日本が好きなだけなんだよ

Date : 2008年09月29日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日教組の真実

中山成彬議員の日教組に関する批判が物議を醸していますが、マスコミや野党は日本の教育を崩壊させた日教組に関する批判はしないで、真実を述べた中山議員を失言だ!不適切発言だ!と叩いている。まさにマスコミや野党の背後に、一体誰がいるのか?自分達の振る舞いで真実を白状しているようなものである。

nikkyouso-thumbnail2.jpg
日教組関係者の、とても教師とは思えない人相からして、ある程度どんな人物かが推察出来るが、その実像は我々の想像をさらに上回っている。

日教組関係者による北朝鮮礼賛集
http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/meigen/n-korea.html
より引用

日本教職員組合編『発展するチョソンと教育』(1973年)より

・奥山えみ子【日本教職員組合婦人部長】
「『チョソンという国はキム・イルソン一家だ』と私は率直に思った。キム・イルソン主席を父として、すべての人民が一軒の家族のように、ぴったりと呼吸を合わせ、輝かしい未来に向かって。チョンリマのようにかけつづけている。」

・久保田欣一【鹿児島県高等学校教職員組合執行委員長】
「この国の人々が、明るい未来の建設に身も心も捧げ、そしてそのために真剣に世界の平和を願い、日本の民主勢力の発展に期待する心をひしひしと感じ取る。日教組の任務と責任は大きい。5年、10年と経てこの国がチョンリマの発展をとげることを確信し、滞在中に寄せられたさまざまの心づかいに深く感謝して帰途についた。」

・藤田行雄【三重県教職員組合組織部長】
「各界の指導者が30歳~40歳が中心で若さのあふれた国だけに、10年後の共和国は南半分の統一も含めてすばらしい社会主義国として発展するであろうと確信した。」

・本間直行【岩手県高等学校教職員組合常任執行委員】
「チョソンのすばらしい教育に直接ふれ、今のうちに日本の教育の行くべき道を正さねば…とも強く感じるのである。ほんとうによい学習の機会を与えていただき感謝にたえない。」

安井郁、高橋勇治編『チュチェの国・朝鮮を訪ねて』(1974年)より

・槇枝元文【日本教職員組合委員長】
「この国には泥棒がいない。泥棒とは富の片寄ったところに発生する。この国には泥棒の必要がないのである。泥棒も殺人犯もいないから警察官もいない。交通整理や怪我人のために社会安全員が街角や交差点に立っているだけ。」

その他の出典より

岩井章【日本教職員組合制度検討委員】
「教育というものについて私がたえず思っているのは、教育は思想と関係ないといういわば『教育の中立性』をどうしても主張せざるをえないという面もあるが、しかしこれはじつは非常に大きな偽りで、教育はやっぱり思想の問題だということです。日本は資本主義の国だからそういう『中立性』によって反動思想の及んでくるのを食い止めるのが精一杯。だがあの国(引用者注:北朝鮮のこと)では根本的に知育、体育、徳育の三つを強調する。その根本になっているのは人間の尊重だ。そして社会主義、共産主義の思想を子供のころからほんとうにあらゆる形で討論したり、議論したりしている。私はこのことをまず非常に印象深くみたのです。」
出典元:1972年12月号『世界』より
【踊る埴輪より】「教育とは共産主義思想を注入することだ」という本音を図らずも暴露しています。

・槇枝元文【元日本教職員組合委員長・元総評議長】
「私は常々一番尊敬している人は、という質問に対して金日成主席と答えてきました。」
出典元:1997年4月10日『朝鮮時報』より

民主党に所属している日教組出身の参議院議員

輿石東(元山梨県教組委員長、山梨県)

佐藤泰介(元愛知県教組委員長、愛知県)

神本美恵子(元福岡県教組女性部長、比例区)

那谷屋正義(元横浜市教組書記長、比例区)

水岡俊一(元兵庫県教組書記次長、兵庫県)

