日本が好きなだけなんだよ

Date : 2012年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河本準一の家族の生活保護不正受給の背後に広がる巨大な闇

                                   人気ブログランキング

河本準一の母の生活保護の不正受給問題で、片山さつき議員に見当違いの批判を浴びせるマスコミ・芸能界関係者

namapo.png

片山さつき議員批判続々…杉村太蔵「お門違い」河口恭吾「アホかつーの」 2012年5月28日 ライブドアニュース

元国会議員で現在はタレントとして活動している杉村太蔵が27日、TBS系「サンデージャポン」に生出演し、お笑いタレント・河本準一の母親の生活保護受給問題を追及する自民党の片山さつき議員に対し、「(実名を挙げての追及は)国会議員の仕事じゃない!」と語気を強めて批判した。

片山議員をめぐっては、歌手の河口恭吾も自身のブログで、実名こそ出していないものの「国会でまで取り上げることか?」と問題提起するなど、批判の声があがっている。「サンジャポ」で同じ元小泉チルドレンの一人である片山議員に対し、「国会議員なら、本来なら不正受給よりも役所の不正支給を追及すべき」と厳しい口調でぴしゃり。「国会議員が(タレントの)実名を挙げて(ツイッターで)追及するなんてお門違い。それは国会議員の仕事じゃない!」とまじめに批判した。

これには司会を務める爆笑問題の太田光も「オレたち(芸人が)しゃべると、(同じ芸人仲間の河本を)かばってるように見えるだろうけと」と口を開き、「ツイッターでいかにも市民運動みたいに、“巨悪”と戦うみたいな、あたかも(リビアの)カダフィ(大佐)をやっつけたかのようにするのは、オレちょっととんちんかんな気がする。ツイッターをやってる純真な人たちを利用している気がする」と疑問をぶつけた。

片山議員がツイッターで実名を挙げ、河本“糾弾”の先頭に立っていることに、疑問を投げかける声は次々とあがっている。「桜」のヒットで知られる歌手・河口恭吾は「河本さんの謝罪会見」と題し25日夜に更新した自身のブログで、「いちタレントの事を国会でまで取り上げることか。アホかつーの。国会では議論すべき問題がその他に沢山あるでしょうが。ていうか議員さん達なんて今回の件の額なんて笑い飛ばせるような利権をむさぼり食ってきたんでしょうが。」と厳しい口調。「それを今更なにを平然と…。まぁ、それが政治家か。政治も人気獲りのマスコミのまねごとをしてきているのだとしたらこの国は本当に末期ですね。」と河本追及の“裏側”を推察し、批判を繰り広げた。(一部略)


sugimurataizou.jpg
杉村太蔵。元国会議員(一期)元小泉チルドレン。親父のコネで比例名簿に掲載され国会議員になる。議員任期中になぜか公設秘書が自殺。

(サンデージャポンでの発言)

杉村太蔵
「国会議員は本来、不正受給を追及するのが仕事ですよ、世の中は高齢化社会ですし長らく不景気続いて、当に生活が困ってる人が増えてるって事ですよ」

西川史子
「増えてるけど、そうじゃない人も貰ってる」

杉村太蔵
「国会議員はそういう大きい問題を改善するのが仕事ですよ」

西川
「だからそれをやろうとしている」

デーブ・スペクター
「参議院は6年間遊んでる人ばかりじゃないんですよ、ちゃんと仕事してる人もいるんですよ悪いけど間違ってはいけないのは、権限使って名前を出したわけじゃなく、女性週刊誌が芸人Aといって最初出して、別の雑誌が実名出したんですよ」

杉村太蔵
「何を言ってるんですか、生活保護を受給してるなんて言う事はね本当にプライバシーでね、一番知られたくない事ですよ。そんなことを国会議員が実名で言ってね、公表するのは許される事じゃないですよ!」

西川
「でも片山さんを言うのはお門違いだよ、片山さんが悪い事したわけじゃないんだから」

杉村
「いやいや、国会議員の仕事じゃないねこれは」


otahikaru.jpg
太田光。ご存知反日左翼の電波芸人で、奥さんは在日朝鮮人。

kawaguchikyougo.jpg
河口恭吾。創価学会信者の歌手。学会員の多い国交省経由で仕事をもらったこともある。創価学会は名誉会長からして朝鮮人。幹部、信者に在日多数。

