fc2ブログ

日本が好きなだけなんだよ

Date : 2011年03月

もう笑うしかない・・・菅直人「臨界って何だ?」

                                   人気ブログランキング

臨界って何だ?

あ~あ~菅無知ぶり全開 有識者に「臨界って何だ?」 2011年3月26日 ZAKZAK

臨界2


「原子力に詳しい」と吹聴していた菅直人首相(64)が、有識者に「臨界ってなんだ?」と尋ねていたことが分かった。「臨界」は、原子力を少しでもかじったことのある人なら誰もが知る言葉だけに、あきれることを通り越して不安をかき立てられるようなエピソードだ。こんな人に原発対策や震災後の復興を任せていいのか。

まさに“無知全開”ともいえる裏話を報じたのは26日の日経新聞。それによると、菅首相は「役所や東電とは違うセカンドオピニオンがほしい」として呼び寄せた有識者に対し、「臨界ってなんだ」と聞いたという。原発に関する「臨界」は、「原子炉で核分裂の連鎖反応を起こし続ける状態」を指す。大阪府在住の大学講師はこうあきれる。

「最初に『臨界』という言葉に触れるのは高校物理。『反射の限界点』を指す『臨界点』という言葉を習う。大学で原子力を学べば、すぐに出てきますよ。1999年の東海村臨界事故で注目された言葉でもある。菅首相は本からも先例からも、何も学んでいないのでしょうか」

福島第1原発の事故を受け、東工大出身の菅首相は16日、官邸で笹森清内閣特別顧問と会談、「私は原子力に詳しいんだ」と胸を張った。さらに、東京電力本店に自ら乗り込むパフォーマンスを演じ、原子力に詳しい学者3人も内閣官房参与に起用した。ところが実際には、基本中の基本を知らなかったことが露呈してしまったわけだ。菅首相は財務相時代にも、経済学の基礎用語である「乗数効果」と「消費性向」を取り違え、知識不足を露呈したことがある。

そんな菅首相が率いる政府は25日、福島第1原発から半径20-30キロ圏内の屋内退避区域に対し、自主避難を促した。当初の3キロ圏から10キロ圏、20キロ圏に小出しで広がり、ついに自主避難になる泥縄式だが、これについて菅首相は「専門家の判断を尊重した」と責任転嫁。

政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「菅首相は無知なのに思いつきで行動する。反対する人は排除し、ダメな結果でも自画自賛する。厚生相時代のカイワレ神話が自分のなかに残っており、根拠を示さなくても自分が『安全だ』『頑張ろう』と言えばみんな付いてくると思っている。いま、世界中で『菅首相に日本が壊される』と心配する声が上がっています」と危機感を募らせている。


首相が馬鹿でも

12日「原子力をもっと勉強したい」 → 16日「僕は原子力に詳しいんだ」

「原子力勉強したい」と首相=班目氏が明かす-震災翌日の原発視察 2011年3月28日 時事ドットコム

原子力安全委員会の班目春樹委員長は28日午後の参院予算委員会で、菅直人首相が東日本大震災の発生翌日の12日早朝に福島第1原発を視察したことについて、「首相が『原子力について少し勉強したい』ということで私が同行した」と述べ、首相の判断であることを明らかにした。自民党の佐藤ゆかり氏への答弁。

首相は12日午前7時すぎにヘリで第1原発に降り立ち、1時間弱滞在し、職員らから状況の説明を受けた。同日午後3時半ごろに1号機で爆発が起きており、首相の視察で現場の初動対応が遅れたとの指摘もある。これに関し、班目委員長は「現地において、特に首相が行ったことによって混乱があったとは承知していない」と述べた。
 
原発事故への対応に追われる中、首相は16日、笹森清内閣特別顧問に「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と話している。


臨界3

「首相は何もしていない。パソコンのマウスを動かしながらうつろに話を聞いているだけ」

◆引きこもる首相 原発専念、不満じわり「知識より決断を」

(前略)

執務室にしばしば出入りする関係者の一人は「首相は何もしてない。パソコンのマウスを動かしながらうつろに話を聞いているだけ」とも語る。「いつでも来て欲しい。時間はいつでもつくるから」・首相は24日深夜、旧知の議員に電話でこう誘った。

(後略)

