fc2ブログ

日本が好きなだけなんだよ

Date : 2010年07月02日

南アフリカW杯 日本 対 パラグアイの試合後のアジアの人々のコメント

                                   人気ブログランキング

FIFA公式サイトでのコメントより
http://www.fifa.com/worldcup/matches/round=249717/match=300061497/index.html?cid=google_onebox


(マレーシア)
日本はチームで、あらゆる局面で良いプレーをした。彼らの奮闘は賞賛に値します。私は日本チームが準々決勝進出に失敗したことをやるせなく思います。しかし、私は彼らが全力を尽くしたことを誇りに思います。日本と同じく良いプレーをしたパラグアイにはおめでとうと言いたい。サムライブルーはブラジル大会ではより強く、より良くなってくれるでしょう。

(インドネシア)
アジア人として、私はこのトーナメントでのサムライブルーの成功に誇りに思っています。 日本は2010年のW杯のアジアのヒーローです。

(ネパール)
あなた達のパラグアイとの戦いは、とても目立っていました。私は「私はアジア人です」ということに誇りを持っています。私を誇らしい気持ちにさせてくれてありがとう。私はより良いサムライブルーを 次のブラジル大会で待っています。私はそこであなた達を応援するでしょう。

(インドネシア)
さよなら日本、彼らはデンマークに対して偉大なパフォーマンスを行った。

(マレーシア)
前に進め駒野、2014に会おう。

(マレーシア)
素晴らしい試合!日本はアジアの名誉ために偉大な仕事をした。駒野頑張って、2014年でカムバック

(イラン)
本田はアジアの偉大なプレーヤー。ありがとう日本、日本はアジア最高のチームだ。

(インドネシア)
さよなら、サムライ。アジア人はあなた達のことを誇りに思っている。あなた達はアジア人のファイティングスピリッツを世界に示した。

(マレーシア)
日本(ブルーサムライ)、あなた達全員はとてもよくやった。私達はあなた達の試合の観戦を楽しみました。その中でも本田は特別でした!今、私はあなた達のファンです。2014年に会いましょう。

(シンガポール)
私はブルーサムライに心を奪われ、誇りに思っています。あなた達は世界に、アジアにも才能、技術があること示し、他の国々にも負けないスピリッツがあることを世界に示したのです。ブラボー!!!

(シンガポール)
遠くに来た日本、よくやってくれました。少しの悲しみ、でもブルーサムライを誇りに思います。本田、あなたは私のヒーローです。

(インドネシア)
日本、バンザイ!!!日本と日本のファンのために大きな拍手。敗れはしたけど、立派でした。

(マレーシア)
日本の魂はいつもそこにある。彼らは偉大なことをやった。彼らは全世界に印象付けた。

(マレーシア)
よくやった日本、おめでとうパラグアイ。タフな試合だった。本当に日本人を誇りに思う。彼らは最後まで激しくプレーをした。次のワールドカップで会いましょう。

(スリランカ)
両チーム共、すごい試合だった。日本は良く挑戦した。

(フィリピン)
私は日本が負けた後に泣きました。最後のアジア代表は、準々決勝に進むチャンスを失いました。私達はそれでもまだ日本を愛しています。彼らは多分、次のワールドカップで再び偉大なことをするでしょう。

(マレーシア)
ううう・・・泣くな日本・・・よくやった・・・次の4年後に再び挑戦してくれ

(フィリピン)
日本は健闘しました。よくやった!サムライブルー!行け行け日本

(インドネシア)
悩むな駒野、おまえはまだ日本のヒーローであり、アジアのサッカーのヒーローだ。

(フィリピン)
私はアジアのチームが準々決勝に行くだろうと思っていました。しかし、まだ・・・あなた達はよくやりました、日本。あなた達はいまだに勝者です。次のワールドカップでそれを実現しましょう。とてもタフな試合でした。あなた達は最高のものを見せてくれました。

(シンガポール)
サムライブルー、私は最後まで持ちこたえたあなた達全員を誇りに思います。駒野さん、どうかもう頭を上げて下さい。あなた達イレブンと岡田監督を私はとても尊敬しています。今夜の偉大な試合のおかげで、私はあなた達全員を愛しています。私は今、自分の涙を乾かしています。

