fc2ブログ

日本が好きなだけなんだよ

Date : 2010年11月

尖閣ビデオを流出させた海上保安官を支持する

                                   人気ブログランキング

尖閣諸島での中国漁船の衝突映像のビデオをYouTubeに流出させたのは、現役の海上保安庁の職員であると判明したが、妻子があり、職の不安もある中で、日本の正当性を証明するビデオを公開した、この海上保安官の勇気は賞賛されるべきものだと思う。青臭い正義だの、ヒーロー気取りだのとイチャモンを付けるマスコミ(今のところ朝日新聞などだが)も見受けられるが、自分はそういうものは嫌いではないし、正義だの人権だので散々商売やプロパガンダを行ってきた左翼マスコミが、自分達の思想や利権に反するもの対して、平気でダブルスタンダードを使って手の平を返す有様は、マスゴミの名にふさわしい醜態ぶりである。

NHKなどは、機密の管理や流出という点をことさら問題にして、流出したビデオが本来国民が当然知るべき映像ということは隠して、論点のすり替えに必死だが、NHKが民主党の支持母体である統一教会に乗っ取られているというのも、あながち嘘ではないのだろう。麻生、安部の自民党政権時代には、政治ニュースのたびに、いやというほど社民党や民主党などの反日野党のコメントを入れていたが、民主党政権になってからはそれも格段に減少した。民放のような反日コメンテーターを使ったあからさまなプロパガンダはあまりやらないが、視聴者が気付きにくい巧みな情報の増減で世論を操作しようとするのはNHKの得意とするところである。スーツを着た真面目そうなNHKキャスターが操作された情報をオウムのようにもっともらしく喋れば、普通の庶民はコロッと騙されてしまうだろう。

マスコミが世論操作によく使う手法に、街頭インタビューや読者の声の報道の仕方がある。たとえば100人にインタビューして、Aという回答が80人、Bという回答が15人、Cという回答が5人だった場合、A、B、Cの回答人数に合わせてインタビュー映像を放送しなければ公平な報道とは言えない。Aの回答を4人放送したら、Bの回答を1人、Cの回答の映像は省略する、というふうにである。しかし、実際にはAとBとCの回答の映像が同人数であったりする場合が非常に多く、これでは30%ずつ回答者がいたと視聴者の無意識の中には認識されることだろう。

新聞の読者の声欄なども同じような仕組みで、実際に送られてきた投稿の実数に基づいた掲載ではなく、新聞社が多数派に見せかけたいと願う投稿が優先して掲載される。極端な例が朝日新聞の読者投稿欄だが、世論操作はマスコミの十八番であり、日本社会の最強の実力者は、政党でも自衛隊でもなく、テレビをはじめとするマスコミ各社である。ビデオを流出させた海上保安官の自宅前にマスコミが殺到し、帰宅できない状況のようだが、マスコミ達が、姑息なインタビュー戦術で海上保安官の評判を落とそうと、手ぐすねを引いて待ち構えているのが容易に想像出来る。

先日、テレビ朝日のプロデューサーが異常気象で気でも狂ったのか、テレビタックルで反日朝日新聞グループの天敵である麻生、安部元首相を招いた番組を放送していたが、その中で記者が同じ質問を何十回と繰り返して苛立たせたり、用もないのに去り際の首相に「首相、質問に答えてくださーい」というような質問を故意に投げかけたりと、マスコミの卑怯なインタビュー戦術の一部が紹介されていた。まあ、彼らは情報を使ったテロリストであり、普段は当たり障りのない情報を流しているが、ここぞという時には本性を露にし、他人を罠に嵌めたり、視聴者を騙したり、顔色も変えずにやってのける。

放送する番組も、見れば見るほど馬鹿になるような番組が多く、食い物の番組をはじめとして、オカマ、ジャニーズ、ハーフ、朝鮮人、お笑い芸人をテレビで見ない日はないくらいだが、どこの食い物が美味かろうが不味かろうが、そんなことを何百万人が視聴する公共の電波で連日、馬鹿の一つ覚えのように放送する意味が分からない。日本人をものが考えられない豚か何かにしたいのかもしれないが、昨今のインターネットの発達で賢い豚も増えている。自分のようにブログを開いたり動画を投稿したりして、マスコミ様に悪態を付く豚も多い。あんまり庶民を小馬鹿にしてると、民主党共々、マスコミの皆さんも国民からの痛いしっぺがえしを食らうのではないだろうか。

