fc2ブログ

日本が好きなだけなんだよ

Date : 2011年03月26日

日本はまだ麻生太郎の力を必要としている

                                   人気ブログランキング

日本はまだ麻生太郎の力を必要としている

麻生太郎元首相、被災地・福島で相馬市長ら現地スタッフを激励 2011年3月24日 ニコニコニュース
136963.jpg

麻生太郎元首相は2011年3月24日、東日本大震災で甚大な被害にあった福島県相馬市の市役所で開かれた災害対策会議に出席。立谷秀清市長をはじめとする現地スタッフに、「立谷市長は平時でも良い人かどうかは知らないが、非常時にこうしたリーダーに恵まれたことは不幸中の幸いだ」と励ましの言葉を贈った。

相馬市は福島県の東北に位置し、東日本大震災の被災によりすでに200人超の死者が出ている。また隣接する南相馬市は福島第1原子力発電所に近く、相馬市でも市外へ避難する住民がいるという。

会議に出席した麻生元首相は「市の職員にも自身や家族が被災した方は多いだろう。公務とは言え、身を挺して頑張っている方に敬意を表したい。全国民がそう思っている」と述べ、

「こうした会議では結論を出すことが重要。そういう意味では、平時は良い人かどうか知らないが、非常時に立谷市長のようなリーダーに恵まれたことは不幸中の幸いだ」

と、的確に指示を出す立谷市長と会議の内容を評価し、出席者を激励した。

この日の災害対策会議では、消防担当からの遺体収容数の報告や、遺体の搬送に霊柩車が足りなくなった場合の対応について 立谷市長の指示があったほか、立谷市長から麻生元首相に「仮設住宅の建設を進め避難所となっている学校を空けないと、学校を再開できない」との陳情がなされた。(土井大輔)


麻生元首相、福島・相馬市で地元の野菜を味わう 「1年間摂取しても健康に影響はない。過剰反応は慎んで」 2011年3月25日 毎日新聞

麻生太郎元首相は24日、相馬市で風評被害が広がっている地元産野菜を味わった。原発事故で一部野菜から放射性物質が検出され、汚染が確認されていない野菜も売れなくなっている。元首相はこれらシイタケやトマトを食べて「1年間摂取しても健康に影響はない。過剰反応は慎んで」と訴えた。

元首相は相馬家33代当主の相馬和胤さん(長野県在住)の義兄に当たる。市立中村第一小の避難所を視察し、被災者から「原発事故を解決して」「JR常磐線の復旧を急いで」などと要望を受けた。


麻生元総理 相馬市民を激励 広報そうまウェブ
aso.jpg

元総理大臣・麻生太郎衆議院議員が3月24日、本市を訪問し避難所となっている中村第一小学校などを視察し、市民を激励しました。麻生氏はまず、相馬市役所を訪れ立谷市長と会談後、老人保健施設ベテランズサークルを視察、入所者らに励ましの言葉をかけました。

中村第一小学校では、避難者のいる教室を一つひとつ回り、「生き残った者ががんばらないと」などと激励しました。麻生氏に同伴した立谷市長も同小学校の避難者に「みんなと一緒にここでがんばる。食べ物も持ってくるからがんばろう」とエールを送りました。

麻生氏は災害対策本部会議にも参加し、市内の復興作業の状況などの報告を聞いたあと、今回の震災の犠牲者への哀悼の意と作業関係者をねぎらうあいさつを述べました。そのあと、相馬産のしいたけやトマト、避難者に配給されているものと同じサバ缶やおにぎりを食し、視察を終えました。


ツイッター

http://twitter.com/#!/matsuyamariki/statuses/50881622798639104
麻生太郎ちゃんが来てた!ビックリ!太郎ちゃんって本人に言ったら返事しょった(笑)

www_dotup_org1458987.jpg

放射性物質の拡散がひどくなり、福島県から他県に人が逃げているような状況で、政治家として福島県の被災地に激励に入ることはなかなか出来ることではない。現場の士気も上がったのではないだろうか。天皇皇后両陛下のご意向で、那須の御用邸の風呂が避難民に開放されたというニュースもあったが、非常時ほど人間の本質が露わになる時はない。テレビカメラを連れてコンビニにパフォーマンスに行ったレンホウなどとは大違いである。

