fc2ブログ

日本が好きなだけなんだよ

Date : 2011年03月14日

【東日本大震災】民主党政権発足時から続いていた警告メッセージ

                                   人気ブログランキング

死者・不明3300人超=さらに拡大見通し-東日本大震災 2011年3月14日 時事ドットコム

東日本大震災の被災者は14日午前8時現在で、死者1598人、行方不明者1720人となり、3300人を超えた。壊滅した宮城県南三陸町で、約9500人と連絡が取れない状態が続いており、被害はさらに拡大する見通しだ。警察庁によると、死者は岩手502人、宮城643人、福島401人で、この3県を中心に12都道県に及んでいる。宮城県警の竹内直人本部長は13日、同県の犠牲者について「万人単位になることは間違いない」と述べた。

避難している人は東北・北関東の6県で約27万5700人に上り、岩手県や仙台市など一部の自治体は仮設住宅建設の検討を始めた。岩手県大船渡市で市庁舎や病院などに電気が通ったほか、宮城県でも仙台市を中心に回復の動きが出ているが、水道やガスを含め被災地のライフライン復旧のめどは立っていない。既に5万人が動員され、捜索・救助、食料輸送を続ける自衛隊は近く10万人規模に態勢を拡大、復興支援にも当たる方針だ。米国際開発局(USAID)の救助隊員ら各国からの支援隊も続々来日し、活動を本格化させた。

一方、気象庁は今後マグニチュード(M)7以上の余震が発生する確率について、16日までに70%、その後3日間以内で50%と予測、警戒を呼び掛けている。M5以上の余震は既に180回以上観測されたといい、震源域は岩手沖から茨城沖までの長さ約500キロ、幅約200キロに及んでいる。(2011/03/14-09:22)


的中した筒粥神事

世相は厳しい結果 諏訪大社下社春宮で「筒粥神事」 2011年01月16日 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20110116/CK2011011602000115.html(元記事消失)

今年1年の世相や農作物の豊凶を占う諏訪大社の「筒粥(つつがゆ)神事」が14日夜から15日早朝にかけて下諏訪町の諏訪大社下社春宮で行われ、世相を占う「世の中」は「三分五厘」と厳しい結果が出た。

諏訪大社七不思議の一つに数えられる同神事。雪が舞う中、神職らは束にしたヨシの茎44本を小豆入りの米とともに炊き、茎に入ったかゆの状態で稲、野菜など43種類の農作物と世相を占った。

神事を終えた北島和孝権宮司は「今年は怖い1年。過去20年間の中で最も悪い結果が出た」と語った。春は早めに訪れるが途中で予想外のことが起き、足をすくわれる相だという。また、農作物の豊凶は「秋蚕(あきご)」「サトイモ」「晩稲(おくて)」の3品目が大豊作、「インゲン」「ナスビ」が不作という。


民主党政権発足時から続発した神社仏閣での変事

再掲


民主党政権になって続発する神社仏閣での変事 2010年5月14日 日本が好きなだけなんだよ

2009年10月8日 伊勢神宮「樹齢数百年」巨木倒れる
台風18号の影響で、三重県伊勢市の伊勢神宮では、境内の杉の巨木が根元近くから折れたため、朝から参拝の受け入れを停止。この杉の木は、伊勢神宮の内宮の正殿近くにあったもので、樹齢がおよそ800年、幹の直径がおよそ3メートル、高さが40メートル以上。


2009年10月8日 伊勢の夫婦岩の大しめ縄が切れる
台風18号による荒波の影響を受け、三重県伊勢市二見町沿岸にある夫婦岩を結ぶ、二見興玉神社の大しめ縄5本がすべて切れた。約10メートル離れた夫婦岩を、約35メートルのしめ縄5本で巻き付けるように結んでいた。9月5日にしめかえたばかりだったという。

2009年10月14日 灘のけんか祭りで見物客1人が死亡
14日夕に同県姫路市の松原八幡神社付近で行われた「灘のけんか祭り」で、見物客の男性が神輿にぶつかって死亡。

2009年11月21日 神社の大木が倒れ七五三参拝の女性直撃 
福岡市東区箱崎1の筥崎宮(はこざきぐう)(田村靖邦宮司)で21日午前、木が倒れて参拝客の女性が怪我。倒れた木は高さ17メートル、幹回り2メートル25、枝ぶりの幅20メートルのエノキの大木。

