fc2ブログ

日本が好きなだけなんだよ

Date : 2009年04月22日

カルデロン問題で続く反日マスコミのプロパガンダ攻勢

                                           人気ブログランキング

カルデロン一家の3重の罪

カルデロン

カルデロン一家は不法入国常習ファミリー  4月17日 衆議院法務委委員会(衆議院TV)
http://www.youtube.com/watch?v=1Nkm9cBHbVs

自民党 赤池議員:日本で就労して多くの収入を得るために、ブローカーから他人名義でフィリピン旅券を入手して、平成4年にサラさん、翌年平成5年にアランさんが相次いで不法入国をしたと。さらに、それぞれ他人名義で外国人登録までしてると。そして、さらにさらに平成7年には、長女であるのり子さんが日本で生まれて、入管法の在留資格取得を申請することなく、長女も不法残留となったと。これ、3重の罪ということになるわけでありますが、これは間違いないでしょうか、局長?

石川入国管理局長:(略)間違いない事実だと思います。

赤池:さらに問題なのは、そのアラン・サラ両家の家族でありまして、カルデロンのアランさんの家族は兄を除いて両親二人、姉一人が不法残留歴があると。姉は残留特別許可をもらって日本に今現在いらっしゃると。そしてサラさんの母親の家族は弟一人を除いて両親二人、弟、妹の四人に不法残留歴があると。弟妹の二人は定住者の在留資格を得て、現在日本にいると。

カルデロン父母の両親家族はほとんどが不法入国、または不法残留したことがあって、現在日本においても、この二人が入ってきた時に同居もしてると。裁判の判決によると、親族関係にあるものが感化しあって、集団で入管法違反を繰り返していて、日本の法律を遵守しようとする意識が極めて希薄であるということが、判決でも指摘をされているということでありますが、これは、入管当局としても事実でしょうか?認識なさってますか?

石川:(略)判決で指摘されているので、事実であろうと思います。

テレビ朝日の古舘キャスターがカルデロン一家の犯罪を擁護(4月13日の報道ステーションにて)

古舘キャスター「ご両親と13歳の娘さんが、国を別れて暮らしていく。あのー、みなさん、これをですね、自分の親戚で起きたことと想像しますと、どうでしょうね。法律っていうのは何なのかと思いますね。新しく法律を作る前に裁量というものがあるのではないかなと、私は感じますね」 

http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v18260810MjDnhTQH
http://www.youtube.com/watch?v=EnX25oaSLPU

TBSがカルデロン一家を意識した洗脳ドラマを放映開始


TBS 金曜ドラマ 『スマイル』 夜10時

番組公式ホームページより引用

これまで数々の名作を世に放ってきた TBS 金曜ドラマに新たな歴史が刻まれる。今回 TBS が手がけるのは、人間愛をテーマにした重厚的な人間ドラマ。

主演は松本潤。今回はフィリピン人の父親と、日本人の母親の間に生まれた青年・ビトを演じる。自分の生い立ちにコンプレックスを抱いているものの、明るく活発で、常に絶やさぬ笑顔が印象的、それがビトだ。ヒロインは新垣結衣。ある出来事が原因で、失声症になってしまったにも関わらず、太陽のような笑顔がまぶしい純粋な少女、花を演じる。

そして、中井貴一が TBS ドラマに12年ぶりに登場 !! 人を食ったような笑顔が印象的な目立ちたがりのミーハー弁護士、伊東一馬を演じる。ビト、花、一馬、それぞれの笑顔の裏に隠された秘密と過去、傷がやがて3人を結びつける。3人の出会い、恋、反発、そこから生まれる絆は、それぞれの運命を翻弄しやがて社会に大きな波紋を広げていくことになり…。

今年の春、金曜ドラマのテーマはズバリ “人間愛”。こんな時代だからこそ、骨太で純粋なヒューマンラブストーリーを真剣に作りたいと思っています。


TBSさん、こ・・・これ読んで下さいお

カルデロン問題で反日左翼団体が保守系市民団体のデモ行進に嫌がらせ

左翼2名逮捕!在特会国民大行進inカルデロン蕨市  在日特権を許さない市民の会

**左翼2名逮捕**
2009年4月11日(土)カルデロン問題の発祥地、埼玉県蕨市
”犯罪外国人・犯罪助長メディアを許さない国民大行進in蕨市”
この問題に関心を持つ一般国民約130名が参集。
左翼側は約30名。
集合場所の公園にはカルデロン一家擁護の左翼の仕業と思われる
挑発的な落書きがいたる所に書かれていました。
行進出発直前に左翼が我々の用意した横断幕を破り逃げ去り、
行進中も列の後ろから妨害行為を働きました。