ソース:日本経済新聞 2011年3月26日朝刊 4面より引用


ネトウヨ

政府の都合で食品や飲料水の放射能規制値を緩和へ

放射性物質:食品や飲料水、規制値緩和へ 食品安全委 2011年3月25日 毎日.jp 

食品や飲料水に含まれる放射性物質について、内閣府の食品安全委員会は25日、暫定規制値の根拠となっている健康への安全性の許容範囲を広げる方針を固めた。これを受け、厚生労働省は現在より緩やかな規制値を策定する見通し。暫定規制値は厚労省が17日に急きょ策定。原子力安全委員会の「飲食物摂取制限に関する指標」を用い、水や食品から1年間に摂取するヨウ素を50ミリシーベルト以下、セシウムを5ミリシーベルト以下としている。

規制値

関連記事
民主党政権では国は治まらず
日本はまだ麻生太郎の力を必要としている


(コメント)
日本史上最悪の放射能漏れ事故に対応する最高指揮官が、原子力の基本知識である「臨界」を知らないのだから、もうここに到っては笑うしかない。国運を左右するような大規模な災害や事故への対応は、例えるなら戦争の指揮と一緒であり、素人同様の指揮官では、最初から勝てるものも勝てないだろう。地上波の反日極左テレビ局の社員は、急いで麻生太郎のバー通いを叩いたのと同程度に、菅と民主党政権を叩いて自民党との大連立か、再度の政権交代を促さないと、日本そのものが丸つぶれになる可能性がある。彼らは事の重大性を果たして理解しているのだろうか。

皮肉なことに、前回の衆議院選挙で自民党にお灸を据えるという思い上がった気持ちで反日売国の民主党に政権を取らせた国民に、今度は大地震という自然の大災害が、原子力事故の放射能で文字どおり“お灸”を据える状況になっている。菅内閣の無能さと相まって、随分ときついお灸になりそうである。

民主党政権は今後、食品や飲料水の放射能の規制値を緩和する方針のようだが、放射能事故の直後に規制値を緩和するなどほとんど狂気の沙汰のようにしか思えない。この調子で政府の都合の良いように規制値を緩和し続けていったら、どれだけ国民の健康に被害が出るか分かったものではないだろう。放射性物質の漏れに合わせて規制値が緩和されていったのでは、信用もへったくれもない。すぐに健康に影響は出ないかもしれないが、10年後、20年後に影響が出れば同じことだ。

日に日に状況が悪化し、未だに解決のメドすら立っていない福島原発の事故だが、重大な事故やトラブルにおいて、事態の深刻さを把握出来ず、根拠もなく楽観していると、たいてい事態は更に悪い方へと向かう。テレビで「立ち上がろう日本」だとか「がんばろう日本」だとかいうACのCMを盛んに流しているが、放射能漏れの事故が収まらないか限り復興もへちまもない。民間のチャリティ活動でそういうフレーズを使う分には構わないだろうが、公共組織が金をかけてしつこくテレビで流す内容と言えるのだろうか。上っ面だけのCMをカットしてその経費分を募金し、テレビ局の経営を圧迫してくれた方がよっぽど日本のためにも被災者のためにもなるが、国民の不満が民主党政権に向かないようにするための、プロパガンダの一面もあるのかもしれない。

非自民系で極左の菅直人が首相の座に着いている限り、第二、第三の大災害が起こる可能性は否定出来ない。民主党がこの事態を打開するために出来るのは、自民党にお願いして大連立を組んでもらい、首相を自民党のしかるべき人物にやってもらうことである。衆議院の解散権を自民党に献上してしまうことになるが、そうでもしなければ自民党も首を縦に振らないだろうし、自民党としては当然の戦略でもある。原発担当相などというスケープゴートの職を提示されても、まともな人間なら引き受けるはずがないのである。

無能な民主党政権をよそに、在日米軍が八面六臂の大活躍で多くの日本人を救援してくれているが、日本人の一人としてこの場を借りてお礼を申し上げたいと思う。当ブログはアメリカや在日米軍に対して批判的だが、多くの日本人を助けてくれた行為に対しては感謝しないわけにはいかない。今回の活躍で日本人の在日米軍に対する意識はかなり変わるのではないかと思うが、在日米軍の果敢な救援活動が、多くの日本人の心に信頼感を植え付けたことだけは間違いなさそうである。

民主党のクソ議員などは、放射能漬けで家族もろとも何人くたばろうが知ったことではないが、今後の日本を背負う子供達に放射能の影響が出るのはなんとか避けて欲しいものである。地元の岩手が甚大な被害を被っているのだから、小沢も菅を引き摺り下ろすくらいのことはしても良さそうだが、まあ所詮外道は外道、期待をするだけ無駄ということなのかもしれない。


臨界って何だ

20110107-00000163-yom-000-1-view.jpg


                                   人気ブログランキング

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top