福島第一原発の放射能漏れ事故の流れ

527 名前:文責・名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 08:58:11.96 ID:3DkFvbZO0

■人類史上最大の放射性物質外部漏洩事故、福島原発危機の流れ

1) 米軍がホウ酸を空輸。原子炉へ注入を提言。
2) しかし東電はホウ酸注入=廃炉の為これを拒否。
3) 東電は軽水注入冷却を計画し、政府に蒸気放出を申請(炉の蒸気は放射性で外部放出には政府許可が必要)
4)ところが翌日菅総理が視察に行くので海江田大臣は蒸気放出をやめるよう指示。
5) 蒸気放出は結局、菅総理の視察が終わった夜明け以降に実施。
6) この遅れで1号炉外部容器内圧力が既定値の2倍以上に。
7) 蒸気放出作業は14時過ぎに実施できたが、15時36分、1号機が爆発。
8) 現場の放射線線量上昇。制御室作業困難に。
9) (8)が理由で放置してた3号機が爆発。
10) 2号機が爆発。
11) 4号機が爆発。
12) 現場の放射線線量が膨大となり人間作業ほぼ不可能に。
13) 東電、作業継続は困難と判断。政府に全面撤退を打診(あとは自衛隊と米軍に対応を委ねる構えだった)
14) 菅総理これを拒否。作業継続を叱咤激励。
15) 打つ手ないまま2日間経過。
16) 4号機の再臨界危機が政府に認識される。菅総理はこの時点で「東日本がなくなる」と説明受ける。
17) 陸自ヘリによるバケツ投水。効果見られず。
18) 東京都消防員に遺書を書かせた上で手動放水を命令。効果見られず。
19) オバマ大統領、放射能下で活動可能な特殊部隊を沖縄に配備。「日本政府の要請あれば即座に福島原発に投入可能」
20) 菅総理これを拒否。


日本史上最悪の原発事故は民主党の事業仕分けによって起きたのか

2年前にIAEAが警告か 米公電を基に英紙報道
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031622470108-n1.htm

16日付の英紙デーリー・テレグラフは、国際原子力機関(IAEA)の当局者が約2年前に、日本の原発の耐震安全指針は時代遅れで、巨大地震が発生した場合は持ちこたえることができない可能性があると警告していたことが分かったと、内部告発サイト「ウィキリークス」が入手した米外交公電を基に伝えた。

報道によると、IAEA当局者は、2008年12月に主要国(G8)の原子力安全保障を協議する会合で警告した。日本は06年に原発耐震指針を25年ぶりに改定していた。IAEA当局者は、日本では過去35年間にたった3回しか指針が改定されていないと説明、IAEAが内容を再調査していると語ったという。

会合で、この当局者は最近発生した地震はいくつかの原発の耐震設計基準を超えていると指摘し、深刻な問題だと懸念を示した。日本政府は警告を受け、原発の安全性を高める約束をしたという。(共同)
               
        
        ↓
麻生総理が原発安全対策予算を盛り込む
http://www.bb.mof.go.jp/server/2009/dlpdf/DL200911001.pdf
ページ:59/995に記載

        ↓
政権交代・民主党政権へ

        ↓
民主党の枝野(当時:行政刷新担当大臣)に仕分けされる
http://www.47news.jp/news/2010/10/post_20101019225402.html
事業仕分け第3弾の対象事業一覧 
行政刷新会議が事業仕分け第3弾の重点対象とする特別会計個別事業は次の通り。

【エネルギー対策特会】住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金、家庭用太陽熱利用システム普及加速化、温泉エネルギー活用加速化、先進的次世代車普及促進、廃棄物エネルギー導入・低炭素化促進、省エネ自然冷媒冷凍等装置導入促進、電源立地地域対策交付金、電源立地等推進対策交付金、原子力施設等防災対策等委託費、原子力施設等防災対策等交付金、廃止措置・放射性廃棄物研究開発、高速増殖炉サイクル実用化研究開発

(以下略)

