fc2ブログ

日本が好きなだけなんだよ

Date : 2009年08月28日

韓国についてのチラシの裏話 14

                                              人気ブログランキング

着々と迫る投票日、民主政権成立による日本滅亡へのカウントダウンが始まる中、果たして麻生自民党に勝算はあるのだろうか?マスコミの世論調査や出口調査の結果は、大部分が自民党の惨敗を予想しているが・・・

(主な用語解説)
上海蟹・・・中国共産党の上海閥  紅茶紳士・・・英国  イルボン嬢・・・日本  ウォッカ・・・ロシア  フラメンコ・・・スペイン  Kの国・・・韓国  陶器・・・中国  油壺・・・中東  雨・・・アメリカ  統一・・・統一教会  駄菓子菓子・・・だがしかし


848 :Trader@Live!:2009/08/27(木) 03:02:57 ID:QBZcDkfc
いよいよ一つの大きな決戦のときが近づいて来たニダね。本当にここまで良く、地道な努力を積み重ねてくれたと心から感謝、敬服するニダ。とはいえ、この衆議院選挙は只の序盤戦。今の世界情勢は文字通り、未曾有の危機に差し掛かっているのは様々な場所から漏れ伝わってくると思うニダよ。つまり、今の戦いは最終決戦ではなく、次の戦いの始まる序章に過ぎない、と言えるニダ。気を緩めることなきよう、と言うのはここのスレにいる人たちへの只の蛇足に過ぎないニダね。
 
さてさて、我が国の中の情勢について、流石に今の報道はどうも“変じゃね?”と感じる一般の人々も出てこられた様子ニダ。一言で言えば「仕込みは完了した♪」という情勢ニダよ。ところで、ローゼン閣下の外交での強さの秘密の一端をご存知ニカ?ローゼン閣下の強さの柱の一つには、「情報の強さ」があげられるニダ。

なぜ、麻生派が僅かに二十数名の弱小派閥にもかかわらず、自民党の内部でその他の派閥の魑魅魍魎を押さえ込んで御し、自分のプランを進めることが出来るのか、疑問に思われたことはないニカ?つまり、そういう事ニダ。官僚や財界などを含めた、恐るべき麻生ネットワークの真の実力が発揮されるのはこれからニダよ。むやみに他の政党の候補を今の時点で逮捕しないのは、逮捕しない理由があるニダ。

そんな事をすれば政治不信を加速して今後の政策を遂行するには大きな障害になる。そしてマスゴミに「強権を発動して与党の立場を維持した」という格好の攻撃の的を与えてしまうニダ。もっとも、それが可能になったのもこのスレの住人の方々を含む様々な、実に様々な方々がローゼン閣下の為に、そしてそれ以外にも民巣に任せるのには問題がありすぎる、として自分の考えで自ら行動をして下さったからに他ならないニダよ。

加えて、当然のことながら、マスゴミの中の何社か、そして民巣や様々な場所に閣下の兵士は紛れ込んでいるニダ。そう、ここで煽りをかけていた、いわゆる『工作員』の中にも閣下の息の掛かったと思われる者がいたかもしれないニダよ?

正直言えば、一時は強攻策に出ることもメインプラン候補としてあがっていたニダ。

だが、予想以上に民巣内の内部崩壊が進んでいる事が判明したことで、正面突破の筋書きが進められている、という噂ニダ。あくまでも噂ニダよ?もしかしたらウリに囁かれた情報も、実は囮でいきなり強行突破を図っているのかもしれないニダよ?ご想像にお任せするニダ♪要するに、「はいはい、ワロスワロス」が基本ニダ。
 
849 :Trader@Live!:2009/08/27(木) 03:03:39 ID:QBZcDkfc
そして上海蟹のディナーに関して、紅茶紳士の味覚はやはり何処か変、という溜息が何処かから聞こえて来たニダ。当然のことながら上海蟹の下拵えはたっぷりとしたお湯を沸騰させて、適度に塩を入れてじっくりと塩茹でにするのが基本ニダよ。

駄菓子菓子、何と、ここで紅茶紳士の本領発揮♪

仮面をつけたまま気障なタキシードを着こなして、颯爽と厨房に現れた仮面紳士は塩の代わりに砂糖を入れた、という離れ業を演じてしまったらしいニダ・・・アホか・・・、と誰もが耳を疑ったというお話ニダ。当然のことながら腕によりをかけて下拵えをしていた料理長は凍り付いてしまっているらしいニダ。ねっちょりと甘く茹で上がった上海蟹をどうやって美味しいディナーに仕上げるのか、料理の鉄人の腕の見せ所ニダね♪

それはそうと、あの麗しのイルボン嬢の絵を描いた絵師殿には賞賛を禁じえないニダ。素晴らしい、と各方面からも驚きと賞賛の声が上がっていたニダよ♪

とは言うものの、仮面舞踏会の会場では紅茶紳士の面白いパフォーマンスに皆が笑い転げている、という微笑ましい噂が風の知らせで聞こえて来たニダ。そしてそこで密かに微笑んでいらっしゃるのが我等がイルボン嬢、というお話ニダ。受け狙いなのか天然なのか、とにかく仮面紳士のはしゃぎっぷりは没落しかかった貴族とは思えないほどの弾け具合だと言う中々面白い風の便りが舞い込んで来たニダ。

