに説明せずに「雅子の人格が否定された」とおっしゃる御方であり、悠仁親王殿下が誕生して2年も経過しているのに、いまだに男系継承支持の発言すらしていないのである。これでは皇統断絶の意図ありと推察されても仕方がないありさまだ。

仮に皇太子が天皇に即位した後、雅子妃や外務省からの出向職員にそそのかされて「愛子を天皇に」と公式にコメントした場合、その影響は計り知れず、マスコミが大々的にキャンペーンを張って保守層を押さえ込むのは目に見えており、臣下の立場となった秋篠宮家や他の宮家は反論も難しくなるだろう。一体誰が時の天皇の発言に異を唱えるというのだろうか?錦の御旗を手に入れた民主党やその他野党が、天皇家を潰すチャンスが到来したとばかりに皇室典範の改正案を嬉々として国会に提出することだろう。民主党が与党になっていれば阻むものとておらず、国籍法改悪の例を見ても分かるとおり、国民がどんなに反対しようとも強行に採決を行ってしまうことは目に見えている。

雅子妃が健在で現皇太子が即位予定である限り、皇室崩壊のタイムラインは作動中であり、反日マスコミの女帝論議についても、一時的に休眠状態であるに過ぎない。皇室の本当の危機は、徳仁天皇の即位と共に始まるかもしれず、しかもその危機を誰も阻むことが出来ない可能性が高い。反日勢力が悠仁親王殿下の御誕生後、女帝論議について冬眠しているように見えるのは、時期の到来を待っているためであり、現在の麻生首相バッシングを見ても分かるとおり、チャンス到来と見ればなりふり構わず騒ぎ出すに違いない。皇室を破壊する徳仁天皇という名の恐るべき時限爆弾は、未だに作動中なのであり、反日勢力の皇統断絶の策謀は完全に消え去ったわけではないと考えられる。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

2008.12.08 Mon 14:33  正田家

正田家との差が其の侭「皇室」にまで影響を与えているのでしょう。

正田家の「御両親」は「天皇家」の何たるかをご存知でしたが現在の「皇太子妃殿下」のご両親との比較では始めから非常に危なっかしい気持でいました。失礼な事ですが御母さんに感じたのです。

宮中儀式にも理解がないと聞きます。我が国の「伝統」を否定されている様な気もします、怖い事です。

言はれる様に「祐仁親王」のご誕生以来「声」が完全にと言う程聞こえてきませんが、皇太子妃は公務はなさらず愛子殿下の運動会には喜々と参加されている。天皇陛下からも遠まわしに注意を受けて居られるようです。

現状の「政治家」の歴史観・「官僚」の曲がった教育を受けた時代の人が中枢を占めている怖い事です。どうしたら良いのか?皇室・皇統の歴史を今一度国民が知る事でしょう。

もう御稜の調査等と言いながら文化庁・宮内庁共に「古墳」の調査にも審査が甘く成り何?をしたいのか解せぬ事が多い様な気もします。西尾幹二氏がが非礼を承知で文句を言いたくなる気が判ります。
  • #kU3g/2a6
  • URL
  • Edit

2008.12.08 Mon 21:47  残すべき理由は多い

 外務省の事大主義的な対外政策と民主主義の名の下に
合法的に民族解体が進行する日本ではそう長くない運命
かもしれません。もし、天皇制を存続させる方法がある
とするなら天皇の存在感や皇室の権威を地道に広めてい
くしかないと思いますが・・・
 平和的な方法は難しいので、民主党や反日集団を政界
から追い出す方が現実的だと私は思います。
  • #g/UeGSXQ
  • 7☆
  • URL
  • Edit

2008.12.09 Tue 10:34  

将来、天皇陛下が退位されて秋篠宮殿下に譲位することは、できないのでしょうか・・・

2008.12.09 Tue 12:45  なぜ?

いつもこちらのブログでお勉強をさせていただいています。
管理人さんはご自分で取材もされているようで、とても内容が濃く、それでいてわかりやすいので友人等にも閲覧を勧めています。

ところで、思うのですが、私たち国民が政府に対しデモをしたり裁判所に訴えたりすることはできないのでしょうか?