ビデオを流出させた海上保安官については、尖閣がらみの問題でなければ有罪かどうかは微妙で、悪くとも書類送検の上で不起訴が妥当らしいが、検察に民主党政府からの圧力がかかっているので、強引に起訴まで持っていかれる可能性もある。本来無罪な人間を政府の圧力で強引に有罪にしようという、これぞまさに国策捜査の極みだが、野党時代に小沢一郎への捜査を国策捜査だと散々騒いだ民主党がこれをやり、マスコミが真実の不当な国策捜査に対して批判もせず、論点のすり替えなどの世論操作を行っているのが日本という国の現実なのである。

流出した映像自体、警視庁24時などの番組で使われるような映像であり、内容も既に国民に周知されているので機密とは言い難い。犯人である中国人は既に釈放されて、ビデオを公開されたからといって再逮捕出来るわけではない。一部のマスコミで、仙谷官房長官が中国との間で「ビデオを公開しない」という密約を交わしていたことが報道されたが、ビデオが公開されてしまったので、中国へのポーズとして、スケープゴートが必要なのだろう。

国益を守った海上保安官には、是非現職にとどまり、今後も日本のために活躍してほしいと思うが、民主党の国策捜査によって職を離れることになっても、ネットによる支援が不可欠である。反日マスコミの海上保安官叩きを絶対に許さず、良識ある国民が力を合わせて勇敢な内部告発者を守らなければいけない。もしそれをしないようならば、日本の未来はもはやお先真っ暗と言わざるを得ないだろう。


sengokuと仙谷の違い

415 名前:まちがって名前消しちゃいました。[sage] 投稿日:2010/11/12(金) 14:28:27 ID:???  
              sengoku38と仙谷由人 の比較
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
職を失うのを覚悟するのがsengoku      職にしがみつくのを覚悟するのが仙谷
告発で自首するのがsengoku         告発で逆切れするのが仙谷
日本を守るのに命を賭けるのがsengoku    中国を守るのに他人の命を賭けるのが仙谷
自分で責任を負うのがsengoku        他人に責任を負わすのが仙谷
日本人で国士なのがsengoku         日本人を酷使するのが仙谷
倒閣するのがsengoku            文革するのが仙谷
犯罪者の証拠を提出するのがsengoku     犯罪者の証拠を隠蔽するのが仙谷
衝突動画を公開するのがsengoku       盗撮画像にして後悔するのが仙谷
善意で日本人に愛されるのがsengoku     善意のつもりが中国に憎まれるのが仙谷
国家国民のために仕事をするのがsengoku   中華人民のために工作するのが仙谷
丸腰で出頭するのがsengoku         柳腰で失笑されるのが仙谷
公開したのがSengoku            隠蔽したのが仙谷
国を守っているのがSengoku         国を売っているのが仙谷
家族を思い、涙したのがSengoku       中国を思い、涙したのが仙谷
自首したのがSengoku            晒し首になりそうなのが仙谷
公務員だったのがSengoku          公務員を恫喝したのが仙谷
国民の支持があるのがSengoku        中韓の支持があるのが仙谷
シロなのがSengoku              アカなのが仙谷
匿名希望のSengoku             亡命希望の仙谷
セーフなのがSengoku            政府なのが仙谷
海保なのがSengoku             アホなのが仙谷
うらなみに乗っていたのがSengoku      うらみを買っているのが仙谷
国民目線なのがSengoku           中韓目線なのが仙谷
国民のヒーローなのがSengoku        国民のヒールなのが仙谷
英雄Sengoku                キルユー仙谷
恰幅がいいのがSengoku           胃癌患ってカリカリなのが仙谷
恰幅が良いのがSengoku           切腹が良いのが仙谷
共感を抱くのがSengoku            殺意を抱くのが仙谷
愛国無罪がSengoku             売国有罪が仙谷
誇りがあるのがSengoku            驕りしかないのが仙谷
イカリを上げるのがsengoku         怒りを受けるのが仙谷
腹を据えているのがSengoku          腹にすえかねるのが仙谷
漢(おとこ)なのがSengoku         オカマなのが仙谷
責任を負うのがSengoku            赤人を追うのが仙谷
国を憂うのがSengoku             国を売るのが仙谷
義憤にかられるのがsengoku          私怨に震えるのが仙谷
花と散る覚悟を見せたsengoku         鼻糞を食って見せた仙谷

                                   人気ブログランキング

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top