2010年3月10日 鶴岡八幡宮のご神木の大イチョウが倒れる
鶴岡八幡宮(吉田茂穂宮司)のご神木とされる大イチョウが、10日午前4時40分ごろ、根元から倒れているのが見つかった。樹齢は800~1000年。

2010年4月3日 三重県の上げ馬神事で上がり損ねた馬が即死
三重県の無形民俗文化財として指定を受ける「上げ馬神事」が、東員町の猪名部(いなべ)神社で行われたが、壁を上がり損ねて転んだ馬が首の骨を折って即死するアクシデントが発生。

2010年4月18日 妻科神社のご神木のケヤキ倒れる
18日午後7時半ごろ、長野市妻科の妻科神社境内で、ご神木のケヤキ1本が倒れた。「どすん」という音を立てて地面に横倒しになったが、けが人や建物などの被害はなかった。翌朝も通り掛かった近くの住民らが驚いた様子で眺めていた。

2010年4月27日 永平寺 樹齢700年のご神木が真っ二つ
福井県永平寺町の曹洞宗大本山永平寺で27日夜、樹齢約700年の杉(高さ約45メートル、直径0・8メートル)が折れ、鐘楼堂に倒れかかり、屋根の一部を壊した。近くの祀堂殿の屋根にもはずみで折れた枝が当たり一部が壊れた。当時、強い風が吹いており、杉があおられて折れたとみられている。

2010年5月8日 長野の御柱祭 ワイヤーが切れて柱が落下し2人死亡
8日夕方、長野県下諏訪町の諏訪大社で行われていた御柱祭で、大木の柱を境内に建てていたところ、柱を支えていたワイヤが切れ、柱に乗っていた3人が15メートルの高さから地上に落下し、このうち2人が死亡。                
      
新潮45 2010年5月号

◆現代に宿る神々を求めて/山村明義
由緒ある神社に去年の春、鳩山由紀夫が願掛けに来た。選挙勝利の祈願だったが、その日の朝なぜか宮司が剃刀でひげを剃ろうとした時手元が狂い、顔から出血し血が止まらなくなってしまったという。


民主党政権になって続発する神社仏閣での変事 2 2010年11月21日 日本が好きなだけなんだよ

2010年5月5日 神社の祭礼中に馬暴れ6人重軽傷 滋賀・大津
滋賀県大津市長等の国道161号で、長等(ながら)神社(大津市三井寺町)の「5月例大祭」の行列に参加していた馬2頭が突然暴れ出した。このうち1頭に乗っていた男性(30)が落馬し、足の骨を折る重傷。また、馬の手綱を引くなどしていた16~54歳の男女計5人が打撲などの軽いけが。観客にけがはなし。

2010年08月25日 日吉神社境内の国の重要文化財の三重塔が落雷?で出火 岐阜岐阜県神戸町神戸の日吉神社の境内にある国の重要文化財の三重塔から出火、3階部分の屋根裏の一部が焼けた。現場周辺は当時、激しい雷雨だったといい、落雷の可能性があるとみて大垣署が調べている。

2010年09月06日 鹿島神社で樹齢400年の御神木の杉の木が突風で根元からなぎ倒される
宮城県加美町で6日夕から夜にかけて強い風が吹き、同町の鹿島神社で樹齢400年以上とされる神木のスギが倒れた。けが人はなかった。仙台管区気象台は7日、竜巻の可能性があるとみて調査を始めた。

2010年09月08日 三井寺境内の樹齢約300年のシイの大木が倒れる
滋賀県大津市園城寺町の三井寺境内にある樹齢約300年のシイの大木(高さ約10メートル、直径約70センチ)が、台風9号の強風で倒壊。

2010年09月23日 祭りの人混みに落雷、34人重軽傷
千葉県いすみ市大原地区では「大原はだか祭り」が開催されていたが、祭り終了後に神輿の担ぎ手らが終結していた同市立大原小学校の校庭に落雷があり、34人が負傷して病院に搬送された。

2010年10月10日 だんじりに挟まれ男性死亡
大阪府泉大津市で開かれた秋祭りで、だんじりを引いていた同市の男性(28)が別のだんじりとの間に挟まれて死亡した。

