日本が好きなだけなんだよ

Date : 2013年09月07日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悠仁さま七歳の御誕生日に思う

                             人気ブログランキング

悠仁さま、7歳に 2013年9月6日 日本経済新聞

1378439362920.png


秋篠宮家の長男、悠仁さまは6日、7歳の誕生日を迎えられた。今春から、お茶の水女子大付属小学校の1年生。宮内庁によると、新たな友達もでき、元気に学校生活を送られている。係は給食などを担当。友達からは「悠仁くん」と呼ばれ、休み時間には上級生の様子を見て鉄棒もされるようになった。

夏休み中は、学校で育てたアサガオを宮邸でも世話をされた。皇居内では昆虫探しをし、バッタやチョウを天皇、皇后両陛下に見せながら話をされることもあった。

7月には秋篠宮家の長女の眞子さま(21)が約10カ月ぶりに英国短期留学から帰国。次女の佳子さま(18)ときょうだい3人でにぎやかな時間を過ごされた。


(コメント)
※一ヶ月以上ぶりの更新になりますが、管理人は生存しています。心配してくれた方ありがとう。

昨日は悠仁親王殿下の御誕生日だったのだが、故意か偶然か、宮崎パヤオ、いや宮崎駿が映画監督を引退するとかで、そのニュースが大々的に報じられ、大分、悠仁殿下の御誕生日の扱いが小さくなってしまった印象がある。個人的には宮崎監督の引退には関心はなく、はっきりいってどうでもいいニュースだったが、NHKは視聴率の高い夜の7時のニュースでは、悠仁親王殿下の御誕生日のニュースは流さなかったようだ。さすが反日犬HKといったところだろうか。

このブログは悠仁親王殿下の御誕生から、自民大勝、第二次安倍政権誕生までのネット上の戦いで、かなり精魂を使ってしまい、現在、半分休止状態のようになってしまっているが、以前から読者諸氏に申し上げているように、日本の大立替は、2020年の前後10年が正念場ということを忘れないようにしていただきたい。おそらく巨大地震も起こる可能性があるが、これらの国難は、日本が正常化するためには避けられない、いわば“禊”であり、日本国憲法は、戦争が起きなければ変えられない憲法であるということを忘れてはいけないだろう。

今回の安倍政権の誕生で、今後、当分、政権交代は起こらないと考えているが、それで“禊”のハードルが安易に低くなったとは思えず、政権による国民への裏切りが起こりづらくなっただけだろう。それだけでも民主党政権に比べれば大きな前進だが、少なくとも憲法を変えることが出来る政権のうちに、憲法を変えざるを得ない事態が起きるのが既定路線であり、それが神々の計画なのではないだろうか。

神様が大勢の人の命を奪うなんて、というセンチメンタルな意見を耳にすることがあるが、人間の人生は生か死か、ではなく、死までの時間が長いか短いか、であり、死というものは人間にとって避けられないものである。未来の子孫の幸運のために、現在の我々が不運を被ることもありうる。大東亜戦争で散華した英霊たちは時代的には不運だったが、彼らの不運のおかげで、我々の戦後の幸運があった。福島の原発で安い電気を大量に使えた我々は幸運だったが、我々の子孫は長年に渡って放射能と戦わなければならない不運を背負ってしまった。人生に運不運はつきものだが、こういう見方をすると運に対する新しい見方が出来るのではないだろうか。

話がそれてしまったが、何はともあれ悠仁親王殿下の御誕生日をお祝いしたいと思う。悠仁親王殿下の存在こそが、日本の未来の希望の象徴であり、神々のメッセージであり、将来の輝く日本の保証書のようなものである。しかしその前に一苦労あるかもしれない。勝って兜の緒をしめよ、ではないが、日々油断なく過ごしていきましょう。

                             人気ブログランキング
スポンサーサイト

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。