創価学会で俺は変われた
シンガーソングライター 河口恭吾さん
http://ameblo.jp/soka-sgi/entry-10823323280.html


道路財源で広報用CD制作:滋賀国道事務所、1060万円支出
http://blog.goo.ne.jp/iniciative/e/f1dc739adc23646c9f4a12f74c1f726b
国土交通省滋賀国道事務所(大津市)が05年3月、ガソリン税などの道路特定財源から、道路事業をPRするCDの制作費として、約1060万円を支出していたことがわかった。大津市内のテレビ局と委託契約した事業(総額約3450万円)の一部で、同省は「適切な支出とは言えない。行き過ぎたものについては今後見直していく」としている。同事務所によると、CDは05年度に実施した「道路ふれあい月間行事」に伴い、同テレビ局に委託して2千枚を制作した。歌手の河口恭吾さんが作詞作曲と歌を手がけ、「会いにゆくよ」と題した曲を収録。道路整備に理解を求めるため、同事務所が県内の小学校関係者に配布したという。

(2008年2月27日付け朝日新聞:同日付け京都なども報道)


呼び掛けられた片山さつき攻撃

引用サイト
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/2012/05/blog-post_28.html


2012年5月28日月曜日
呼びかけられた片山議員への攻撃はバレてるよ
個人が行なっているネットニュース。
大手から仕事を請けて記事を書くときもある。
どこだか言わないが事実だ。

あまりひどいようであれば公表する。
同じ話題に大手系列と同調して参戦している。
注意して見ていると歩調を合わせている。

( - ゛-) ばれてるよ。

河本擁護はネットから批判を受けやすい。
片山さつき議員を攻撃するのは同調者もいる。
叩く行為自体が同調者を作りやすい。
別の河本を擁護する手法だ。

よくやる手である。

どうやら河本擁護は反感が多いから戦略を変えた。
一斉に片山さつき議員叩きに変えている。

悪い奴らだ。

味方のようなふりをしたネットの住民がいる。
この事実を何で知っているかと言うと・・

僕の事務所に個人のネットニュースの人がキタ。
この人だけではなくいろんな人が訪ねてキタ。

10年前のことだ。
覚えている人もいると思う。
半年も続けていなかったがブログを書いた。
このブログのアクセス数はニュースサイトを越えた。
はじめてのことだったらしく騒がれた。

なぜアクセス数が増えたかと言うと・・
ブログの創業期から書いている方が紹介してくれた。
有名なサイトらしくそこからアクセスが多かった。

改めて御礼を言っておきます。

このことがあり事務所に訪ねてくる人が何人もいた。
みなさんネットの世界では有名な方だ。

個人でネットニュースをしている方もキタ。
その時に僕の事務所に来た男がいた。
こいつ盗聴器で聞いて来たのだ。

大手のネットニュースに関わる奴だ。
こいつが事務所に現れ確か名刺を渡していた。
連絡先を交換していたのだ。

僕はその事実を知っている。

河本の件で大手メディアが動いている。
片山議員への攻撃を呼びかけられているようだ。
ネット住人の分離を行なう工作活動である。

河本の不正の追及の声を高めよう。
片山議員らを守り真実を表に出し裁きを受けさそう。
これは大手メディアとの戦いである。

メディアの都合でジャッジされて堪るか!

戦うぞ!

(。-_-。) まる。


わざとらし過ぎる河本擁護

「ミヤネ屋」で宮根誠司が河本準一を擁護 「僕らの感覚で言うと不正には当てはまらない」 2012年5月28日 J―CASTニュース

宮根、森永、麻木らが「擁護」

河本さんを擁護している業界人は少なくない。会見当日の5月25日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)では宮根誠司さんが「僕らの感覚で言うと不正には当てはまらない」、

森永卓郎さんが「不正受給っていう言葉を使って、実名を出してっていう所までやるのが正しかったのか」など河本さんを応援する姿勢だった。

ツイッターでは麻木久仁子さんが「あの議員さんたちは、恵まれた環境に生まれ高い教育を受けさせてもらい、社会に出てからも陰に陽に守ってくれる親や親族、縁に恵まれたことへの感謝の気持ちはないのかな。今の自分は全て、自分一人の力でもなかろうに。謙虚さこそが"伝統的日本人の美徳"ってえやつじゃないのかな」、松尾貴史さんが「藝人をいじめて愉しセレブ議員」とツイートするなど、河本氏を追及する世耕弘成議員や片山さつき議員を批判している人もいる(以下省略)


