日本が好きなだけなんだよ

Date : 2010年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山夫妻がモデルのルーピーTシャツが大人気

                                        人気ブログランキング

「LOOPY」Tシャツ売れてます 2010年4月29日 スポーツ報知
41nWEbQSGnL__SS400_.jpg
鳩山夫妻 ルーピー

鳩山夫妻

鳩山由紀夫首相(63)を核安全保障サミットの「最大の敗者」であると叩いた米紙「ワシントン・ポスト」は28日付の電子版で、同記事で首相を批評した際に使用した「ルーピー(LOOPY)」という言葉は、一般的な「愚か」「変わり者」の意味ではなく、真意は「鳩山首相が現実から遊離している」という意味であると記した。著名コラムニストのアル・カメン氏が再執筆したものだが「日本の指導者に対し非礼」との批判を受けての、苦し紛れの釈明との見方も。

米紙「ワシントン・ポスト」のコラムでも話題になった「ルーピー夫妻」Tシャツがバカ売れしている。

利用者がデザインしたイラストや写真を基にオリジナル商品を販売する株式会社「ClubT」(東京都渋谷区)では、15日から鳩山首相夫妻をモデルにした「ルーピー夫妻Tシャツ」を2940円で発売。色違いのTシャツやパーカなど関連商品を含め、約2週間で1000枚以上の注文があった。

同社は、これまで「裸になって何が悪い」Tシャツ、与謝野馨氏が鳩山首相の献金問題を追及した際に発した「平成の脱税王」Tシャツなどを販売した。なかでも、福田康夫元首相が辞任した際、記者に対して発した「あなたとは違うんです」Tシャツは、約1万枚が売れ、「政治もの」では異例の売れ行きとなったという。

「小泉首相以来、政治ものを扱ったTシャツが流行になっています」(同社担当者)。今回の「ルーピー夫妻」Tシャツも「まだ発売を開始したばかりですが、かなり売れてますね。ヒット商品になると思います」と期待している。


面白政治ネタTシャツ



管理人のTシャツ化希望AA

鳩山 専用機


鳩山 ルーピーマン

ジミンガーZ

トラストミー3

(コメント)
小泉政権以降、政治ネタのTシャツが売れているそうだが、そんな中で、歴代総理の中では政策は最悪だがAAは面白い鳩山由紀夫のルーピーTシャツが、発売後好調に売り上げを伸ばしているらしい。鳩山のAAを使った平成の脱税王なんてTシャツもあるが、まあ、夫婦揃って浮世離れした人間なので、ネタにしやすいことは確かだろう。民主党の選挙演説などに着て行くと、無言の皮肉を利かせることが出来るので面白いかもしれない。

アメリカなどでは政治家関係のTシャツは良く作られるようだが、日本で政治家をユーモラスに風刺したTシャツが売れ始めるというのは面白いことだと思う。とかく政治に無関心な人間が多いと言われる若年層の関心を呼び込む意味でも、こういった風潮は好ましいことかもしれない。国民にとっての政治というのは、簡単に言えば投票を通じて自分や家族の未来を他人に委ねるということであり、本来、無関心であってはいけない問題である。日教組の愚民化教育やマスコミの愚民化放送が功を奏し、政治に無関心な層が大量生産されてしまったが、遅まきでも良いので、一人でも多く、政治に関心を持つ人間が増えてもらいたいと思う次第である。

民主党の小沢幹事長は、検察審査会の起訴相当の議決を受けても続投だそうだが、テレビ朝日系のスーパーモーニングなど、一部のテレビ番組で、検察審査会を馬鹿にしたような、見るに耐えない小沢擁護も見受けられたようだ。民主党の議員達の小沢続投に対する反応も呆れたものばかりで、民主党県連会長の工藤堅太郎参院議員などは、「証拠を持たない素人集団の議決は民主主義への挑戦で残念だ」などという妄言を吐いている。横山北斗青森県連代表に到っては「今、民主党を批判する反革命分子に負けずに、この危機を乗り越えて行かなければならない」とまで言っている。

一度下劣な人間に絶大な権力を持たせてしまうと、身の程を忘れて横暴を振るうという良い見本だが、森喜朗元首相の「日本は天皇を中心とした神の国」というなんでもない発言は叩かれても、上記のような民主党関係者の妄言はマスコミでほとんど叩かれることはない。マスコミの恣意的な印象操作の手法の一つである、「報道しない自由」「批判しない自由」は相変わらず健在ということだろう。日本はマスコミによって情報や世論が日常的に操作される、情報統制国家なのである。

関西のテレビ番組「ニュースアンカー」の中で青山繁晴氏が述べていたが、検察は小沢を二度目の不起訴にする可能性が高いらしい。そうなると検察審査会の二度目の「起訴相当」の議決が出る公算が強く、小沢一郎の民意による強制起訴が実現する。そうなると、誰の目から見ても小沢一郎は国民の敵になるわけであり、小沢の擁護を繰り返す民主党も名実共に国民の敵になるわけである。前回の選挙はマスコミ主導の政権交代詐欺だったが、今度の夏の参議院選挙は、国民の敵 VS 国民という、かつてない構図になりそうである。


                                        人気ブログランキング
スポンサーサイト

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。