(イラン)
我々は、あなた達日本を愛している。

(ミャンマー)
パラグアイはなんとか勝つことが出来た。日本人はアジア人の魂を持っている。彼らはアジアサッカーの水準を証明するために最善を尽くしてくれるだろう。

アジア各国の報道

W杯、「アジア代表」の健闘称賛 日本惜敗で各国 2010年6月30日 47news

PN2010063001000959_-_-_CI0003.jpg

サッカーのワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で惜敗した日本の戦いぶりについて、アジア各国のメディアは30日、「アジア代表」としての日本の健闘を称賛した。

中国では、30日付各紙が「(日本の健闘は)容易なことではない」(北京青年報)「日本チームの戦いぶりは尊敬に値する」(京華時報)と善戦をたたえた。

タイでは、テレビ解説者らが「アジアサッカーの新時代」と高く評価。インドでは「アジアの夢がついえた」(民放テレビ)と、日本がベスト8に進出できなかったことを悔しがった。

サッカーの熱狂的ファンが多い東南アジアのベトナムでは、各紙が「アジア代表」としての日本の敗退に焦点を当てて報道。トイチェ紙は1面で「日本が嘆き、アジアが嘆いた」との見出しを掲げ、日本と韓国が「最も人口の多い大陸の新たな影響力を考える時が来たということを世界のサッカー界に思い知らせた」と論じた。

同様に決勝トーナメント1回戦で敗退した韓国では29日の試合を「120分間の血戦」(聯合ニュース)と報道。KBSテレビは、何度も相手ゴールを狙った攻撃力を評価した。


台湾のブロガーも涙 (追加)

W杯、日本チームの惜敗に涙「アジアの誇り!」 2010年7月1日 サーチナ

6月29日、サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)で、パラグアイを相手にPK戦で敗れた日本代表チーム。ベスト8入りは果たせなかったが、選手の熱闘に多くの人々が感動。台湾のブロガーたちも日本チームの健闘をたたえている。

Jリーグの大ファンだという台湾人男性のKuniは、「日本チームが負けてしまった」というタイトルでブログをつづり、「日本の選手たちの悔し涙を見て、僕を始めたくさんの台湾人が心を痛めた。長い 時間ずっと日本チームを応援してきた日本人は、一体どれほど悲しいだろうか。でも結果は残酷だったが、日本チームは本当によくがんばったと思う。彼らのおかげで、ワールドカップ観戦を楽しめた。今回の経験で、日本チームはこれからもっと強くなっていくと思う。がんばれ日本!」とエールを送った。

「120分間ボールを追い続けた、日本対パラグアイ。PK戦となり、日本は本当に惜しかった!」と悔しがったのは、sgcgb。「日本が負けて、なぜだか泣きたくなった。今まで特別日本だけを応援してきたわけではないが、同じアジア人として悲しくなってしまったのだ。アジアの国は、ワールドカップで勝ち残っていくのは難しい。なので、日本が負けたことで、アジアのワールドカップが終わったと感じた。強かった日本チーム、万歳!次は絶対にベスト8入りを目指して下さい。台湾から祈っています」と思いをつづった。

「日本選手はとても素敵だった」と述べているのは、女性ファンのchamcham。「負けたのは残念だけれど、今大会初となるPKにまで持ち込んだ日本チームは、すごい!大柄な欧米選手に交ざって、こんなに活躍できるのはなんて素晴らしいこと。永遠に応援するわ!」と絶賛した。

「サッカーというスポーツは、ヨーロッパ、アフリカ、南アメリカの天下」というイメージが強かった、男子大学生のssは「日本チームがアジアの力を見せつけた!」と狂喜。「勝てなかったのは残念だが、日本選手の努力は全アジア人の誇り。遠藤、本田、岡崎、大久保、闘莉王、川島……愛しているよ!あなたたちの活躍は忘れない。あなたたちのスポーツ精神に心から感動した。素晴らしいゲームをありがとう。“決してあきらめてはいけない”ということを、教えてくれてありがとう!」と日本の選手たちに感謝の気持ちを伝えている。


一方、韓国では日本の敗北に大喜び (追加)

日本8強脱落、喜ぶ韓国 ~ネットにあふれる「おめでとう!パラグアイ」「日本沈没シュートの駒野はアジアの英雄」~ 2010年7月1日 朝鮮日報ブログ(韓国語)