例えば、国民に知らされていない在日の既得権などは納税義務がない上、社会福祉で年600万の破格の生活保障がされていると聞きます。母子家庭の保障が年300万ぐらいですし、ワーキングプアが騒がれている現在、これは不当だと言えます。そもそも日本国籍がない人たちになぜ、日本国がここまでしているのか国に説明義務があるのではないでしょうか?国を相手取って裁判にかければ、現状と在日が言う「強制連行」の事実の有無についても世間に知らしめることも可能だと思うのですが。

また、創価学会が政党をつくり政治に口出しするのも、「政教分離」の立場から違法と言えると思います。

さらに今回の国籍法改正(悪)についても、事前にケーススタディを怠ったことで無制限数の外国人に社会保障が与えられることになり血税を垂れ流すように国民の利益を害すことになるので、訴える権利はあると思います。

毎日の変態新聞も、日本国民に対する侮辱罪で訴えることが可能だと思うのですが。

これらのことを裁判にかけることで、物申すことはできないのでしょうか?
  • #-
  • ふふふ
  • URL
  • Edit

2008.12.09 Tue 16:45  

今日また陛下の病状について発表がありました。ご快癒を心から祈っております。どうか今月一杯、せめて陛下のお誕生日までご静養なさって頂きたいです。
以下拾いました。不敬であれば削除願います。
---------
55 :名無しさん@九周年:2008/12/09(火) 15:58:38 ID:RwOao3nI0
さすが陛下w
今日も「国籍法」公布せずwwww

一番頼りになるわ


官報目次  平成20年12月9日付(本紙 第4970号)
〔省  令〕
○電気通信番号規則の一部を改正する省令(総務一三九) ……… 2
○電波法施行規則の一部を改正する省令(同一四〇) ……… 2

〔告  示〕
○誘導式読み書き通信設備の型式を指定した件(総務六四七、六五六) ……… 3
○特別搬送式デジタル伝送装置の型式を指定した件(同六四八) ……… 4
○広帯域電力線搬送通信設備の型式を指定した件(同六四九、六五七) ……… 4
○超音波洗浄機の型式を指定した件(同六五〇) ……… 4
  • #P0/eB2wY
  • とろっこ
  • URL
  • Edit

2008.12.17 Wed 07:32  本当の危機

例え、経済が破綻しようとも。
例え、国土が焦土となろうとも。
例え、多くの人命が失われたとしても。
日本が日本で有る限り、日本は何度でも立ち上がり、世界に奇跡を示すでしょう。
私は、その奇跡の力を拠り所に為るしか、将来予想される人類の『種』としての絶望的危機を回避することは出来ないと思っています。
一見、大陸、半島の人々と殆んど違わない日本人になぜ、この様な力が有るのでしょうか?
日本人の力の源は、物言わぬ人々のぶ厚い記憶の積み重なりが豊穣な「精神の土壌」となり、その上に、感性、感覚、等「物事を感じる能力」が生まれ、またそこから予測、経験等により「物事を察する能力」が育ち、それらが深い「精神の森林」となりの、その果実が日本人の良好な行動規範となっているからです。
日本文化には大陸、半島由来の物も少なくありません。
しかし、大陸、半島では革命の度に人々の記憶は洗い流され、吹き飛ばされ、結果「精神が砂漠化」しています。
そう、私達の豊かさの根源は開闢以来、革命否定し続けてきた結果なのです。
およそ世界を見渡せば革命に襲われていないのは日本だけです。
実は皇室こそが人類最後の砦なのです。
この度の、皇室の危機は日
  • #-
  • 火事場の馬鹿力
  • URL
  • Edit

2010.03.15 Mon 21:28  今道長

 今回、宮内庁官僚による「教育基本法16条」と「公務員の守秘義務」と「児童保護法」を敢えて違反した学習院と男子ご学友をターゲットにした記者会見は一体なんの為なのか?一つ納得できるラインがある。それは、宮内庁、東宮大夫野村、侍従長川島は外務省天下り外交官であり、その元上司に雅子実父がいる事だ。
 数年前、ニュージーランドとオランダへの皇室による国賓静養を画策したのは誰あろう、丁度その期間、オランダのハーグに国際司法裁判所に天下りの「渡り」をしていた、かの雅子実父の 小和田 恒 である。結果は正に最も贅沢で高価な娘の「お里帰り」であった!後に天皇に「私用で外遊したことは一切なかった」と国民に弁解された程だ。今回も、「当人と学校と数名のご学友に犠牲の出ないよう望む。」とわざわざ国民に言わせる失態となった。
 その”今道長”の天下り外交官人脈が今回学習院と罪もない児童イジメのオーケストラだ。記者会見の内容が海外で、タイ、アメリカ、イギリスでより詳しく報道されているのが気になる。
その情報が在外大使館から出なければ、不可能と思える程だ。
 目的はなんだろうか?自分の娘の不足は孫の不足とは関係が無いとわざわざ国民に言いたいのか?しかし、もしそれに成功しても、長い目で見れば、火の粉はが自分の娘と孫に一番大きく降りかかってくるであろうに。

2014.10.18 Sat 11:27  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koramu2.blog59.fc2.com/tb.php/296-94d8af08

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。