日本が好きなだけなんだよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミ主導の韓流や捏造韓国ブームの黒幕 電通 

森田実の時代を斬る
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/TEST03.HTML
より引用


2006.10.31(その1)
森田実の言わねばならぬ[457]

マスコミを信用してはならない――日本のマスコミは政治権力と合体し国民を支配し圧迫する凶器と化した広告大独占企業「電通」は、政治的中立の立場をとるべきであり、時の政治権力の手先となって国民の政治意識を改造するような大それたことはやめるべきである。広告は政治的に利用されてはならない。政治権力によるコマーシャルを使っての政治的野望の達成を許してはならない。

「テレビは人間の考える力を失わせ、人間を愚かにする地獄の機械である」(ルイ=フェルディナン・セリーヌ)
-----------

 現代社会は「広告社会」であり、独占的な広告企業の影響力は絶大である。米国においては、この巨大な影響力を政治に利用している。日本も米国に従って政治に利用している。だが、広告は政治に使われてはならない。
 2005 年6月頃のことだが、私は本欄において、ワシンシン、ニューヨークからの情報にもとづいて、「米国の保険業界が、日本の郵政民営化を実現するために、米国の独占的広告会社を通じて日本の広告代独占企業である「電通」に、日本国民が『民営化は善、官営は悪』と考えるようにするコマーシャルを依頼した。その金額は5000億円といわれている。この計画は実行された」と書いたことがあった。
 この一文は大きな反響を巻き起こした。たとえばマスコミ界で働く友人からこんな電話がかかってきた。
 「森田さん、電通はマスコミ界の王様。巨大な独占体。絶対者だ。電通に睨まれたら、テレビ局もラジオ局も新聞社も、ましてや個人は、みんなつぶされる。だから、誰も電通批判はしない。批判したとたんに首がとぶ。社会から抹殺される。森田さん、あなたはこれでお仕舞いだ。電通を名指しで批判した者は、マスコミ界にはいられなくなる。電通は絶対者なんですよ」。
 テレビ局の友人からはこんな手紙がきた。
 「森田さんのマスコミにおける言論活動には、これまで政府・自民党側からきびしい批判があったが、テレビ局内にも少数だが良心的ジャーナリストはいる。彼らは森田さんのような反体制的な発言も報道したいと思っていた。しかし、森田さんは『虎の尾』を踏んでしまった。電通批判をしたらマスコミの世界では生きていけない。これから森田さんに出演を依頼するテレビ局はなくなるでしょう。残念ですが、さようなら」。
 もう一つのエピソード。最近、東北地方の某県に講演に行ったとき、地元テレビ局に出向している知人が訪ねてきた。彼は会うなりこう言った。
 「よう! ただ一人電通批判をやった森田さん。森田さんは、テレビ界では『電通批判をやったただ一人の人』と言われているんです。電通批判以後、テレビ、ラジオ、新聞の仕事はなくなったでしょう。電通批判をしたらマスコミ界では仕事はできません。これからどうするんですか? それに森田さん、あなたは公明党・創価学会批判もしている。マスコミ界では創価学会批判はタブーです。マスコミでは電通と創価学会を批判したらダメです」。  

 電通批判をして以来、こんな話ばかりが私の耳に入るが、これが本当なら、マスコミは腰抜けばかりの世界だということになる。
 広告企業が、広告を利用して国民を政治的にマインドコントロールしようとするのは、とんでもない大きな過ちである。国民の政治意識を、時の政治権力の意向に沿って操作し、政治の流れを決めることは罪悪である。広告は、政治的に中立でなければならない。不偏不党でなければならない。放送法は、放送の不偏不党を義務づけている。日本のマスコミは自公連立政権に支配されてしまっているが、これは放送法違反である。
 だが、米国においては、広告が政治に利用されている。日本の巨大広告企業は、米国と同様に政治的中立という広告の規範を踏み外した。日本の巨大広告企業=電通は、テレビ、ラジオを支配している。新聞も支配している。この巨大な力を背景に、国民のマインドコントロールという天を恐れぬ大それたことをしている。 06年10月中旬、旧知の郵政大臣経験者に会う機会があった。このとき、こう言われた。
 「ある大テレビ局の社長に会った折り、その社長はこう言っていました。『森田さんが言ったこと(郵政民営化推進のコマーシャル)は事実です。2、3年前、電通から指示があった』と。森田さんの言ったとおりだったようですね」。

 米国の保険業界が、日本の保険市場をわがものにするために米国政府を通じて日本政府に「郵政民営化」の圧力をかけ、そして同時並行的に、コマーシャルによって「民営化=是」という方向に日本国民をマインドコントロールするため、日本の広告独占体の電通を使った――こういう証言は、私のところへ各方面から寄せられている。
 広告による日本国民のマインドコントロール――こういう恐ろしいことが、その後も日常的に行われているのだ。
 現在の米国と日本においては、テレビを通じて国民の政治意識がコントロールされ、政治権力の意図に従って操られている。

