日本が好きなだけなんだよ

Date : 2011年12月19日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮の金正日総書記が死亡

                                   人気ブログランキング

金正日総書記が死去=正恩氏に権力継承へ-北朝鮮情勢、不透明に 2011年12月19日 時事ドットコム

long1324273111275.jpg
金正日の死亡を伝える日本のフジテレビの特報番組が、なぜか追悼番組に見える不思議。アナウンサーが悲しげで金正日の生前の写真も良いものを使いすぎである。画像を加工してシミなどを消してあるようだ。

北朝鮮の朝鮮中央テレビが19日伝えたところよると、北朝鮮の最高指導者、金正日労働党総書記が17日午前8時30分(日本時間同)、現地指導の際、列車の中で心筋梗塞を起こし、心原性ショックを併発、死去した。69歳だった。朝鮮中央通信は三男、金正恩中央軍事委員会副委員長(28)を後継者と伝えており、軍部を中心に体制維持を図るとみられる。しかし、圧倒的な統率力で独裁体制を維持した金総書記の死により、北朝鮮をめぐる情勢は一層不透明となった。核兵器と弾道ミサイルの開発を進める北朝鮮の行方は予断を許さない。

金総書記の遺体は首都平壌市内の錦繍山記念宮殿に安置された。正恩氏らが葬儀委員会を構成、28日に平壌で葬儀、29日に中央追悼大会を行う。29日までが「哀悼期間」となる。韓国政府は国家安全保障会議を緊急招集。韓国軍は不測の事態に備え、全国で非常警戒態勢に入ったが、北朝鮮軍に特異な動きはない。中国も難民の大量流入などの事態を懸念し、北朝鮮との国境付近の軍の配置を強めるとみられる。

金総書記は心臓や腎臓に疾患があり、糖尿病も進行していた。2008年8月に脳血管の疾患で倒れ、一時動静が途絶えた。同年11月に現地指導などの活動を再開した。

10年9月の党代表者会と中央委員会総会で後継者に確定した正恩氏は軍の支持を受けており、軍事優先の「先軍政治」体制が存続される見通し。拉致問題解決の見通しが立たない日朝関係も当面、大きく変化する可能性は低い。


北朝鮮と統一教会の深い関係

bakanoshuugoushashinn.jpg
がっちりと握手を交わす統一教会の文鮮明と北朝鮮の金日成

統一教会の教祖・文鮮明は、日本統治時代の朝鮮・平安北道定州郡(チョンジュグン)で1920年に生まれている。平安北道(へいあんほくどう、ピョンアンプクト)は、日本統治時代の朝鮮の行政区画の一つ。現在の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の平安北道・慈江道を合わせた地域にあたる。つまり教祖からして、筋金入りの北朝鮮シンパというわけである。

韓国の平和自動車(ピョンファじどうしゃ)は、統一教会系の企業でもあり、社長は統一教会の幹部、朴相権(パク・サングオン)。平和自動車は北朝鮮で工場を建設して自動車の生産を行なっている。

その他にも、北朝鮮の国営ホテルの経営を統一教会系の企業が任されるなど、その結ぶ付きは非常に強い。

(コメント)
寒さも厳しい折に、金正日死亡のニュースが飛び込んできたが、日本人を拉致した張本人であり、朝鮮総連の裏側にいる人物だったこと思えば、正直何の感慨もなく何の感想もない。朝鮮カルト宗教である統一教会と北朝鮮は蜜月関係にあるが、そのことを考えれば、統一教会の影響が色濃い日本のフジテレビが追悼番組を演出しても、特におかしいことではないのかもしれない。

韓国と北朝鮮は統一教会を通じて繋がっており、第二次朝鮮戦争が起こらないのは、統一教会が北朝鮮に利益供与を行い、韓国の政財界にがっちり食い込んでいるからだろう。日本のパチンコ業界の利益なども、統一教会を通じて北朝鮮に送金されている可能性が大きい。もし北朝鮮に韓国を攻めさせたいのなら、まず統一教会を滅ぼすことであり、統一教会による北朝鮮への輸血を断てば、破れかぶれになって北朝鮮が韓国に戦争を仕掛ける可能性は存在すると言えるだろう。

将来、統一教会の仲立ちで、韓国と北朝鮮が統一するという事態も起こるかもしれないが、在日朝鮮人が帰国してくれるのならともかく、そうでないのなら、韓国と北朝鮮は反目し合って潰しあってくれた方が理想的である。親から子への権力の委譲もあり、その前に北朝鮮の国自体が治まるかどうかが見物だが、クーデターでも起きて内乱にでもなった方が娯楽としては見応えがあるのかもしれない。

abarennbousyougun.jpg
さよなら将軍様、二度とこの世にさまよい出てくるなよ 

                                  人気ブログランキング
スポンサーサイト

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。