日本が好きなだけなんだよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東亜戦争とマレー人

クンユアム旧日本軍博物館(タイ)のホームページより引用
http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/index.html

razaku.jpg

イスマイル・ビン・ラザク氏 1927年マレーシア ペナン生まれ 78歳
荷役会社を元経営 現在もペナン在中 一女の父

日本語タイ語を理解する イスラム教徒マレー人である。

写真:H17.11.17 於タイ パヤオ



 ― 1941年12月8日に大東亜戦争が開始され、パールハーバー攻撃とともに英領マラヤのコタバルに日本軍が上陸しましたが、その当時、マレーの人はどのような気持ちを持っていましたか。


イスマイル 
 ― 当時はマレーシアという国ではなく、イギリスの植民地でマラヤと言っていました。マレー人とイギリス人はうまくいっていませんでした。イギリス人はマレー人を押さえつけて、国の仕事にはもちろんマレー人は就けない、マレー人が働いても僅かなお金しか貰えなかった。教育も受けられない。マレー人に力はなかったのです。一人の人間として認められることはなかった。人間らしい生活はなかったのです。いつの日にか自分たちの国にしようという思いはマレー人にありました。


 ― 日本軍がコタバルに上陸したときどのように思いましたか。

イスマイル ― 当時は今と違ってすぐに情報は伝わりません。ラジオもない、イギリスの新聞はあったがよくわからない。状況は人から人と口伝えで伝わってきたのです。イギリス軍を撃破して進む日本軍に私たちは歓喜しました。日本人が我々マレー人をたすけに来た。ほんとうに嬉しかった。マレー人は日本軍を歓呼して迎え入れて協力したのです。


 ― それはイスマイルさんの気持ちですか。

イスマイル
 ― 私だけでなく、当時のマレー人の気持ちです。


 ― 日本軍は誰と戦い、誰が死にましたか。

イスマイル
 ― マラヤにはあと中国人がいました。これは町で商売などやっていましたが、日本軍が来るとジャングルに逃げて日本軍と戦いました。ですから中国人は死んだでしょう。しかしマレー人は死んでいません。


 ― 「プリンスオブウエールズ」 「レパルス」の撃沈を知っていますか。


イスマイル
 ― 人伝えで知って、その後新聞に出ました。みんな喜びましたよ。


 ― ペナンに日本軍が来た時の状況を教えてください。


イスマイル ― 当時私は15歳でした。ペナンにはイギリス軍がいましたがある日、日本軍の飛行機が偵察に来て、その後20機が爆弾を落としていった。これはイギリス軍の基地だけ攻撃した。その様子を目の前にして、見て私たちマレー人は感動しました。私たちはイギリス人に蔑まれ虐められていたのですから。お前らはバカだ、人間じゃあないと。ほんとうに日本軍に感謝しました。


 ― その後ペナンに日本軍が進駐しましたが、マレー人を差別したり虐めたりしたことはありましたか。


イスマイル
 ― まったくありません。日本軍は私たちに学校教育をうけさせてくれた。日本軍の先生がマレー語で教えてくれました。仕事もできるようになり、給料もちゃんと払ってくれた。イギリスがいたときとは全然違います。イギリスは私たちに教育や仕事をやらせなかった。日本人はマレーをマレー人に任せるようにしたのです。その時のマレーと日本の約束は「お互いに協力していこう」ということでした。マレーは良くなったのです。中国人はジャングルに逃げたままでした。


 ― その後イスマイルさんはどうされましたか。


イスマイル
 ― 17歳で日本海軍に入りました。募集していてテストを受けたのです。人気がありました。競争率も高かったはずです。そしてSYOUNANTOU(シンガポール)に行きましたが、このペナンでは25人の青年が行きました。マレー全体13の州から何人でしょう、人数は正確ではありませんが300人くらいはいたでしょうか。SYOUNANTOUにはマレーの青年のほかに、インドネシアの16歳、17歳の優秀な青年もたくさんきていました。


