日本が好きなだけなんだよ

Date : 2010年06月01日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山由紀夫が東シナ海ガス田の共同開発で中国に大幅譲歩

                                   人気ブログランキング

"友愛" 鳩山首相、東シナ海のガス田で中国に大幅譲歩…中国喜ぶ 2010年6月1日 産経ニュース

鳩山 小さな日本

31日に行われた鳩山首相と温家宝中国首相の首脳会談は友好ムード演出に腐心し、東シナ海のガス田共同開発問題で中国が条約交渉入りに同意するなど成果が並んだ。だが、中国が早期開発を目指す「白樺」ガス田などで日本側が事前交渉で大幅な譲歩案を示し、これに中国側が飛びついたにすぎない。両政府は局長級協議を近く開始する方針だが、日本の出資比率は最大で3分の1以下に抑えられる可能性が高い。

温首相「総理から『日本は今が一番いい季節だ』と聞いた」
鳩山首相「新緑の日本を味わっていただければと思います」

首脳会談は、和やかなやりとりから始まり、ガス田問題も温首相が「できるだけ早急に交渉を 開始したい」と切り出した。「東シナ海を平和、協力、友好の海にするための合意を実施に移したい」とわざわざ鳩山首相の言葉を引用してみせるなど、“気配り”も忘れなかった。

これまでの交渉で、中国側は、先行開発したガス田「白樺」について、5対5の対等条件での開発とした他のガス田と異なり、共同開発の対象外と明確にするように強硬に要求してきた。白樺は東シナ海のガス田で最大の埋蔵量が見込まれており、中国側はすでに商業都市の上海につなぐパイプラインの敷設を進めているからだ。出資比率などの条件面が有利に進めば、中国側のメリットは大きい。

結局、日本政府は3月に過去の交渉経緯などを精査した上で、白樺と他の共同開発を切り分ける対処方針を決定。これを受け、中国政府は5月上旬に非公式の局長級協議、5月中旬に外相会談に応じるなどじわじわと態度を軟化した。温首相のにこやかな対応は、日本政府の 譲歩に対する謝意だと言えなくもない。

外務省幹部は「白樺の出資比率について中国側と合意はない」と説明するが、他の共同開発と「出資」との線引きを明確にしたことにより、交渉は中国側に有利に進む見通しだ。日中関係筋は中国企業2社がすでに開発を手がけていることを挙げ、「日本の出資比率は単独で2社を超えない3分の1以下となるはずだ」との見方を示している。(一部略)


東シナ海ガス田問題の要点

200px-East_China_Sea_natural_gas_field_problem_28China_-_Japan29_NT.png

1.平湖ガス田
2.断橋ガス田(日本名:楠)
3.天外天ガス田(日本名:樫)
4.春暁ガス田(日本名:白樺)
5.日本が主張するEEZ境界線
6.中国が主張するEEZ境界線

問題となっているガス田は両国の排他的経済水域(EEZ)内にあり、日本はその権益の範囲を、現在国際的に一般的な日中中間線とするのに対し、中国は1970年代頃までの国際法上の解釈に基づく大陸棚の先端沖縄トラフまでを主張している。

現在、中国が掘削しているガス田は、日本と中国のEEZの境界線上にあるが、天然ガスの埋蔵地帯の大部分が日本のEEZ内に広がっており、中国のガス田からストローで吸い上げるように、日本のEEZ内の資源が奪い取られいく可能性が高い。それを解決するためにガス田の共同開発についての交渉が、自民党政権時代に行われた。

東シナ海ガス田

東シナ海ガス田のある尖閣諸島近海は宝の山


400px-Diaoyutai_senkaku.png
尖閣諸島の位置と名称(日本名)
1.魚釣島 2.大正島 3.久場島 4.北小島 5.南小島 6.沖の北岩 7.沖の南岩 8.飛瀬


国連・アジア極東経済委員会(ECAFE)は1968年10月12日から同年11月29日までの間。東シナ海海底の調査を行った。 翌69年5月に公刊された報告書「東シナ海海底の地質構造と、海水にみられるある種の特徴に就いて」には次のような文章がある。

「台湾と日本との間に横たわる浅海底は、将来の世界的な産油地域となるであろうと期待される」

イラクは世界第2の産油国。原油の推定埋蔵量は1125億バレル。イラン・アザデガン油田の推定埋蔵量は260億バレル。

それに対し、尖閣諸島周辺海域の原油推定埋蔵量は、

日本側調査 1095億バレル (1969年、70年の調査)

中国側調査 700億~1600億バレル(1980年代初め推計)

と言われる。

参考サイト
http://www1.ocn.ne.jp/~ecotech/

2ちゃんねるのスレタイ(スレッドタイトル)で見る東シナ海ガス田の日中交渉史

2004/ 6/22 【国際】中国ガス田開発に対抗…政府、試掘調査を検討
2004/ 6/29 【政治】「日本政府、毅然として」 東シナ海ガス田や尖閣問題で中国を警戒…防衛懇
2004/ 7/ 1 【社会】"この問題は放置せぬ" 中国独占傾向のガス田問題で、日本の調査船が那覇港入港
2004/ 7/ 6 【政治】"中国に「ガスを吸い取られる」" 政府、7日から東シナ海のガス田調査

2005/10/ 7 【社会】東シナ海のガス田、「龍井」の鉱脈も日本側に
2005/12/10 【社会】 "日本の資源も取られる?" 東シナ海ガス田、ついに中国のパイプライン完成

