日本が好きなだけなんだよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国が描く2050年の極東の国家戦略図

http://blogs.yahoo.co.jp/give_me_your_opinion/7918816.html
より転載した2050年の中国の極東戦略図

img_530598_7918816_0.jpg

この地図の真偽の程ははっきりしないが、これまでの様々な中国政府高官の発言や、日本国内への中国のプロパガンダ、スパイ工作などから考えて、中国がいずれ、朝鮮半島、台湾、日本を併合するつもりであることは間違いない。以前に中国海軍の高官が米国に太平洋の分割管理を持ちかけた事件があったが、これなどは明らかにその野心が表に出た一例だろう。

中国海軍高官が太平洋の米中分割管理“提案” 米司令官明かす

http://sankei.jp.msn.com/world/america/080312/amr0803121318009-n1.htm

 米太平洋軍のキーティング司令官(海軍大将)は11日の上院軍事委員会公聴会で、昨年5月に司令官として初めて中国を訪れ中国海軍高官と会談した際、太平洋を分割し米国がハワイ以東を、中国が同以西の海域を管理してはどうかと中国側から“提案”されたことを明らかにした。

 司令官は「面白半分の冗談」と断りつつ、こうした“提案”は「中国人民解放軍が抱いているかもしれない戦略構想」の一端を示しているとも指摘。中国は「明らかに自国の影響力が及ぶ範囲を拡大したいと考えている」と証言した。

 具体的には、中国はその気になれば「中国から1000-2000キロ以内(の海域)で他国軍の行動を制約する」海軍力を整備できるなどと指摘した。(共同 )


現在の世界の覇権は、大東亜戦争で勝利した連合国が握っており、白人による世界支配体制はゆるぎないものになっている。戦勝国による核兵器の独占が、その支配を支えているのだが、中国は白人の世界支配を認めた上で、アジアで覇権を唱えたいのだろう。大東亜戦争前の東南アジアの欧米植民地でも、中間詐取層として、白人の仕掛けた複合民族化政策に乗じて、東南アジア各地の社会に入り込み、白人様のおこぼれを嬉々として頂戴していた民族である。基本的な立場は白人の召使であり、その立場は今も変わっていない。

残念ながら、中国人の能力では白人には太刀打ち出来ず、核兵器の保有で一見互角に見えても、基本的な技術力、開発力などで欧米に大きく遅れをとっているのが現状だし、今後もこの差を縮めることは出来ないだろう。唯一、有色人種で白人と互角に渡り合えるのが日本人なのだが、それゆえ白人は日本を恐れ、GHQの占領憲法の受入を強制、様々な歴史を捏造して日本に自虐史観を押し付け、マスコミや教育によるプロパガンダで国民を洗脳し、今もなお国土を米軍が占領しているのである。この片棒を担いで、やりたい放題暴れているのが国内外の朝鮮人というわけだ。

日本を併呑すると言っても、何も武力によるものだけが手段ではなく、外国人参政権付与法案や人権侵害救済法案(=人権擁護法案)、主権移譲等を党是とする民主党に政権を取らせ、様々な売国法案を成立させて、合法的に日本を占領してしまう手段も考えられる。何度も言うようだが、既に日本のマスコミは中国側の手中にあり、韓国や在日朝鮮人、帰化朝鮮人の暗躍もあって、マスコミが凄まじい民主党擁護の偏向報道を実施している。今、現在、日本は情報戦の最中にあり、日本人の当面の敵はマスコミであり、ヤクザであり、官僚であり、売国野党である。日本が工作を受けているのでなければ、国会の議席の半数近くが、売国的で反日的な野党によって埋め尽くされている呆れた事実の説明がつかないだろう。

国を売る人間が議員バッチを付けて、何百人も国会に登院している現実は異常である。野党といえば聞こえはいいが、日本を守るために戦った先達を侮辱し、日本人より外国人が大事なクズ議員どもである。おまけに将来の日本の子供の教育すらまともに考えておらず、自国の領土すら本気で守る気のない連中だ。世間を欺くための学歴は立派なものだが、その経歴や能力も反日スパイや反日工作員として役立てられるのであれば、大勢の日本人にとってむしろ有害なものとなるだろう。豚並の品性の人間がいくら勉強しても、最終的には豚人間の域を出ないという良い見本だと思う。自分の見たところでは、国会議員の少なくとも半分は、背広を着た豚人間である。


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

2008.10.07 Tue 00:04  

まったく、その通りだ!。
中国人も朝鮮人も奴隷民族根性しか持っていない。
アジアを守れるのは日本と台湾とベトナムくらいだ!。
主役の日本の国会議員が売国奴では話にならん。
公安はいったい何をしてるんだ?!。
非国民を捕まえて日本から追い出せ!。
  • #-
  • 神風君
  • URL
  • Edit

2008.10.07 Tue 13:13  

民主党の構想の中には日本を抑えた後に中国へ「はい どうぞ」と渡すシナリオがあるのだろう。
今こそ日本人の立ち上がる時ではないだろうか。
日本を民主党へ任せてはいけない!
  • #-
  • さーくる
  • URL
  • Edit