2010年11月02日 白鳥神社で樹齢800年以上のご神木のイチョウが根元付近から折れて倒壊
宮城県村田町村田の白鳥神社(村田守広宮司)境内で、樹齢800年といわれる町指定天然記念物の「イチョウ」の大木が根元付近から折れ、倒れた。同町内では同神社から約2キロ離れた倉庫屋根のトタンが飛ばされたほか、店舗の看板が壊れるなどの被害もあった。同町では「突風による被害ではないか」とみている。


反日マスコミ主導による大相撲叩き、春場所中止の影響

神事としての相撲

相撲は神事としての性格が欠かせない。祭の際には、天下泰平・子孫繁栄・五穀豊穣・大漁等を願い、相撲を行なう神社も多い。そこでは、占いとしての意味も持つ場合もあり、二者のどちらが勝つかにより、五穀豊穣や豊漁を占う。そのため、勝負の多くは1勝1敗で決着するようになっており、また、和歌山県、愛媛県大三島の一人角力の神事を行っている神社では稲の霊と相撲し霊が勝つと豊作となるため常に負けるものなどもある。場合によっては、不作、不漁のおそれがある土地の力士に対しては、あえて勝ちを譲ることもあった。また、土中の邪気を払う意味の儀礼である四股は重視され、神事相撲の多くではこの所作が重要視されている。陰陽道や神道の影響も受けて、所作は様式化されていった。

大相撲の神事


江戸中期以降の大相撲は特に神道の影響が強く、力士の土俵入りの際に拍手をうち、横綱が注連縄を巻くようになったのは、相撲の宗家とされた吉田司家の許可に基づくものである。東京での本場所前々日には東京都墨田区の野見宿禰神社に日本相撲協会の幹部、審判部の幹部や相撲茶屋関係者が出席して、出雲大社教の神官によって神事が執り行われる。

土俵祭とは、本場所の前日には立行司が祭主となって行なう祭事である。介添えの行司が清祓の祝詞をあげた後、祭主が神事を行い、方屋開口を軍配団扇を手にして言上する。この後、清めの太鼓として、呼び出し連が土俵を3周して式典が終わる。寛政3年(1791年)征夷大将軍・徳川家斉の上覧相撲の際に吉田追風が「方屋開」として始めたものである。


ウィキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%92%B2

反日マスコミのキャンペーンによって、大相撲が凄まじいバッシングに晒され春場所が休止に追い込まれたが、仮に開催を予定していたとしても、東日本大震災によって休止していた可能性が高い。相撲は元々は神事としての色合いが強く、現在行われている大相撲も神事としての形を残している。お金を掛ける訳でもないし、多少の八百長は大目に見られていたのが大相撲の歴史でもある。あくまで神前の興行であって厳密な意味でのスポーツではないからある。

反日マスコミに踊らされ、日本の伝統芸能である相撲を目の敵にし、大相撲を廃止してしまえという意見すら聞いたことがあるが、神事を軽視し、神を敬うことを忘れた傲慢な人々に対して、民主党政権発足時から続く、神からのメッセージが届くことは無いのだろう。

菅直人に跳ね返る特大のブーメラン

20041023-kan.jpg

菅直人公式サイトより
http://www.n-kan.jp/2004/10/post-659.php

2004年10月23日 00:00
昨日今日と愛媛、高知の台風被災地の視察。高知では堤防が波で破壊され、20トンを超えるコンクリートの塊が住宅に飛び込み、3名が亡くなった現場を見る。9月にお遍路で歩いたところだ。波というより鉄砲水のような力で堤防や家を破壊。それに加えて新潟で地震。あい続く天災をストップさせるには昔なら元号でも変えるところだが、今必要なのは政権交代ではないか。