 この5年間、テレビは「小泉劇場」の主舞台だった。テレビは早朝から深夜まで小泉純一郎首相を讃え、褒めつづけてきた。小泉政治批判者はほとんどパージされた。
 そして、「ポスト小泉」の自民党総裁選が政治ニュースの中心を占めるようになったら、「小泉首相の意中の人」と目された安倍晋三氏が、「我が身可愛さ」「寄らば大樹の陰」のほとんどの自民党議員から支持された。それだけではない。彼らは、小泉退陣後も小泉(前)首相を褒めつづけている。どこまでも小泉首相にゴマをすりつづけている。
 そのうえ、愚かなことに、大新聞を含むマスコミは無盲目的に安倍賛美に加わっている。こうして安倍首相の高人気、高支持率がつくられている。
 「テレビ局は、内閣支持率を上げれば政治番組の視聴率が上がるから、意図的に内閣支持率を上げている」――前述の元郵政相の話である。
 マスコミは、電通の呪縛を自ら解き、政治的中立性を回復すべきである。マスコミが時の政治権力の走狗になることは、マスコミの自殺行為である。 

マスコミに君臨する巨大広告企業 電通は、国際金融資本(俗にいうユダヤ資本)の支配下にあるとも言われている。山口組と電通の幹部が密接な関係にあるという噂も聞く。スポンサーの選定から番組の内容まで、テレビ番組の全ての面で電通の影響力が及んでおり、現在の捏造韓流ブームや韓国ブームは、電通主導で執拗に行われているのだろう。ネットや世間との温度差が著しいにも関わらず、ほとんどの地上波チャンネルで、韓国マンセー報道が繰り広げられている。ブームというよりは洗脳秋波といった方が的確だろう。最近、ヤクザをヒーローとして扱ったドラマが多いのも電通関与と見てよい。

日本を蝕む売国奴の相関関係(推定)

国際金融資本→在日米軍・CIA→ヤクザ(同和・朝鮮系)→政治家、記者を脅迫、暗殺
国際金融資本→電通(同和・朝鮮系が実権)→マスコミ(朝鮮系含む)→国民を洗脳

ヤクザが摘発されずに堂々とのさばっているのは、アメリカのロックフェラー等の国際金融資本の下請けをやっているからであり、虎の威を借りて政治家や記者を何人も暗殺しているからである。政治家やマスコミはこのことを知っているので、彼らには怖くて手が出せないのだ。電通にしてもこれだけ好き放題やっていたら、普通は独占禁止法で摘発されるのがオチなのだが、バックに恐ろしいユダヤ資本やヤクザが控えているので、政府も怖くて見て見ぬふりなのだろう。


マスコミへ絶大な影響力をもつ電通の『天皇』とも呼ばれる人物は、帰化した朝鮮人である。

日韓友情年2005
http://www.jkcf.or.jp/friendship2005/japanese/column/index_7.html

「日韓友情年2005」実行委員会副委員長
株式会社電通 最高顧問
成田豊(なりた ゆたか)
1929年(昭和4年)現在のソウル市生まれ。


この人物は今年で79歳とだいぶ高齢のはずなのだが、日本人の洗脳が終わるまで引退する気がないのだろうか?竹島を44人の日本人漁師を殺害された上で不法に占拠され、国内の朝鮮人の基幹産業であるパチンコ・サラ金ですさまじい数の自殺、身売り、一家離散が発生。韓国や国内の朝鮮人は歴史捏造をし続けて、日韓併合の恩を仇で返す。真実を知るまともな日本人なら韓国との友好など悪夢でしかないわけだが、そういったことは頭にはないらしい。まったく大した人物だ。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

2008.10.10 Fri 12:40  

と、言うか、海上自衛隊の前身は日本海軍と言うのと
同じ程度の「血の濃さ」で、
現在の電通の前身は満鉄調査部なので、
ぜーったいに何かありまっせ。
http://blog.goo.ne.jp/nande_ya/e/efaf6c4fa9c64880684b4423f94d753b
後、電通には「電通コリア」と言う現地企業もあって、
韓流ブームでは電通コリアと日本の電通で2重に儲ける構造になってます。
  • #isMf3gRE
  • ぴょんきち
  • URL
  • Edit

2011.08.15 Mon 00:57  

学校教育、テレビ、新聞、そうしたものは、全て、国民洗脳のために行われていますよね。

歴史的事実として、時の支配者が、過去の書物を焼き払い、自身に有利な歴史を捏造して行くようなことは多発しているわけで、そのように考えると、日本敗戦から今に繋がる教育やマスコミが日本国民を新たに洗脳しようとしていることは簡単に想像しうることなんですけどね。

それすら思わせないためのGHQ主導の愚民化教育の徹底さには、頭が下がる思いです。彼らも、それを達成するために膨大な努力と時間をかけたことでしょう。そんな彼らに対抗するには、私たちも、それなりの覚悟や努力が必要なんでしょうね。

2014.05.23 Fri 16:59  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koramu2.blog59.fc2.com/tb.php/215-0fdca81a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

968. マスコミ 11   戦後の闇 = 「日本名」 朝鮮人 と 傀儡政治 - 邪馬台国 下関

TPP 知らないとヤバいTPP2 http://www.youtube.com/watch?v=Y_hnysiyXYM 【拡散希望】 TPP 勉強会に経産省の宗像直子が登場 http://www.youtube.com/watch?v=dwidPmjtpB4 2013.11.09 17:08

Home

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

Author:まさやん

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。