        ↓
民主党政権が今年2月に福島原発の今後10年の延長使用を承認

【東電福島原発1号機、40年超の運転認可=経産省(時事ドットコム 2011/02/07)】
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201102/2011020700679
東京電力は7日、運転開始から3月で40年を迎える福島第一原発1号機(福島県大熊町)について、40年経過後さらに10年間運転を続けるための保安規定の変更認可を、経済産業省原子力安全・保安院から得たと発表した。


マスコミ絶賛の政権交代詐欺で生まれた菅首相の醜態

20110107-00000163-yom-000-1-view.jpg


菅首相が情緒不安定に 突然号泣することも 2011年3月24日 人民網

日本の東北地方で起きたマグニチュード9.0の大地震、大津波、福島の原子力発電の爆発事故、日本全国が直面する放射能漏れの危機など、すべてのことがわずか2週間で発生した。菅直人首相の支持率はその前に低迷していたが、前代未聞のプレッシャーがかけられた菅首相は情緒不安定になり、突然泣き出すこともあるという。

香港メディアの報道によると、今回のような大きな災難に見舞われたら情緒不安定になるのが普通だが、菅内閣は対応が遅く、救援も遅れているという批判の声が上がっている。また、放射能漏れを恐れて被災地に視察に行かず、放射能漏れの程度をすぐに発表しなかったなど数多くの不満が重なり、菅内閣にかけられる圧力は増す一方だ。

菅首相に近い人物によると、首相は突然泣き出すこともあるという。有名コラムニストの勝谷誠彦氏はブログの中で、「菅直人首相が号泣するなど精神的に不安定になっている」という情報を複数の官邸筋から入手したと記した。

日本のネットユーザーは、日本の災難は首相一人で負担できない状況にまで悪化し、首相は野党と「大連立政権」を樹立すべきだとしている。菅首相は19日に数人の民主代表経験者と大連立構想をめぐって会談を行ったが、自民党の谷垣禎一総裁は入閣要請を拒否した。


引きこもりを続ける菅首相 2011年3月25日 産経ニュース

東日本大震災は25日で発生から2週間となるが、菅直人首相はこの間一度も記者団のぶら下がり取材に応じていない。首相官邸の記者会見場で一方的な「国民へのメッセージ」を 発することはあったが、ほとんど質問は受けつけず、国民の疑問に答えなかった。

「引きこもり」を続ける首相に最高指揮官の自覚はあるのだろうか。

「皆さんの熱気が伝わってくる。日本の危機を乗り越えるため歴史的な仕事をしているというプライドを持って頑張ってほしい!」

首相は24日夕、内閣府に設置された被災者生活支援特別対策本部を訪れ、職員をこう激励した。気分が高揚していたのかもしれないが、「熱気」「歴史的」との言葉に被災者へのいたわりは感じられない。ちなみに滞在時間は4分だった。

ルース米駐日大使は23日、宮城県石巻市の避難所を訪問した際、被災者の肩を抱いてこう励ました。「米政府はどんなときも皆さんを支援する。できることは何でもしたい。自然は人の命を奪うこともあるが、人の魂や思いを奪うことはできない…」

この真摯(しんし)で誠実な態度は多くの人の胸を打った。同時にこう思ったはずだ。「それに比べてわが国のトップは…」

ある政府関係者は、最高指揮官の類型として(1)有能有為(2)無能無為
(3)有能無為(4)無能有為-の4パターンを挙げ、こう言い切った。

「首相がどれに当てはまるかもう分かるだろう。
無能なのに、できもしないことをやろうとする無能有為型だよ…」

未曽有の国難に直面した今、首相の唯一の得意技である「逃げ」と「思いつき」はもはや通用しない。(抜粋)