 ― 日本海軍ではどんな職種でしたか。

イスマイル ― 英語の無線を傍受して日本語にする仕事です。潜水艦にも乗りましたし軍艦にも乗りました。インドネシアの方までいきましたよ。給料は一月300円でしたが、日本軍人と比べても十分なお金でした。食べ物も十分ありました。マレー人と日本人との間に問題はありませんでした。偉い人の名前はニシハラさんです。


 ― 1945年8月15日にDAITOUASENSOUが日本が負けて終わりますが、ペナンではどんな状況でしたか。

イスマイル
 ― ちゃんと発表しました。給料はもう払えません。ここにあるものは皆さんで使ってくださいと。その後、中国人とイギリス人が戻ってきた。再び来たイギリス人は以前のような横柄な態度ではなかった。マレー人は日本人から多くのことを学んだのです。マレー人も以前のマレー人ではありませんでした。


 ― マラヤでの大東亜戦争を、いまイスマイルさんはどう思われていますか。


イスマイル ― DAITOUASENSOUは感謝しています。DAINIPPONが来なければ今のマレーシアはなかったでしょう。最大の感謝の気持ちは変わりません。



取材:平成17年11月17日

タイ・パヤオにて

文責:武田浩一





特定アジア(中国、韓国、北朝鮮)の歴史捏造は論外だが、上記のような大東亜戦争の真実が、日本の公式の場でなかなか語られることがないのは、極論を言えば、現在、世界を支配しているのが大東亜戦争の戦勝国だからである。特定アジアの三馬鹿や反日勢力はその使い走りとして活動しており、日本の教育は捻じ曲げられ、マスコミは日本人を巧妙に騙すプロパガンダ機関となっている。政治家も本当のことを発言すると様々な手段で潰されてしまうので、村山談話や河野談話を引き継がざるを得ない。キチガイの集まりで有名な社民党などが、新しい首相が就任するたびに売国談話を継承するか否かを質問するのは、一種の踏み絵を行っているからである。

日本が大東亜戦争を戦うまで、唯一、白人に対抗する力のあった日本人を除けば、東洋人は人間扱いされておらず、華僑は白人の有能な使用人として、積極的に白人支配者の手先になっていた。恐らく、日本が戦わなければ、白人による歪な有色人種支配体制は世界規模で完成していたに違いない。しかし、日本が多大な犠牲を払ってそれを阻止し、有色人種解放の機会を与えたのは歴史の示すとおりである。

関連動画 ミャンマーでの大東亜戦争についての教育

関連動画 欧米によるアジアの植民地支配

関連動画 大東亜戦争の真実

関連動画 日本とパラオ ~歴史を越えた友情~


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

2008.10.22 Wed 08:28  今のミャンマー

残念ながら、今のシナ影響下のミャンマーでは、日本軍はビルマで散々悪い事をしたと学校で教えているそうです、ミャンマーの知人から聞きました。

2008.10.22 Wed 10:19  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.10.22 Wed 11:48  

ちょっとスレ違いなんですが・・また毎日が飛ばしてます。
ttp://mainichi.jp/select/seiji/aso/news/20081022k0000m010087000c.html
11月に総選挙があるように見せかけるという相も変らぬ妄想記事です、一体何様のつもりなんでしょうかこの連中は・・・。
  • #HYdeU6gc
  • mo
  • URL
  • Edit

2008.10.22 Wed 13:00  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.10.22 Wed 22:37  大東亜戦争の残り火

私達の歴史がいかにあるべきか・・・
正史と教書の狭間で、いつも悩みますね。
 私達にとって都合が良い真実でも戦勝国には面白くない
となれば全力で否定されてしまうでしょう・・・
そして、いずれ国家間の信頼は破綻し全世界から不買い運
動等の嫌がらせを受ける可能性があります。
 肝心なのは、その時味方に成りえる相手を用意しておく
事と、他国からの資本制限や輸出入制限を甘受できる環境
を整えておく事です。
 ソレは私達にとっては、生活を一気に昭和初期のレベルに戻
しかねませんが真実は、そうまでしてでも手に入れる価値
があると私は思います。
  • #g/UeGSXQ
  • 7☆
  • URL
  • Edit