【協賛】主権回復を目指す会/せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
NPO外国人犯罪追放運動/外国人参政権に反対する会・東京

【主催】在日特権を許さない市民の会
www.zaitokukai.com

カルデロン一家全員の「国外退去」を主張する市民団体が蕨市でデモ 「外国人排斥」と非難する市民団体と小競り合いに  毎日新聞

長女に在留特別許可が認められた蕨市のフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)一家の処遇をめぐり、家族全員の国外退去を主張する市民団体約100人が11日、市内でデモ行進を行った。JR蕨駅近くの公園で、このデモを「外国人排斥」と非難する市民団体と小競り合いになり、非難していた男性(37)がデモに使う横断幕を奪ったとして蕨署に窃盗容疑で現行犯逮捕される騒ぎもあった。【浅野翔太郎】

【逮捕されて完全黙秘中の犯人男性(37)】
http://a-draw.com/contents/uploader2/src/up4360.jpg
http://a-draw.com/contents/uploader2/src/up4359.jpg
http://a-draw.com/contents/uploader2/src/up4358.jpg

犯人の顔は日本人離れした顔付きである。不法外国人の強制退去に反対の人物なので、普通に考えて外国人の可能性が高い。

カルデロン一家を支援する反日左翼勢力

【カルデロン・のり子支援団体】
NPO法人『信愛塾』
信愛塾は1978年秋、在日大韓基督教会横浜教会と横浜の民族差別と闘う会の支援のもとに、在日韓国・朝鮮人の子ども会として生まれました。それは何よりも、子どもたちに民族の誇りと自覚をもって自立してほしい、基礎学力をきちんと身につけてほしいというアボジ・オモニたちの強い願いによるものでした。
http://www6.ocn.ne.jp/~k13sin19/ayumi...

「カルデロン・アラン・クルズ一家に在留特別許可を!」
http://blog.goo.ne.jp/izumibashilaw
いずみ橋法律事務所
代表 渡邊彰悟  

訴訟名称 アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件
訴訟原告代理人・弁護士
高木健一 幣原廣 林和男 山本宜成 古田典子 渡邊智子
 福島瑞穂 小沢弘子 渡邊彰悟 森川真好 梁文洙
http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kj8899/s...


プロ市民

(コメント)
不法入国で強制送還された外国人一家は、今まで何百といたにもかかわらず、なぜカルデロン一家だけがマスコミに執拗にクローズアップされ、擁護され続けるのか、それを疑問に思うことは決しておかしなことではない。偶然全てのマスコミがカルデロン一家に注目し、偶然全てのマスコミが擁護していると考えるのは、あまりに軽率過ぎるだろう。

ノリコの親戚が日本にいることをなかなか報道しなかったり、取材もしないで、不法入国したフィリピン人夫妻が家庭内で母国語のタガログ語を一切喋らない、などという与太話を流したり、どうみてもまともなメディアとはいえない報道姿勢が、この問題では特に目立っているのではないだろうか。ついには古舘みたいに「自分達の親戚で起きたことと想像しますと...」などという妄言が飛び出し、TBSみたいにあからさまなプロパガンダドラマを放送するようになる体たらくである。

最近では、インターネットの普及でテレビの洗脳効果の効き目が以前より落ちてきているので、テレビ局のやることも見境が無くなってきたような印象を受ける。NHKで歴史偏向番組を3年間に渡って大々的に流すなど、気が狂ったとしか思えないような出来事が増えてきたが、西暦2000年以前と違い、インターネットが反日マスコミへの抑止力として機能し始めた証拠なのかもしれない。とにかく、国益も日本の将来も考えず、日本人の権利を平気で侵害するようなマスコミは廃れるべきで、世が世ならば売国マスコミや売国政治家達は、桜田門外の変よろしく、暗殺されてもおかしくない連中である。

桜田門外の変で暗殺された井伊直弼は、彼なりに日本や幕府の将来のことを考えていただろうが、売国マスコミや売国政治家達は、日本より他国の将来を考える問答無用の国賊達なので、維新の志士達が健在の世ならば、日本刀でなます切りにされていることは確実だ。現在ならば悪くとも倒産や失職程度で済むのだから、誠に運のいい話である。まあ、国を売ると勲章が貰えるご時勢なので、何の不思議もないといったところだろうか。

※女性差別撤廃条約の批准はとりあえず見送りになったようですが、まだ火種は残っているようなので、今後とも注意が必要なようです。ご協力いただけた方、ありがとうございました。

詳しくは下記のなめ猫♪さんのブログを参照して下さい。

http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-1274.html


滞在期限切れのあなたに

サヨネーズ

スポンサーサイト



アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

まさやん

Author:まさやん

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top