日本が好きなだけなんだよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本壊滅がヒットの秘訣か?韓国のドラマと映画の凄い内容

韓国で放映された主な反日ドラマや反日映画


92年 MBCテレビ「憤怒の王国」
    

ドラマに「天皇の狙撃」という場面があり、韓国の各メディアが「日王をぶっ殺せ!」などと連日過激な宣伝をしていたため外交問題になりかけた。日本政府の抗議に、MCB側はテロップで「このドラマはフィクションです」と付け加えるだけだった.. 


95年:映画「ムクゲの花が咲きました」
    

韓国の大続領が、「東京、大阪、名古屋、神戸、京都、この五都市に広島級原爆の五倍の威カがある核爆弾を投下する、東京は広いからその三倍落してやる!」と発狂しながら叫んだ後、実際に投下する。この映画を見て韓国民は涙を流して大絶賛し、韓国・映画振興公社選定の「良い映画」にも選ばれた。


99年:映画「幽霊(ユリョン)」


韓国の潜水艦が日本に核ミサイルを撃ち込もうとする内容。実際は打ち込まなかったので韓国人に不評だった。この映画は99年度映画興行順位の八位.にランキングされた。


01年:映画『サウラビ』


日本刀で武装した百済人が日本を開拓して植民地にする内容。製作した監督は、根拠もないのに「歴史的事実を元に製作しました。日本人の祖先は韓国人です。」と、欧米に宣伝して回った。


06年:映画『韓半島』


南北統一の日が近づく近未来。なかなか進展しない南北統一に嫌気が差した韓国大統領は、「日本の妨害活動が原因だ」と被害妄想を膨らまし、日本に核ミサイルを撃ち込む計画を極秘裏に指揮した。



韓国人のさらに凄いところは、フィクションの映画を見て、それが事実だと勘違いすること。詳しくはこちらを御覧下さい↓

http://www.lifeshot.jp/files/photos/1144432702/1157683865_f.jpg













スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koramu2.blog59.fc2.com/tb.php/121-c13f61b3

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。