ただ・・・
ウォッカの中が・・・
己等はアホか!?、と頭を疑うような信じられない逆噴射をしでかしてくれた連中がいたニダ・・・選りにもよって花火の中身を入れ替えておきながら、それをスリにスリ取られるとは・・・元KGBとは言え、資本主義が導入されて金と言う甘い汁を吸った連中の中は、金で信念を売るような情け無い者さえいたらしいニダ。

と言うことで、大捕り物帳が今まさに絶賛上映中、という状況ニダ。とは言え、事が事だけにライブで実況!とはいかないのが残念な話ニダ。

まぁ、気の弱い人々がパニックを起こされても困るので、こんなふざけた話は「はいはい、ワロスワロス。失敗すんじゃね~ぞ?」とでも受け流しておけばおk、ニダ。

上海蟹も茹で上がる寸前に最後の気力を振り絞って大暴れ♪、の真っ最中との実況生中継を聞いているニダ。個人でこれに参加して、おいし~く茹で上がった上海蟹をご賞味するのもまた一興ニダが、その際にはオリオン並みの強さを目指して鍛えておくことを忘れないようにするニダ。

鋏でばっちん、とされても棍棒の一撃で頭を殴り割って返り討ちにできるだけの実力を身につけておけば、非常に美味しくペロリンチョ♪、といけること間違い無いニダよ。

チラ裏の解析、解読の板で中々良い分析がなされているのはとても良い傾向ニダ。実際にウリは、そして何人かのチラ裏投下主は解析されて幾重にも包んだ包装紙を解き放って、情報を見られることを前提にこの板に投下しているニダよ。

そして、その包装紙にも意味があり、そしてその印刷されている柄にも情報の断片や意図が織り込まれている、と考えれば、ウリが“チラシの裏”を投下している意味の一端を推測できると思うニダ。例えば、フラメンコが動かないのはおかしい、という話も当然のことで、少しでも国際社会情勢やEUに関わる仕事をしている人からすれば至極当然に「動いているはずだ」という推測が出るのは当たり前ニダ。

駄菓子菓子、そこで「何故、動いていると推測されることが表面に出てこないのか」と考えて、それに関連する情報を分析する必要があるニダよ。考えてみるといいニダ。

このフラメンコの例をとってみても、

1.フラメンコはEUの中でも中々の有力国
2.しかし表立ってはフラメンコは何も動いていない
3.EUも何処も完全ノーコメント
4.それでも、物流の流れや資金の動きでフラメンコが何らかの動きをしていると推測される痕跡を見ることが出来る
5.なら、何故なのだろうか・・・そして、それの目的は何で、どのような手段なのだろうか

という考えが成り立つはずニダよ。

物事は時には大きな絵で様々な表に出てくる事象を見る必要があり、その流れの中から裏で起こっていることを推測する、という大胆な物の見方も必要になってくるケースも存在するニダ。もっとも、それは市況版にいる人たちにしてみれば文字通り、蛇足の与太話に過ぎないニダね。

852 :Trader@Live!:2009/08/27(木) 03:04:27 ID:QBZcDkfc
そして我等がKRWに関するネタとなるニダ。
漸くというか、遂にというか、Kの国の経済のシステムを支えていた基盤の一部が崩壊した、という話が飛び込んで来たニダ。それが表面化するまでにはまだ、もう少し時間が必要になるニダが、全力で突っ走っているウリナラレーシングカーの計器の周辺にある様々な警告ランプが次々につき始めている、という状況ニダ。

停車すればそのまま御終い♪ さりとて走り続けるだけの度胸があるか、車は、エンジンは持つのか?という手にポップコーンとコークを構えて見つめていたくなる様な実況生中継が発生しているニダ。統一も中がエロい事になってもう完全に浮き足立っている、という悲惨な状況らしいニダ。裏切りと脱出が入り乱れて、パニック状態の有様となっているという面白い話を聞いたニダ。

陶器の中もgdgdに割れて、その破片に引きずられてエロイことになりそうだ、と競馬好きのおさーんが囁いていたニダ。

それはそうと、民巣が政権をとったら半島勢力が、中共が、という話がごにょごにょと言われているニダが、今の段階で「上海蟹は料理中♪」なのと、「陶器はバラバラに割られる」のは現在進行形で進んでいるニダ。

しかも、それをやってる実行犯はウォッカと欧州勢ニダ。

加えて、油壺界隈とメタボカウボーイも飛び込んできたので、それらを全部相手にして覆さない限りは進行を止められないニダよ♪そんな状況で民巣にそれに割って入るだけの実力と度胸があると思うニカ?その上で民巣には欧州と雨、油壺やウォッカにパイプなど持っていないニダ。それに、何故、民巣が特亜べったりなのか、考えるべきニダよ。