2008.10.09 Thu 23:32  

日本耐えろ!がんばれ!朝鮮半島は虫の息だ!
いずれ日本の支配下になるのは時間の問題、
とりあえず朝鮮人が国を逃げ出す前に入国審査や
取締りを今以上に厳しくすべき。
  • #-
  • 日本太郎
  • URL
  • Edit

2008.11.03 Mon 07:27  新日本時代へ

日本が核武装するのを
米国と中国は恐れているぞ。
  • #-
  • 抗韓団体代表
  • URL
  • Edit

2009.05.22 Fri 14:50  豚どもはトンカツにしてやれ

この戦いは非常に囲碁に似ている。忘れるな、どんなに
日本だけが頑張っても囲まれていれば負ける。戦いには
準備、秩序というものがある。負けなければどうとでもなる。今の日本にはアメリカ、中国、ロシアを3つ巴で相手に
できる力もなければそれを補う頭脳もない。とするなら、
まずはその辺りの補完が先だ。盲目的な愛国心は許さん、
この言葉の意味通り、真なる民族信奉者は10年、100年先まで考えて行動するものだ。
  • #-
  • 豚どもはトンカツにしてやれ
  • URL
  • Edit

2009.10.15 Thu 15:43  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.07.04 Sun 22:06  

正に 中国共産党は 日本からの政府開発援助を得てから 人のふんどし を 借りて 相撲を取るの ごとし アジアで 台頭を 表し アジアを 占領するのが 国家戦略である 日本政府の危機管理能力の 無さは 中国と 国交樹立後 北朝鮮の拉致が 始まり 当局の内定でも 分かっていたが 阻止出来なかったのは 知る人ぞ 知る所、である

2010.10.02 Sat 22:24  

ロシアは北極圏でドンパチ。
中国は南シナ海の資源、西沙・南沙諸島の実行支配に成功。
次に狙うは、東シナ海の油と日本列島の資源。
オーストラリア等は、この珍事に危機感を高め、軍備増強。
フィリピンと日本は巻き添えを食らう。
アメリカは日本側から沖縄に置いている国連GHQ指令群や、
在日米軍撤退の意志を鳩山氏から受け取っているので、基本的に我関せず。

2011.04.24 Sun 01:53  

日本が核武装すれば、戦況が変わるが、果たしてそれは人類にとって有益なのだろうか。
しかし、自衛隊の自国防衛能力が中国軍に対して無力となり、仮に中国と米国が太平洋を分割統治すれば、いずれ米中で武力衝突が発生し、核戦争となるだろう。
日本が核兵器を保有することで、中国上層部の行き過ぎた戦略を思いとどまらせることができるのではないか。
ただ、9条を変えることができるのかといえば、99。999999999%不可能であると考えている。
自衛隊は、ミサイルが時代遅れになる兵器を開発し、誇示すべきだと私は考える。

2011.08.26 Fri 01:01  

ツイッターによる革命によりカダフィ政権が倒れた。ベトナム戦争では超大国アメリカがCNNショックにより負けたときから大義名分の無い戦争や外交や軍備は難しくなってきた。
情報は核の発射から着弾の間より早く、世界を回る。
その上国境が無く放たれた情報は誰にも止められない。
世界規模で、保持する情報や各個人での意見がマスコミによって均質化されつつある。もっとも日本国内では外国の情報はあまり報道されないため不正確な認識しか得られないが。
これからはこの情報が各個人の行動を決定し、各個人で形成される世界の覇権のカギを握るのではないだろうか。
そう考えた時、世界情勢に疎い日本や、情報操作をされる中国ではアメリカのような国際力を持つ国に次ぐパクス・ロマーナは不可能である。
したがって日本の軍備の増強は世界の人間に日本に対する不信感を与えて、四半世紀規模の国家の不利益となり、半世紀規模の国民の損失となるのではないか。むしろ日本の長年の弱点である国民レベルでの国際力とそれに伴う情報収集・分析力を底上げした方がいいと思う。そういった点で外交経験の若い民主党では対外的に厳しいものがあるのは当然か。
ところで中国は中国より人口密度が高く災害が頻発し食糧・鉱物資源に乏しい日本に対する領土欲があるのだろうか。この図は経済圏の図ではないだろうか。

2011.11.29 Tue 11:43  

大アジア社会主義共和国連邦万歳!鬼畜米英の時代は終わりだ!

2013.06.29 Sat 15:47  

この地図から分かることは国防意識が毅然とした国は侵されないって事ですか?
いかに中国でもロシアに唾はつけられないんだね…







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koramu2.blog59.fc2.com/tb.php/234-a8a46f9c

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

552. 外国人参政権 - みやけのブログ

みやけです。 今、世間を騒がせている「外国人参政権」 おれも最初は、特に何も疑問を感じていなかったが、 おいおい、よく見てみると、これは恐ろしい法案じゃないか。 これは、オレのあくまで個人的な思いだが、 オレは国境なんてなくなってしまったほ... 2010.01.17 08:44

Home

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。