渡部昇一 上智大学名誉教授 「WILL-2007年9月号」

・日教組の悪質なものは民主党に入り込み、文科省にも入り込んでいる。

文科省で「ゆとり教育」を進めたのは、左翼が学生運動で反政府活動をしていても駄目だと気づき、政府の中に入ろうと思い立ったと自ら言っているような人たちなのです。

これは重大な事態です。こういう人たちが推進した「ゆとり教育」のために、日本人の子供の学力が著しく低下したのは、多くの人が指摘されている通りです。

日教組の力が弱くなったからといって安心してはいけない。その陰ではいつでも息を吹き返そうとしている勢力がいることを忘れてはいけないのです。


(管理人のコメント)

中山元国交相は、大臣の地位に固執せず、捨て身で真実を発言したのだろうが、こういうイレギュラー要素の強い出来事は、思わぬ事態を引き起こす場合が多々ある。インターネットが普及していない時代なら、マスコミの大本営発表と野党の批判で、国民はすっかり騙されていたでしょうが、日教組というキーワードを検索するだけで、目を疑うような真実が明らかになる現在においては、国民の批判の半分は、野党とマスコミに向けられる。逆説的な言い方になるが、この問題でマスコミや民主党が騒げば騒ぐほど、日教組の動きは封じられ、マスコミへの不信は高まり、民主党は支持率を減らす結果になるかもしれない。

人気ブログランキングへ

(参考)日教組教師の見分け方
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/niti2.html

(1)勤務時間(午後5時のところが多い)後,何があろうとすぐ帰る. 職員会議が5時を回るともう大変.教員の権利が侵害されたと,がんがんわめきたてる. 

(2)年休を他の人の迷惑を顧みずがんがん使う.
 過去の日教組の諸先輩方が血と汗にまみれて勝ち取った権利.権利は使わないと国家権力にないがしろにされてしまうとの信仰があるらしい.
 特に,僻地の中学校や小学校でこれをされると,学校運営上非常に困ってしまう.しかも本人に言わせると,5時に帰る先生はナウいらしい.(本人が言っていた)

(3)始業時間ぎりぎりに出勤する.(ちょっとした理由ですぐ遅刻する)
 朝,登校指導は,割り当てられても絶対にやらない.生徒指導部もそこのところはわきまえていて,一応登校指導を割り当てるが,どうでもよいところに立たせたり,日教組先生で無い先生をペアに組ませたりする.
 中にはまじめ?な日教組先生もいて,登校指導をする事もあるが,茶パツなどの校則違反の生徒を見てもしらんぷり.まじめに指導をしている先生が馬鹿を見る事になる.しかも,早く出勤した時間分だけ早く退勤する.

(4)社会の先生に過激なのが多い.
 当然といえば当然.日教組でない社会の先生はきわめて穏便である.(社会科部会では過激な日教組先生が主導権を握るらしいが詳しい事は分からない)

(6)偏向教育をする.
 これは,社会科教員に限らず,どの教科でも可能である.日教組先生が担任になるともう最悪!

(7)図書部に多い.
 教員にとって,図書部はオアシスらしい.仕事の内容に急な変化が少なく誰でもできるとの信仰がある.しかも,司書教諭の配置されている大きな学校は,仕事はすべて司書教諭がやり,図書部の先生はぼんやり窓を眺めているだけ.
 私は学校を3校経験しているが,図書部長(館長)はすべて日教組であった.図書部員もほとんどが日教組である.(ほとんどと書いたのは,記憶が定かでなうから.)
 校務分掌を決める時期になると,日教組先生同士で,図書部をめぐる壮絶なバトルが展開される.結果的に歳の順で図書部に入る.