利権がなければそんなメンドクサイ物に関わりあいを持つ気などないニダ。ましてや金が無い、だから陶器(上海閥)にこっそりと現生を出してもらおう、という話を仙人が見過ごす事は無いニダ。つまり、「お前は既に死んでいる・・・」という状況ニダよ。

とは言うものの、そういう懸念を抱かれている人もいる様子ニダが、何度も書いているように「民巣がそんな事をするのは許されない。下手をすればヘッドショットを食らって民巣とその支持団体のみが真空パックの中にご案内♪」となる、ニダ。

何故なら、イルボン嬢の役目は「半島真空パックの閂の押さえ役」という大役を担うことが“確定事項”だから、ニダ。つまり、それに関わっている連中は『どんな手段を使ってでも』イルボンにそれをやらせる、というシナリオが決定しているニダよ。

さてと、ウリの投下しているこのチラシの裏がガス抜きかどうか、という話に関してはウリはコメントをする立場にはないニダ。さりとて、根拠の無い与太話をこの場に流し込んでここの住民を愚弄しているわけではないニダよ。

強いて言うならば、「国民の知る権利」にお応えしているに過ぎないニダ。とは言うものの全てをぶちまける訳にもいかないので、投入できるネタをオブラートに包んでチラシの裏に書きなぐっていると言うのが現状ニダ。それがどういう効果をこの住人やチラシの裏を読んだ人たちに与えているのかはウリには知る術は無いものの、メディアで報じられている情報とは違ったものを投下できたのではないか、と考えているニダ。

とは言うものの、あくまでもチラシの裏。
「はいはい、ワロスワロス」が基本であり、決して安易に信用したり教祖のお告げにしない、というのがチラシの裏の楽しみ方の基本中の基本ニダよ。

投票日まであと数日。
体調を崩さないように、皆様、ご自愛ください。

仙人の街や各地では途轍もなく暑い夏だったニダ。とは言え、この夏の暑さはまだまだ続くニダよ。世界各地でも妙ちくりんな花火が打ちあがっては消えて、緊張感たっぷりの詰め将棋が進められているニダ。学生の皆様、もう夏休みも終わりニダね。おおっと、大学生の夏休みはもう少し続くニカ?残暑厳しい中、きちんと宿題や課題も終えて、新学期のスタートを待つだけだと思っているニダよ?

そして秋が深まれば行楽の秋、食欲の秋が待ち構えているニダ♪きのこ狩りは秋の行楽の基本中の基本ニダが、食べられるきのこと食べてはいけないきのこをきちんと判別しなければ危ないニダよ?

世の中には毒キノコと呼ばれるきのこがいっぱいあるニダ・・・中には・・・かな~りヤバイ物も・・・絶対に手を出してはいけないニダよ!あと、「蟹」の持つ別の意味も考えてみると、もっとwktkかも知れないニダよ?


関連記事
韓国についてのチラシの裏話
韓国についてのチラシの裏話 2

韓国についてのチラシの裏話 3
韓国についてのチラシの裏話 4
韓国についてのチラシの裏話 5
韓国についてのチラシの裏話 6
韓国についてのチラシの裏話 7
韓国についてのチラシの裏話 8
韓国についてのチラシの裏話 9
韓国についてのチラシの裏話 10
韓国についてのチラシの裏話 11
韓国についてのチラシの裏話 12
韓国についてのチラシの裏話 13

(コメント)
チラ裏の内容が本当ならば、強硬策から正面突破策への転換が図られ、それでも自民の惨敗がないような見方が出来るが、果たして真実は・・・さすがに連日民主党300議席報道が続くと、民主党の危険性を知る人間は意気消沈せざるを得ないが、自分も民主党を罵るカラ元気はあっても、自民党の勝利を予測するほどの楽観性はない。生来の小心者だからなのだろうが、大袈裟な表現ではなく、自分の中では民主党政権が日本滅亡のプロローグになる可能性があると確信しているだけに、民主党や偏向報道を繰り返すマスコミに対しては、憤懣やるかたない思いが渦巻いている。

選挙の結果如何によっては、チラ裏の信憑性自体が問われることになるが、自民敗北、麻生総裁辞任という事態になれば、統一勢力の駆逐にも暗雲が立ち込める。マスコミが調査結果に下駄を履かせているのか、本当に自民が大敗するのか、全てがはっきりするまでチラ裏の解釈は当ブログでは保留し、読者の皆さんの判断にお任せすることとしたいが、願わくば、チラ裏の解釈を続けられる状況を望みたいものである。この後に及んで悲観的な書き方しか出来なくて申し訳ないが、外国人参政権や増税の数々を考えただけでも胃が痛い。民主党やマスコミの関係者は天にも昇る気持ちかもしれないが、民主党の危険性を知る日本人の多くは、自分と同じく寝覚めの悪い日々を過ごしているのではないだろうか。8月30日は今後の日本にとっても、長い一日になりそうである。


                                              人気ブログランキング
スポンサーサイト



アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top