ワイズビジョン 
1998年3月20日に讀賣テレビ放送(ytv)と吉本興業が合弁で設立
(出資比率はytvが51%、吉本が49%


主な制作番組
情報ライブ ミヤネ屋(スタッフ協力)
かんさい情報ネットten!(スタッフ協力)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3


miyane.jpg
宮根誠司。フリーのアナウンサー。隠し子作って私生活も絶好調。この人にモラルを問うのがそもそもの間違いか?

morinagatakurou.jpg
森永卓郎。経済アナリスト。別名:反日テレビ局ご用達の茶坊主。政治的な信念として日本の非武装を主張しているが、日本が他国に侵略されたらアメリカに逃げると公言してるどうしようもない人物。

asagikumiko.jpg
麻木久仁子。女優。顔は誠に綺麗だが、既婚中の状態から不倫の末他人の夫を略奪婚で奪ったことで有名。謙虚さと日本の美徳を語っているが、麻木に最も必要なのは羞恥心なのかもしれない。


生活保護不正受給の闇


○ヤクザの資金源(組員の生活費)

○在日朝鮮人の大部分が受給

H240316 参・予算委 片山さつき議員 「(在日の)生活保護費について」抜粋 2分
http://www.youtube.com/watch?v=xrMz8cWPnPg&feature=player_embedded
「生活保護費は2010年度で3.3兆円。このうち仮試算で1200億円弱も外国人に払っている。保護率は日本人の2、3倍。3分の2が朝鮮半島出身の方だ」

○ホームレスに生活保護を受けさせ、ピンハネする貧困ビジネスの原資

○外国人優遇

“生活保護”むさぼる在日外国人!悪質すぎる不正受給の手口とは
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120524/dms1205241810016-n1.htm

130 :名無しさん@恐縮です:2012/05/27(日) 14:28:20.75 ID:5oyYT7lC0
この問題は実に闇が深い、全ては裏で繋がってる、、、、

・総連、民潭等の在日利権を食い物にする団体の圧力
→自分達の生保の不正受給を顕在化させたくない

・吉本のブラック企業としてのマネーロンダリング
→芸人の給料を低くして金を貸付け生保(税金)で返済させる
→他の芸人達とその家族も芋づる式に不正受給発覚する可能性

・河本とその親族達のモラルの低さ
→在日利権意識で極限まで低下したモラル、親族ぐるみで働かず生保を受ける悪質さ

※河本自体は「貰えるものはもろとけ」と言い放つ道義的責任のみだが、母親については収入を得てからも貰い続けていたのは許されない
姉が主張する「不正なら認められるワケないでしょ!」については
そう、共犯者がいるのだ、それが↓

・チョンやBと繋がってる公務員
→入れ墨等に象徴される腐敗公務員達の在日特権を認める不公正な支給基準。陰に隠れているがこいつらが認めなければ「不正受給」はない 

全てに繋がる「闇」日本社会を歪ませるそのキーワードは「在日」、、、、、
こんな国民の血税に群がる寄生虫達が日本を食い潰そうとしているのだ!
断じて許してはならない!

long280315.jpg
月40万もの住宅ローン支払いを理由に、母親に生活保護を受けさせていた吉本芸人。吉本興業の組織ぐるみの不正受給関与の疑惑も浮上してきた。

キングコング梶原
自分は一軒家に住み、マンション買ってそこに母を住まわせ、毎月40万円のローン返済しながら生活保護を受けさせる。

今年8月にローン完済するので8月までで生活保護は打ち切る”予定だった”

兄は航空管制官

母は特製ご飯のお供レーベンスクラフトの「おかんのじゃこ入り塩こんぶ」(760円~/4種類)を発売
kingkong1.jpg
美味しすぎる親孝行ビジネスもやめられません。

一族で生活保護にたかっていた河本家

なんと母・姉・叔母らが隣近所に別々に住み、それぞれ個別に生活保護もらっていた…週刊新潮報じる 2012年5月25日 サーチナ

母親の生活保護不正受給問題について会見し、神妙な面持ちで認識の甘さを謝罪した河本準一。同問題の幕引きを狙ったものとみられるが、騒動は沈静化するどころか、新たな疑惑が浮上している。

