fc2ブログ

日本が好きなだけなんだよ

Date : 2010年11月06日

尖閣ビデオの流出と民主党政権

                                   人気ブログランキング

民主党という政党は、政権交代後、自民党政権時代の外交密約を暴いて、鬼の首を取ったように騒いでいたが、核の持込についての外交密約などは、国家の安全保障の観点から見れば、外交手腕の一つとして後世に一定の評価を得ることもあるだろう。しかし、民主党が国民の目から尖閣諸島での中国漁船衝突事件の映像を隠蔽したことは、売国的な自国政府が、国民の知る権利を侵害した悪例として後世に拭い難い汚点を残したと思われる。

中国漁船にぶつけられた日本の巡視船は、日本の納税者の税金で購入されたものであり、中国漁船が侵犯した領海は我々日本国民の領海である。海上保安庁の職員は公務員であると同時に我々と同じ日本国民であり、この事件の光景を映したビデオがあるならば、当然、全編ノーカットで公開されるべきものである。

中国人船長の釈放については検察に責任を押し付け、自分達に都合の悪い映像ビデオの公開は国家権力を総動員して握りつぶす。自民党時代の核持ち込みの密約は、国民の生命と安全を守るためのものだったが、尖閣ビデオの非公開は、民主党政治家の利権と保身に基づくものだろうか。

今回、動画投稿サイトのYoutubeに、尖閣諸島で起こった衝突事件の未公開映像が投稿され、大きな波紋を呼んでいるのはご存知の通りである。民主党政権は犯人探しに躍起になっているが、国家機密流出を叫ぶ前に、そもそも政府がまともな情報公開を行っておらず、政権交代後にメディアを使って盛んに宣伝してきた“情報公開”が、単なる絵に描いた餅であることが公にバレてしまった。実際には自民党時代よりも隠蔽体質がひどく、例外的に、犯罪者の取調べの可視化など、社会の不安定化、警察権力の弱体化につながるような情報公開には積極的に取り組んでいるようである。

尖閣諸島での中国漁船との衝突事件の発生以来、この問題について、顔色がフランケンシュタインのように気味の悪い官房長官の仙石は、出来の悪い中国人スパイのような発言を繰り返してきたが、今回の映像流出についても、調査して「中国に説明申し上げる」と明言している。自分達を政権与党にしてくれた国民に説明するならまだしも、国民を差し置いて外国政府に御注進とは、まさに売国民主党の面目躍如といったところだろう。

気になるのはYoutubeに動画を投稿したsengoku38なる人物の正体だが、海上保安庁説、民主党説、ハッキング説など、様々な説が飛び交っている。sengoku38がYoutubeに動画を投稿した直後に、JR川口駅の駅前で投稿動画と酷似した尖閣衝突事件の映像DVDが大量に放置されるなど、素人とは思えないような手際の良い行動が目立つ。政敵である菅政権を揺さぶりたい民主党の小沢一郎を支援する勢力か、それとも中国の民主活動家にノーベル平和賞を与えたような、中国を追い詰めたい勢力の仕業なのか、推測するだけでも興味深い。もしハッカーや海上保安庁の職員が義憤に駆られて投稿したのならば、その人物は国民的な英雄になってしまうかもしれない。

ただ一つ確実なのは、血眼になって動画流出の犯人を特定したところで、民主党の支持率が下がることはあっても上がることはないということである。中国様に説明するのに犯人が見つからないとカッコが付かないのは理解出来るが、これほど自滅に向かって突き進む政権も珍しい。中国人船長の釈放という一つの失敗を誤魔化すために、様々な悪手を打ち続けた挙句、結局、映像ビデオを最初から公開していた方がマシだった、という展開になりそうである。

民主党は悪いが、だからと言って自民党も・・・などと言う年配者がいるが、自民党政権時代の平和で職のある豊かな時代の恩恵をさんざん受けた挙句、昨今の反日マスコミの洗脳にまんまとひっかかり、政権交代という悪夢を実現させ、次の世代に民主党政権という巨大な負債を残した人達に対し、自分は語るべき言葉を持たない。

この後に及んでも民主党を支持するような人達は、はっきり言って生きているだけで他の日本国民のお荷物になる人達だろうが、年金でも削られて、老人が路頭に迷うような時代がやってこないと反省もしないのだろう。自民党も民主党も一緒だ、などという稚拙な論法を使って、民主党を支持した自分達の馬鹿さ加減をお茶に濁す人達も珍しくないが、よくよく考えればこれもおかしな話だ。たった一年で自民党政権の最悪の時代を凌駕した売国民主党が、戦後何十年にも渡って豊かで平和な時代を維持してきた自民党と同じと考えるのは、冷静に見てかなりの暴論と言わざるを得ない。自民党政権の功を報道せずに、非ばかりを報道してきた日本の反日マスコミの毒に頭をやられて、バランスの取れた判断が出来なくなってしまったのではないだろうか。

一度民主党に政権を渡してしまったので、奇跡が起こるか、菅直人のドタマに拳銃を突き付けるかしない限り、あと三年は衆議院の総選挙がない。ここまで来るとなるようにしかならないが、三年後まで領土が欠けずに日本がまだ存在していれば御の字と言ったところだろうか。

                                   人気ブログランキング
スポンサーサイト



アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top