今必要なのは政権交代ではないか。
今必要なのは政権交代ではないか。


ああ 全くそのとおりだよ 菅ガンスさん

災害対策費を事業仕分けした反日帰化人の蓮舫

Renho_1-3.jpg

民主党が事業仕分けで削減・廃止したもの

 ・ 石油と塩の備蓄 ( 仕分けパフォーマンスの生贄 )
 ・ 防衛費 ⇒ 自衛隊災害救出活動も縮小
 ・ スーパー堤防 ( 100年に1度の大震災対策は不要 )
 ・ 災害対策予備費 ( 生活保護枠拡大(母子家庭)の財源化 )
 ・ 地震再保険特別会計 ( 子ども手当の財源化 )
 ・ 耐震補強工事費 ( 高校無償化の財源化 )
 ・ 学校耐震化予算 ( 自民党が推進していた政策 )

「人」が死ぬことを防ぐ「コンクリート」は不要なのか(藤井聡 京都大学教授)

東北太平洋沿岸地震の甚大なる被害は、多くの人々にとって、想像を絶するものであるに違いありません。しかし、少なくとも「政府」にとっては、それは想像することが不可能なものなのでは、決してなかったはずなのです────例えば、昨年の拙著から、引用させていただきます。────

東北地域においては、三陸沖北部地震、宮城県沖地震がそれぞれ予想されている。ここに、三陸沖北部地震の30年以内の発生確率は90%、そして、宮城県沖地震に至っては99%発生することが予想されているのである。(中略)こうした背景から、我が国政府は、中央防災会議の議論を受けて、ここ何年もかけて、様々な対策の準備を進めてきた。具体的には、建築基準法における「耐震基準」が改定され、かつてよりより地震に強い建物しか建てられないようになっている。しかし、これでは「新しい建物」が地震に強いだけで、それ以外の膨大な数に上る既存の建物は、地震がくれば、やはり壊れてしまう危険性が高いまま放置されることとなる。

したがって、既に建てられている建物を、とりわけ、少しずつ耐震強化していくことが必要なのである。そして政府は「地震防災戦略」をつくり、全国の建物の耐震化の促進を図ろうとしている。そして、そのために上に述べたような20兆円にも上る予算の多くが必要とされるのである。ここで、耐震強化を行うべき建物は、もちろん住宅や商業施設も含まれるが、たくさんの人々が利用する重要な建物から緊急に対策を進めていくことが必要である。

そして、そうした重要な建物としては、例えば、将来の日本を担う子ども達が通う「小中学校」が考えられるであろうし、たくさんの人々が利用する「運輸・交通施設」も考えられる。しかし、残念ながら、こうした施設に対する耐震対策は、現在、大きな遅れをとっている。例えば、前者の小中学校については、その耐震強化に、平成21年度には約2800億円の補正予算が予定されていた。そしてその予算で、全国の小中学校の、約5000棟の耐震化工事を行うことが計画されていた。しかし、政府のいわゆる「事業仕分け」によって、その予算が3分の1程度の1000億円にまで削減されてしまった。このために、耐震化が遅れる小中学校の建物が、2800棟程度に上るのではないかとも言われている 。

また、都市を支える運輸施設である都市高速道路についても、平成21年度の補正予算で、首都高速道路、阪神高速道路を対象として1211億円をかけて耐震化することが予定されていたのでだが、同じく民主党政権成立直後に、とりやめとなってしまった。いうまでもなく、こうした民主党政権の判断は、「コンクリートから人へ」の考え方を踏まえてのものである。

しかし、皮肉にも「コンクリートから人へ」の転換によって、ほぼ間違いなくいつかどこかで生ずるであろう巨大地震によって失われる「人」の命の数を、増加させてしまうことは避けられない。そもそもこの現代文明社会の中では、「人」は「コンクリート」の中で「コンクリート」に守られつつ暮らしている。この現実を忘れて、地震防災などできるはずもない。「コンクリート」を適切に強化することを通じて、はじめて我々は、弱々しい存在ながらも、巨大地震という自然の猛威に対して立ち向かう術を得ることができるのである。

事実、我々はその危機に立ち向かうための「技術」を持っている。阪神淡路大震災以降、耐震のための土木技術、建築技術は大きく進歩している。そして、我が国は経済不況の現時点においてもまだ、他国には真似できないほどの大きな「財政力」を持っている。今足らないのは、そうした「技術」や「財政力」をもってして、強力に耐震強化を図ろうとする「政治判断」だけなのである。言うまでもなく、地震が起こってから後悔しても、もう遅い。