週刊誌『週刊新潮』最新号は、“生活保護大騒動!「河本準一」の「伯母」「母」「姉」の生活水準”という記事の中で、母親のほかに、姉、叔母Aと叔母Bも生活保護を受給していると報道。母親の自宅の隣のアパートに伯母A・Bが、その近所の2階建ての家に姉が住んでおり、それぞれが生活保護費を受けていたという。

なお、会見では、「母親以外にも受給を受けている親族はいるのか」という質問に対し、同席した弁護士が「親族の生活状況はきわめて個人的な話になるので、お答えを控えさせていただきます」と返答。母親以外の親族の受給については明言を避けた。

河本の姉は先日、週刊誌『週刊現代』の取材に応じ、「(母親が)不正受給と言われるのは心外。じゃあ、なんで市役所が認めたんですか! 不正だったら認められないでしょ!」「徹底的にやればいい。(片山さつき議員は)後で謝ることになる」と、逆ギレともとれる発言をしていた。

『週刊新潮』の今回の報道を受け、ネットユーザーからは「姉、逆ギレする訳だ。自分ももらってたんだから」「まず働けない理由から問い詰めようか」「一族揃ってプライドないのが凄いなあ」「世の中、図々しい奴が勝つんだね」など、批判の声が続々とあがっている。根が深そうなこの問題、まだまだ尾を引くことになりそうだ。

vlnews055803.jpg
↑2012年5月31日までの時点で判明している河本一族の生活保護受給状況

河本準一 妻の母も生活保護を受給
http://www.news-postseven.com/archives/20120531_112325.html

年金未納問題で袋叩きにされた江角マキ子

・日本人の"江角マキコ"国民年金未納の事件では、連日のようにTVマスコミと民団芸人や民主党が江角マキコ叩き続けた。

・日本人の"江角マキコは謝罪をあっちこっちで要求され、TVもCMも全て干され出てこられなくなりました。

・民主党の菅民主党代表に至っては"江角マキコ"を国会招致するまで国会審議を全て拒否するとまで大騒しました。

年金未納より金額も多く、悪質なはずの河本準一にはメディアも甘く、わけのわからん擁護が沢山湧いてくる不思議。

(コメント)
自民党の片山さつき議員を特に応援しているわけでもないが、石原慎太郎都知事の尖閣諸島購入の件同様、場合によっては一致団結して協力しなければならない時もある。

河本準一の母の生活保護不正受給の背後には、生活保護不正受給の大きな闇が広がっており、一部のマスコミや芸能人が河本を不自然に擁護し、片山議員を不自然に叩く所以でもある。こういう連中が間抜けなところは、河本に頭下げさせておいて、そっとしておけば自然と鎮静化するのに、自分達でわざわざ火に油を注ぎ、火が他にも燃え移ってしまうことである。

昔だったらこの手の世論操作も上手くいったのだろうが、今のご時勢ではなかなか難しい。反日朝鮮勢力への忠誠心のつもりで河本を擁護したり、片山議員を批判するのだろうが、客観的に見て、愚かとしか言いようがない。まあ、河本を擁護してる人間は「ああ、なるほど」というような、モラルを語ること自体が疑問視される人間が多いようだが、歌手や芸人風情がドヤ顔で一般人を惑わすようになっては、それこそこの国は終わりだろう。

片山議員は新幹線で脅迫を受けたそうだが、末端の暴力団員が生活保護で暮らしているのは有名な話で、その背後に部落や在日朝鮮人の巨大な生活保護利権が存在している。まともに働いている日本人には馬鹿馬鹿しい話だが、生活保護を打ち切られ、おにぎりが食えなくて死ぬ日本人がいる一方で、生活保護でパチンコしている在日ヤクザや、一族で生活保護を受け取って、悠々自適に暮らしている朝鮮人が多数存在しているのである。

恐らく大部分の日本国民は片山議員の味方だろうと思われるので、一部のメディアや芸人の圧力に負けず、今後とも生活保護の不正受給について追及していって欲しいものである。

komototokei.jpg
seikatsuhogo.jpg
制度を悪用して利権を貪る人間がいる一方で、本当に生活保護が必要な人間が弾き出される現実がある。生活保護に当てられる原資には限りがあるので、当然、悪用する人間が多ければ、その分のシワ寄せを本当の社会的弱者が命で支払うことになる。本来ならば、恥知らずな芸人を擁護することがマスコミの役割ではないはずだが・・・



                                   人気ブログランキング
スポンサーサイト

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。