日本が好きなだけなんだよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋篠宮家を狙ったテロの前兆か?秋篠宮ご夫妻の日程や宿泊先などが流出

秋篠宮家を狙ったテロの前兆か?秋篠宮ご夫妻の日程や宿泊先などが流出


NHKエンタープライズは15日、文化庁から運営を委託されたイベントの内部資料がインターネットの検索サイトに流出していた、と発表した。開会式に出席した秋篠宮ご夫妻の日程や宿泊先、会場の見取り図も含まれていた。すでにデータは削除したという。流出したのは、奈良市で10日から開かれている「国際文化フォーラム」の 資料。12日に文化庁から指摘があり、同社が調査。同社の契約スタッフ(37)が個人で借りていた外部サーバーに資料を保存した際、セキュリティーロックがかかっておらず、5日以降検索できる状態になっていた。同社は宮内庁と秋篠宮家に事情を説明するとともに謝罪した。文化庁は「誠に遺憾。情報管理の一層徹底に努めたい」としている。

*+*+ asahi.com 2007/11/15[**:**] +*+*
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200711150346.html


日本の大手マスコミにはほとんど例外なく反日の外国人工作員が入り込み、大なり小なり日本人に悪影響を及ぼしていると思われるが、公共放送であるNHKであっても例外ではなく、NHKの一連の韓国賛美放送に見られるように、その影響力は非常に深刻である。秋篠宮両殿下の日程や宿泊先がNHK関連会社から流失した今回の事件は、故意なのか偶然なのかはっきりとはしないが、仮に故意であったとしても驚くには値しないのかもしれない。


日本に巣食う反日勢力は愛子天皇の実現による皇統の断絶を画策しており、そのためには秋篠宮両殿下や悠仁親王殿下を暗殺することぐらいはやりかねない。現に紀子妃殿下が悠仁殿下を御出産された際は、テロを警戒して、拳銃を持った女性SPが手術室で待機していたほどである。万が一、秋篠宮両殿下の宿泊先の流出によって、食事に毒でも盛られた日には、取り返しの付かないことになっていたかもしれず、もし両殿下が亡くなるようなことになれば、悠仁親王殿下や眞子、佳子内親王殿下の親権は、皇太子夫妻に渡ることになったかもしれない。そうなれば悠仁親王殿下の生殺与奪は反日勢力の思うがままということになりかねなかった。皇太子夫妻の担当部署である東宮職は、外務省からの出向組がかなりいて、皇室の中でもかなり反日度が強い部署だと考えられ、とても安心できるような環境ではないからである。


個人主義が行き渡った現在の日本では、皇室の価値が理解出来る人間は少数派かもしれないが、日本という国は、皇室あっての日本であり、天皇家を存続させることは日本人の義務と言ってもいいほど重要なことだと自分は考えている。この件についてはいずれ機会を改めて書きたいと思うが、日本人のルーツや日本建国の意味とも関わっていることで、日本の未来にも関わることでもある。現時点で間違いなく言えることは、皇室が滅びれば日本という国も滅びるということだ。そして、反日勢力もそのことを理解しており、女系天皇論等を持ち出して、虎視眈々とそのチャンスを狙っているということである。


今回は事なきを得たようだが、単なる事故だと片付けず、宮内庁や警備関係者は警戒を強めて欲しいと思う。個別では小さな事件でも、数が集まれば1つの大事件の呼び水になりうる。スパイ防止法が存在しない、スパイ天国の日本では、何が起きても不思議ではない。

人気blogランキング


スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koramu2.blog59.fc2.com/tb.php/2-fdf8aefd

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。