日本が好きなだけなんだよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流というものは存在したことがない

「韓流というものは存在したことがない。」 アメリカ芸能雑誌‘ハリウッドレポート’と‘ビルボード’の記者であるマーク・ラッセ ルは韓流を‘ゾンビ・ウェーブ’と名付けた。最近の韓流は‘もう死んだ’と表現さえで きない、最初から生きていた時もない虚像というのだ。彼は慶煕大と米ペンシルバニア大が27日、慶煕大で共同主催する‘韓流の日’シンポジウ ムで「ゾンビ・ウェーブ~すでに死んだものを殺すことはできない」を発表する予定だ。 22日、あらかじめ配布された発表文によれば、ラッセル記者は最近の韓流が「短期間の流 行、幼稚な民族主義、劣悪な財政支援」など否定的含意がもっと多く見えると言った。


彼 は映画、ドラマ、音楽など韓国の大衆文化が過去10年間、アメリカを含めた西欧圏でただ の一度も注目を受けたことがない、と言い切った。また、一部の歌手やドラマのアジア地 域での成功は、韓国だけが持った何か特別で独特のもののためではなく「大衆文化の世界 化の流れに韓国が素早く適応した結果であるだけ」と断言した。 彼は韓国大衆文化の中で、かろうじて西欧の気を引いたのは映画だけだったと述べた。し かし、それも映画内容自体よりは「製作コストの5倍以上儲けた映画」式で紹介されるだけ だ。映画「シュリ」の大成功とイ・チャンドン、キム・キドク監督などの相次ぐ国際映画 祭受賞は、国際社会で韓国映画の名声を高めたが、韓国音楽やドラマそのもので西欧メデ ィアの激讃を受けた場合はただの一回もないと皮肉った。


韓国が代表的韓流歌手にあげるピ(Rain)やBoAの場合「アジアファンの心を捕らえるかは分 からないが、北米人たちに印象を与えるにはちょっと軽くて足りない音楽」に聞こえて北 米・ヨーロッパ進出は計画に止めるのが大部分だと彼は強調した。ドラマも同じだ。彼は ドラマ‘CSI’や‘ソプラノ’などに慣れた西欧人たちに、別れた双子や死んで行く昔の恋 人の話はとても有り勝ちな素材だし、むしろ韓国テレビのパロディであるMadTVの‘態度’ がもっと大きな人気を呼んだと言った。 彼は韓国大衆文化がアジアで大きな人気を呼んだことは徐々に活性化している地域間の交 流で、韓国芸能事業が先に収益概念に目覚めたからであり、タイとベトナムなどが韓国の 成功戦略を競争的に取り入れていると分析した。「韓国に本来特別なものがあると勘違い したら、非常にがっかりするようになるだろう」と言いながら「成長と発展のない者は、 貧しくて熱望が大きい相手に押されて消える危険にあうだろう」と警告した。


ソン・ミンソプ記者


ソース:世界日報(韓国語) 韓流は最初からなかった

http://www.segye.com/Service5/ShellView.asp?TreeID=1052&PCode=0007&DataID=200707221503000063


日本の韓流ブームは突然、メディアによってばら撒かれ、一時的に成功を収めはしたものの、現在では完全に下火になり、朝鮮系の人間が実権を握る電通やマスコミが未練たらしく煽っているに過ぎない。韓国人某のコンサートに韓流ファンが押し寄せた等のニュースがあっても、アメリカ同様、大部分が朝鮮系のファンではないかというのが一般的な見方で、一部、マスコミの煽動にのせられてしまった日本人女性がいるに過ぎない。


どこかで見たような安っぽいストーリと、整形韓国人の織り成す三流ドラマが、特別な宣伝なしに流行するはずもない。韓国はもともとパクることを主体に成長してきた国なので、文化や芸能に深みがなく、滲み出る感銘や感動がないのである。この傾向は今後とも変わることがないだろう。日本の韓流は、興行的にダメージを受け始めても、まだ煽っているようだが、もとから韓流が存在せず、ブーム自体がゾンビのようなものだったと考えれば納得もいく。


最初から死んでいるブームは、殺せないのが当然である。朝鮮系の人間の夢と希望を乗せたゾンビブームが一人歩きをしている実態は、面白おかしくもあり、迷惑な話でもある。しかしここで重要なのは、見苦しい韓流というゾンビを生みだした巨大な勢力こそ、日本人が注視しなければならない存在であり、警戒すべき反日勢力であるということである。前にも述べたが、韓流を煽って利益を得るのは一体誰なのか?ということである。


人気blogランキング
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koramu2.blog59.fc2.com/tb.php/23-c9db081e

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。