(8)運動部の顧問はしない.
 5月初旬,インターハイの地区予選が行われ,運動部の顧問,副顧問は生徒引率のためかなりの数が出張であった.私は吹奏楽部顧問なので直接関係ないが,がらんとした職員室を見て身の毛がよだつ思いがした(ちょっとオーバーですが).なんと,日教組先生しか残っていないのである.(正確に言うと,日教組先生以外は,教頭先生,合唱部の顧問・副顧問の先生,吹奏楽部の副顧問の先生と私である)
 そして,職員談話室でも朝日新聞を見ながら日教組先生がくつろいでいる(誇張ではなくまったく本当)ではないか.私は,その日は,進路指導室に逃げ込み,仕事も弁当もそこで済ますはめになってしまった.もっとも,進路指導室も運動部顧問が出張のため手薄だったので,ちょうどよかったようである.

(9)ネクタイをしない
 こんなわかりやすい特長であるが,最近気がついた.暑くなったせいもあると思うが,これでは生徒の服装を指導する事が出来ない.そればかりじゃなく,授業に対する姿勢に疑問を持ってしまう.
 小学校の教員は,体育の授業でもないのにジャージ姿で教壇に立つと聞くが,きちんとネクタイをして生徒の前に立ってほしい.

(10)生徒を馬鹿にする
 うーん,どういう神経しているんだろう.結局,自分の思想に付いて来れない生徒が多いということなのだが.
 「どうせ,補習なんかやっても成績あがるわけないんだから」とか「そんな難しいこと教えたって無駄だ」とかいいながら,補習授業や,教材研究を嫌がる.

(11)国旗に敬意を表さない・国歌を歌わない
 入学式や卒業式の時に,信用できる先生か,信用できない先生か,一目で分かる.国歌斉唱の時,あからさまに口をつぐんだり,着席したり,きょろきょろしていたり,非常に目立つ.また,国旗があっても素通り,お辞儀をしない.

(12)授業に遅れてくる
 最近(平成12年8月末)のメールでわかったことです.実際に自分の学校を見渡してみると,確かに,日教組先生は,始業チャイムが鳴ってからお茶を飲み,雑談した後,出かけていきます.遅れること10分.しかも,10分早く返ってくる.実質授業時間30分.

(13)いきなり中国を絶賛する
 授業中,何の脈絡もなく「中国はすばらしい国だなあ」と感慨深げにつぶやく.うーーん.おそろしい.ちなみに,これは(6)と違って,「いきなり」「何の脈絡もなく」というところがポイントです.

(14)ジャージファッションを好む(not体育but数学)
 H.K.さんよりいただきました(平成14年9月22日のメールです).確かに,運動部でもないのにジャージでいる人が多いようです.葬式にもジャージ姿で行ったとか行かないとか・・・.それから理科の先生でもないのに,白衣を着ているパターンもあります.最強の日教組先生はジャージに白衣で授業って事になるんでしょうか(笑).

(15)権利を主張するのに熱心なあまり、教科書が終わらない
 これも,H.Kさんからのメールです.以下,H.K.さんのコメント.彼らの左翼思想の原点は、他人を羨むこと&ラクしたいと言う欲求だけなので
見ててこちらが恥ずかしくなるだけだったりするのだが、奴らは気付いてない。←バカ

(16)修学旅行の行き先が  広島 長崎   の2点セット(最近では韓国や中国も多い)
 H.K.さんのコメント.長崎市の市街地を走るバスの中、窓を開けたままで「ああ許すまじ原爆を」という歌を、マイクで大声を張り上げて歌う日教組教師先導で皆が歌わされたのは本当にイ
イ思い出です。

(17)何かあったら生徒の連帯責任にする挙げ句(密告制度の導入)、学級会が開かれ(予め結論が決まっている。逸脱するとやり直し)、そのあいだ鼻をふくらませた馬鹿教師(まず普通の企業では勤まらない無能ぶり)の権力欲につきあわされる
 これもH.Kさんに頂きました.密告制度の導入,粛正,自分だけ権力者ってまさしく北朝鮮そのもの(笑).
スポンサーサイト

アマゾンが送料無料

東京裁判の真実を映画化

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

Author:まさやん

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Access Counter

RSSリンクの表示

おすすめの書籍1

おすすめの書籍2

アマゾンでお買い物

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。