2006/ 8/16 【8・15靖国参拝】 ネット掲示板 「日本人を抹殺すべき」「日本製品ボイコットを」「ガス田で強硬策を」…中国
2006/ 9/21 【論説】 「東シナ海ガス田"ちゅうちゅう"、日本はゴリ押しするな。中国と共同開発するしかない」…朝日新聞

2007/ 4/12 【国際】 東シナ海のガス田問題、中国の大手石油会社が1日およそ11万3000立方メートルの天然ガスを生産
2007/11/17 【東シナ海ガス田】日本「試掘したい」→中国「そうなれば中国海軍は軍艦を出す」
2007/11/25 【政治】 福田内閣の発足により、東シナ海のガス田試掘先送り 首相、対中関係を重視
2007/12/ 8 【自民党】 二階総務会長、東シナ海のガス田開発などについて中国の要人らと意見を交わすため北京へ出発

2008/ 1/14 【国際】東シナ海ガス田開発で、「初めて」中間線付近(日本側海域)での共同開発を打診 - 中国
2008/ 2/ 4 【日中ガス田】 東シナ海のガス田開発問題、利益総額を原則等分に 日中両政府が共同開発案
2008/ 3/24 【政治】「毒ギョーザ問題や東シナ海ガス田問題で、日本の外交は自国のために交渉しているのか疑問だ」…自民党・中川昭一氏
2008/ 5/ 6 【政治】日中ガス田問題:首脳会談での決着、厳しい情勢…共同開発の対象海域で溝が埋まらず[5/1]
2008/ 5/15 【日中】 東シナ海ガス田 複数海域で共同開発、経済的利益追求へ 日中合意…境界線問題は棚上げ
2008/ 6/18 【政治】 東シナ海ガス田の共同開発、日中両政府が正式合意
2008/ 6/19 【政治】中川昭一氏、東シナ海ガス田合意は「明治時代の不平等条約みたいなものだ」と批判

2009/ 1/ 4 【政治】中国、東シナ海ガス田を合意破り掘削 中国側は監視を「妨害行為だ」と逆抗議
2009/ 1/ 5 【東シナ海ガス田】 中国が勝手に単独開発…中曽根外相「遺憾だ」、官房長官「開発継続、認められぬ」
2009/ 1/ 8 【ガス田問題】 「日本がまた挑発的態度…麻生内閣支持率低迷をごまかす為だ」…中国紙
2009/ 7/13 【ガス田】中国、「白樺」で作業実施 日本、掘削なら抗議へ

★民主党に政権交代

2009/ 9/22 【政治】鳩山首相、初の日中首脳会談 「東アジア共同体」の創設を提案 東シナ海ガス田「いさかいの海から、友愛の海にしたい」
2009/10/11 【政治】鳩山首相「東シナ海を友愛の海にしていこう」 日中首脳会談、ガス田問題で具体的進展無し
2009/11/11 【政治】日中首脳会談で鳩山首相、東シナ海ガス田「その通りです」

2010/ 1/19 【国際】「白樺ガス田は中国の主権」 中国が日中外相会談での発言を公表
2010/ 6/ 1 【政治】 "友愛" 鳩山首相、東シナ海のガス田で中国に大幅譲歩。中国喜ぶ…日本の「白樺」出資は3分の1以下の見通し


(コメント)
ブログの記事の中で、何度となく、民主党に政権を渡すことは悪魔と契約するのと同じことだと述べてきたが、悪魔には良心も道徳心も愛国心も責任感もない。日本人は軽い気持ちから恐ろしい悪魔に政権を渡してしまったのであり、自民党が粘り強く国益を考えて交渉してきた東シナ海ガス田問題も、あっさり譲歩して、白樺ガス田の天然資源の大部分が中国に略奪されることになった。

外交で成果を積み重ねるのは大変な作業だが、壊す時は簡単に壊れるものである。天然ガスだけなら良いが、今後、尖閣諸島を寄こせだの、沖縄を寄こせだの、中国側の要求のヒートアップは十分に考えられることだ。沖縄を友愛の島にしましょうとでも言って、鳩山に勝手に割譲されたら沖縄県民はどんな顔をするだろうか。

東シナ海ガス田問題は民主党政権の売国ぶりの一部に過ぎず、景気対策を行わないでの増税、海外への資金流出、地球温暖化対策基本法案やその他の売国法案の可決などで、これからさらに日本が国益を損なっていくことはほぼ確実な情勢だ。売国の確信犯である民主党は許し難いが、選挙で民主党を大勝させ、未だに民主党擁護の偏向報道を続けるNHKを含む大手マスコミの責任も大きい。

国益を本気で考える有力議員は、故・中川昭一氏のように潰されてしまうが、鳩山由紀夫のように国を積極的に売る議員は、選挙まで勝たせてくれるのが日本のマスコミである。今回のガス田の問題も、反日マスコミはろくに報道せず、うやむやにしてしまうことだろう。

正直、どうしようもないというのが率直な感想で、手の施しようがない。今の日本は、民主国家として末期症状を呈している。外敵には堅固な国でも、マスコミや政党を掌握され、民主主義を利用して合法的に内部から崩されると非常に脆いということが、不本意にも証明された訳である。民主主義は単なる一つの政治形態であって、万能の絶対正義ではないということだ。悪用されれば民主主義で国が傾くこともあるわけで、日本はその好例になってしまった。未来の日本人の資産でもある天然資源を中国人に奪われるのは残念だが、この状況では、資源で済んでいるだけまだマシな方なのかもしれない。


                                   人気ブログランキング
スポンサーサイト

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。