民主党名言集@東日本大震災2011

菅首相
「僕は原子力に詳しいんだ」
鳩山前首相
「海水からホースをひけばいいと思う」
安住国対委員長
「学校のプールにガソリンをためればいいと思う」
中堅議員
「国会に来てもやることがない」
松本外相
「日韓両国が近くて近い国と感じている」
辻元補佐官
「軍隊という組織がいかに人道支援に適していないか」
枝野官房長官
「住民の健康被害についてはコメントするな、保安院にはもう会見させるな」
仙谷官房副長官
「どういうことだ。俺を誰だと思っているんだ」
「乱暴副長官になる」
海江田経産相
「俺たちの指示に従えないのなら、お前らやめさせてやる」
蓮舫節電啓発相
「初めてのことなので」
「いつもの二倍の量の商品を提供させていただく」
小宮山厚労副大臣
「対応が遅いと思われるかもしれませんが、なにぶん初めてのことで」
三宅雪子
「アロマの匂いを楽しみながら英語を勉強を」
「ガソリンってポリタンクでは売ってくれないって知ってた?」
菊田外務政務官
「エステと買い物を楽しみたい。ステキなお店を調べて予約して」
民主党平議員
「自民党さんがんばってください、僕らの分も政府に言ってやってください」
岡田幹事長
「アリーナには人もモノもあり~な」(本人は否定)
政府
「支援物資は自治体から要請を受けて送るのが原則だが、今のところ要請が無い」


関連記事
【世論操作】マスコミと民主党が行った歴史に残る政権交代詐欺【大衆煽動】


(コメント)
日刊ゲンダイはどうしようもないゴシップ紙で、キチガイ丸出しの極左のタブロイド紙だが、そのゲンダイが紙面で、東日本大震災の被災地の避難所で、灯油不足で何人もの被災者が凍死している記事を報道していた。キチガイの左翼が正気に戻るほどの大地震、国難だということだろう。

菅総理は東日本大震災の発生以来、無能無策を晒し続けているが、当ブログが憂慮していたように、阪神大震災の時の社会党出身の首相、村山富市の再来となっている。政治というものはそれを軽視するものに、必ず復讐をするものだとどこかで読んだ記憶があるが、現在の東北地方の有様はまさしくそのとおりのものとなっている。

2009年8月の衆議院選挙まで、当ブログは一貫して麻生政権を支持してきたが、当時、テレビや新聞ラジオ、一部の馬鹿ブログが一斉に民主党支持を叫び、悪夢の政権交代が起きたことは記憶に新しい。自分にとって、東日本大震災のような大地震が起きて、その対策で売国反日の民主党政権が不手際を行うことは予想の範囲内であり、その責任は民主党はもちろん、国民を騙して政権交代を実現させた全てのメディア媒体に存在していると考えている。まともな人間としての感性があるなら、政権交代に関与したメディア関係者やブロガーは「恥を知れ」と言いたいところだ。

総選挙で自民党が大敗した際には正直絶望したものだが、もしこの選挙でそれほど負けずに現在、政権与党の座についていたら、今回の国難に直面し、それこそ何をしても民主党と比較にならないほどマスコミに叩かれ、次の衆議院選挙で文字通り自民党は消滅していたかもしれない。皮肉なことに、大敗したおかげで自民党は難を逃れ、再生の芽が残されたわけである。

マスコミは麻生太郎の支持者のインタビューに、悪意丸出しで女装した秋葉原のオタクを引き合いに出すことが多いが、自分に女装の趣味はなくオタクでもない。しかし、麻生太郎の識見や人物に好感を持っており、自分はマスコミ関係者より遥かに貧乏だが、麻生太郎の金持ちぶりに嫉妬したこともない。漢字の言い間違いで散々叩かれていた時も、漢字を間違えたからといって、それをネタに見下そうとは露ほどにも思わなかった。それどころか、直筆の返信欲しさに暑中見舞いでも書いて出そうかと思ったほどである。

麻生太郎は日本には数少ない、国難に対処出来る政治家の一人だと思っているが、衆議院選挙であれだけ負けてしまうと、さすがにもう再登板はないだろうと考えていた。しかし今回のような1000年に一度の大災害が起き、今後も大地震が予想される状況となると、もしかしたら・・・と考えてしまう。

麻生太郎の祖父の吉田茂は、選挙に大敗した後、再び首相の座に返り咲いているが、その孫は果たしてどうだろうか。麻生太郎本人が言うように、どちらかと言えば平時向きの首相ではないのかもしれないが、今はまさしく「有事」である。もし麻生太郎が再び首相の座に着くことがあるのなら、日本のためにその力を如何なく発揮してくれるのではないだろうか。

                                   人気ブログランキング
スポンサーサイト



アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top