~『公共事業が日本を救う』(平成22年10月) 第八章・「人」が死ぬことを防ぐ「コンクリート」は不要なのか~ より


れんほう

関連記事
鳩山内閣の出現は大峠の前触れ?
2011年に大災害が発生する可能性


(コメント)
東北地方太平洋沖地震のマグニチュードが9.0に訂正され、東日本大震災という別名も報道されるようになったが、恐らく死者の数が1万人を超える規模になることは間違いない。亡くなった方はもちろんだが、津波で家が流された被災者の方達の姿を見ると胸が痛む。改めてお悔やみ、お見舞いの意を表したいと思う。

個人としての被災地、被災者への感情はともかく、ブロガーとして伝えなければならないことがあることも確かで、その辺りのことは、厳しい論調になるかもしれないが、ブログの記事として伝えていきたいと考えている。

当ブログのコンセプトの一つとして、将来予想される大難を小難に、という考えを持って記事を書いてきたが、結局のところ、反日マスコミ総出の政権交代詐欺を食い止めることが出来ず、予想したとおりの大災害も起こってしまった。災害予備費をレンホウが事業仕分けしてしまったので、被災者の支援にもいずれ支障をきたすと考えられるが、民主党政権が成立すれば、この種の不祥事が起こることは予想が付いていた。

結局、ツケは全て国民に回ってくるわけで、レンホウが仕分けしてしまった学校の耐震化や高速道路の耐震補強、スーパー堤防の予算なども、将来、国民の生命で償われることになるのである。菅直人が2004年に自身の公式サイトで笑える記事を書いているが、菅の言葉を借りれば、昨年の猛暑から続く天災は、まさしく人災ということになるだろう。実際、民主党政権の発足時から神社での変事が続発しており、反日マスコミの蠢動によって神事の大相撲までもが叩かれ、春場所が中止に追い込まれてしまった。その矢先に東日本大震災が発生、2009年の衆議院選挙で軒並み民主党が議席を取った宮城、岩手、福島、茨城が大きな被害を受け、最も甚大な被害を受けたのは、民主党の闇将軍と謳われた小沢一郎の地元の岩手だった。

戦後の日本で、保守政党の経験のない、反日極左の政治家が首相になると、天災で大勢の国民が死ぬという法則は三度まで的中し、もはやこのことが単なる偶然ではないことが証明された。そして今回忘れてはいけないのが、災害はまだこれで終わったわけではないということである。

民主党は途中で解散総選挙をしなければ、あと二年以上政権与党の座を保つことが出来る。いつ起きてもおかしくないといわれている東海地震は、民主党王国と呼ばれる愛知県を直撃する大地震である。小沢の地元を襲ったメガクエイクは民主王国にも牙を剥くのか、今のところは天のみぞ知るといったところだろうか。菅直人の言動の中には、今回の地震を自己の政権の延命に利用したい意図が見え隠れしているが、果たしてそう上手くいくかどうか。菅がかつて主張したように、今こそ政権交代が求められていることだけは間違いなさそうである。

※管理人からのお知らせ

このブログの訪問者の方々には、出来れば自分の産土神社(自分が生まれた土地を守る神様の神社、総鎮守)に参拝し、御払いやお守りを身に着け、自分や家族の加護をお願いすることをお勧めします。その際は「お蔭様で~しております」という日頃の感謝の言葉も忘れず、またご加護と思われる出来事があった際は、お礼参りも忘れないで下さい。産土神社に御参り出来ない場合は、鎮守の神様(自分が住んでいる場所の総鎮守)や職場の神様(職場がある場所の総鎮守)に行って同様のことをして下さい。

神社の神様に祈ったからといって、必ず天災から助かるわけではありませんが、いわゆる「幸運な偶然」というものは確実に増えます。これは管理人の経験上でも確認したことです。「神なぞいるわけがない。神なんぞに頼らんでも結構」という人は無視して結構ですが、そうでない方は試してみて下さい。決定版 神社開運法―最新・最強の開運法を集大成!という本に正しい神社の参拝方法等が書かれているので、詳しく知りたい方は参考にして下さい。

それと当たり前のことですが、家に仏壇のある方は一日一回、仏様やご先祖に手を合わせるようにして下さい。お茶や陰膳を供えられれば尚よしです。

                                   人気ブログランキング
スポンサーサイト



アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top