私は、私たち韓国ネチズンはかなり「正義感のある」成熟した人々だと信じている。もちろん、未熟な発言もあり、ちょっと幼稚な面もあるようだ。

韓国ネチズンが日本敗北の報せを非常に喜んだというのだ。私は韓国ネチズンが日本の敗北に「共に」残念がると思っていた。日本をやっと倒した勝利国パラグアイには韓国ネチズンのお祝いの言葉があふれたという。ネチズンは駐韓パラグアイ大使館ホームページを訪れて「パラグアイがトルコに続き、新しい兄弟国になった」と祝賀の言葉を述べ、一時はあまりに多くのネチズンが集まってサーバーがダウンしたという。

日本の敗北が確定するや各種のパロディ物が登場した。特にPK戦でクロスバーに当てた守備選手、駒野友一がターゲットだった。駒野に関連した各種パロディ物があふれた。ネチズンは彼に「愛国烈士」というニックネームを付けた。また、彼のシュートに対しては「日本沈没シュート」「富士山大爆発シュート」と皮肉ったという。あるいはネチズンは駒野と発音が似た「コ・マンホ」さんのミニホームページに集まり、「ありがとうございます」「アリガト」「あなたはアジアの英雄」という祝賀の言葉が列をなして上がってきたという。

ネチズンらは韓国が去る26日、ウルグアイとの16強戦で1対2で敗北するとすぐに日本も8強に進出してはいけないと心配し始めた。彼らの望みどおり、日本が8強進出に失敗するとすぐに安心して喜んだ。だが、一方では「日本は善戦したが惜しくもゴールがなかった」と心のこもった激励をするネチズンは少数だった。

韓国が8強脱落した時、日本が「いい気味だ」という反応をしたかは分からない。しかし、我が国のネチズンのこのような「いい気味だ」という姿を見て率直に言って驚いたし残念に思う。これまで韓日感情はだいぶ良くなったと思っていたし、韓日は互いに競争して励まして共に発展していかなければならない隣国と自覚しているものと思っていた。

今回、パク・ヨンハの自殺で日本人たちが見せた悲しみは日本が韓流スターに相当な愛情を持っていることを示す。そして彼らは訊ねる「韓国はどんな社会で芸能人がぞろぞろ自殺するのか?」と。彼らは我が国の芸能人の自殺を自国の人気スターの自殺のように関心を見せて問題を提起しているのだ。「韓流スター」という表現から見えるように日本人たちは韓国に対して愛情を持っている。韓国に「日流スター」はいるだろうか?
(中略)
「いとこが田畑を買えば腹が痛い」という韓国ことわざのように隣国日本の8強挑戦で腹が痛かったというのか!昔の反日感情によってちょっと刺々しい隣国だがそこまで「他国の敗北」を喜ぶようでは世界に自国の偏狭さを広告するようなものだ。

私たちは日本と友人として生きなければならない宿命を持った民族だ。その民族が良いからではなく、彼らが私たちの「宿命的」隣国だからだ。政治、経済、文化などすべての面で絡まって混ざった関係だから、私たちはこの国と善隣友好しなければならない。

今回もし、韓国が日本チームを応援してその敗北を残念がったならばどれほどすばらしかっただろうか。日本は韓国を見直しただろう。世界も微笑を浮かべただろう。日本にも良心のある知識人がいる。韓国にすまないと思って両国の過去の歴史がさらに理解され深くならなかっただろうか。そして韓国の友情を再評価して韓国をより好きになっただろう。これはどれくらい良いことか。

これから私たち韓民族が日本と世界に対してもう少し開かれた世界観を持てば「コリアンは魅力的attractiveな民族だ」と評価してはばからないだろう。「開かれた心」はこの時代に必須だ。


(コメント)
韓国以外のアジアの国々では、今回のW杯で日本チームを応援してくれたところが多かったようだ。日本チームは、日本国民の期待以外にも、アジアの人々の期待も背負っていたわけで、良く戦ってくれたと思う。東南アジアの国からの書き込みでは、温かいコメント、思わずグッとくるコメントが多く、つまらないゲームだったいう意見もあるが、そういう意見は少数派だった。サムライブルーの活躍が、少なくともアジアの人々に肯定的な印象を与えたことは間違いなさそうである。

                                   人気ブログランキング
スポンサーサイト



アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top