2008.10.23 Thu 01:17  共存共栄 vs 米国型資本主義

「かつて日本は大東亜戦争に於いて「大東亜共栄圏」を理想とし、アジアを欧米からの植民地を解放。その言葉通り「共存共栄」を掲げてインフラ整備や農耕を初めとする、当時の日本の持つ技術を惜しまずにアジアの各地に伝授しました。対する欧米では自らの侵略行為を正当化するための「偽りの正義」を持って日本に対抗。」これが真実だと私は考えています。何故ならば資本主義を絶対とする欧米諸国には日本の「共存共栄」が相反することだからです。

事実、日本の統治した地は戦後に独立を果たし進展していますが、欧米の統治した地はインフラ整備もされず各種技術の伝授も無かったため、未だに後進国という有様。フィリピンに至っては「米国は鉛筆一本さえ作る技術を教えて貰えず、米国から買え!」という話も小耳にしました。

終戦後の日本についても「米国=正義」の指導の下に管理されて私達日本国民は洗脳されてしまい、長らくそのことに気付きませんでした。

アメリカ発の経済危機に於いても突き詰める所、どん欲な国益を求めた米国の失策が原因だと思いますが、今の国際社会は表面上、世界各国との「共存共栄」を志しているように思えますが、その実は大東亜戦争前の侵略と何ら変わらず軍事的支配が経済的な支配にすり替わっただけ。特に9.11以降の米国の行動がソレを顕著に証明していると痛感した次第です。

社会主義が良いとも思えませんが米国主導による資本主義、自由経済世界は崩壊しつつあるようにも思えます。

大東亜戦争を正当化するつもりもありませんが、史実や事実を調べていくと
東京裁判を始め従軍慰安婦問題、南京大虐殺などは戦勝国によるプロパガンダそのものであると思います。


ではでは、長文にて失礼しました。

2008.10.23 Thu 01:52  

どれほどの高い志を持って、我々日本人の先達が大東亜戦争に臨んでいた事か、戦勝国の筋書きどおりに世界の国々で、日本が悪の戦争をしたごときに宣伝され、我が日本国内においても支那人朝鮮人が程度の低い謀略を企み戦後疲れきった日本国土を荒らし回っている。皇室にまでだ!
 
 動画を見ていてつらく、哀しく、悔しくて涙が溢れてどうしようもなかった、このままでは済まされん、
 日本人として襟をただし日本を守る。
 その為に戦う。
  • #-
  • 納税者
  • URL
  • Edit

2008.10.23 Thu 09:22  

東南アジアの他の国のことは分からないのですが、これも太平洋(大東亜)戦争の一つの真実なのでしょう。
管理人さんの前のブログにもあった「日韓併合の真実」のように世間で語ることがタブーのような事実がいっぱいあるのでしょうね。
アジアの反日三国以外の国へ積極的に経済等の援助を行うと日本の位置付けが上がるのではないかと思います。
  • #-
  • ちゃくら
  • URL
  • Edit

2008.10.23 Thu 20:24  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.12.19 Thu 22:27  

今、ペナンで日本軍が華僑を5000人首を日本刀で切り落とし紐で吊るして遺体を埋めたと日本刀から血が滴る映像を効果的に使った番組を流しています。
抗日運動ということは多少付け加えてはいるものの、日本刀の映像とペナン人がインタビューで日本人が虐殺をしたと映像で何度も流し、みごとな反日風味にできあがっています。
番組を通し、領有権問題を中国優位に日本を追い込もうという意図がひしひしと伝わってきます。
イギリス人のことは戦後復興のためにだけやってきた善人ですから呆れます。
@CSナショジオ恐怖伝説







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koramu2.blog59.fc2.com/tb.php/243-b841d42b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。