fc2ブログ

日本が好きなだけなんだよ

Date : 2010年04月16日

春の園遊会 天皇陛下が浅田真央選手にお声がけ

                                        人気ブログランキング

天皇、皇后両陛下が浅田真央選手にお声かけ・・・春の園遊会 2010年4月15日 産経ニュース

園遊会

動画
http://www.youtube.com/watch?v=lySqqNP0YHo


天皇、皇后両陛下が主催される春の園遊会が15日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。両陛下は、フィギュアスケートの浅田真央選手らと和やかに懇談された。

陛下から「このたびは本当におめでとう」と声をかけられた浅田選手は、「ありがとうございました」と応じた。陛下は続けて「良かったですね」「ずいぶん練習されたでしょう」などと語りかけられた。浅田選手は懇談後の取材で「お会いできてすごく光栄でした。(両陛下は)本当に優しい方だと思いました」と話した。

あいにくの雨模様となったが、園遊会には各界の功績者、政府・自治体関係者と配偶者ら約1900人が出席。フィギュアスケートの高橋大輔、スピードスケートの長島圭一郎の両選手らも姿を見せ、銀・銅メダル計5個を獲得したバンクーバー五輪のメダリスト7人全員が顔をそろえた。

今回は大相撲の元横綱大鵬の納谷幸喜さん、女優の松坂慶子さんらも招かれた。皇族方では、皇太子さまや秋篠宮ご夫妻などが出席された。


参考:園遊会の時の衣装について

園遊会に呼ばれた人のブログから引用。

http://sekkeiron.exblog.jp/7976732/

菊の御紋章入りの立派なご案内に、一瞬これは大変と戸惑いながら、早速考えた心配が服装であった。案内には

①男子は、モーニングコート、紋付羽織袴、制服または背広
②女子は、デイドレス、白襟紋付又は訪問着等と記されていた。

雨天でも園遊会は行われます。激しい雨風等の荒天のときは、お取りやめになることがあります。おとりやめの場合には、午後一時から三時まで、会場を参観することができます。と丁寧に記されていた。

浅田選手の園遊会での艶やか振袖姿を期待していたという声もあるかと思うが、浅田選手はまだ成人式前の19歳な上に、オリンピックから帰国後引っ張りだこで、アイスショーにも連日出演しているので、振袖姿を望むのはちょっと酷。ワンピース姿でも儀礼上、何ら問題はないので、振袖姿はまた次回のお楽しみというということで期待したい。

(コメント)
いくらバンクーバー冬季五輪のフィギュアスケートで銀河点を出そうが、日本人選手でなければ天皇陛下から園遊会でお言葉を賜ることはない。特権という言葉は語弊があるかもしれないが、世界最古の歴史を持つ世界唯一の皇帝と面会する栄誉に浴するには、やはり日本人に生まれないと難しいだろう(日本人に生まれても至難の技だが)

映画のヒロインを地で行くような浅田真央選手だが、美しく毅然とした演技で日本人に勇気と誇りを与えた功績は大きい。バンクーバーでの神がかった演技は、スケート界の歴史に残る伝説の演技だったと思う。若くて綺麗な未成年の国家功労者だが、両陛下との会話でその苦労の一端なりとも報われれば、日本人の一人として嬉しく思う。陛下との会話もとても可愛くて良かったし、会話の後に泣き出しそうな表情を見せたのがとても初々しかった。

日本の首相が国家元首だと、鳩山のようなキチガイ首相が海外で恥を撒き散らし、ワシントンポストで酷評されたりすると日本人として穴に入りたくなるが、日本の実質的な国家元首は天皇陛下なので、日本国民の名誉はギリギリのところで救われている。まあ皇室の方も、今上陛下がご健在のうちは問題ないが、徳仁皇太子がこのまま次代の天皇に即位すると皇室版の鳩山由紀夫が誕生してしまう。出来ればその頃には、愛国心に富んだ優秀な政治家が首相になって、皇室問題についても善処してくれることを祈るしかないが、今のところ天任せ運任せというのが何とも心細い限りである。

                                 人気ブログランキング
スポンサーサイト



アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top